TOP画面 ただ自転車通勤のためでなく 写真レポート

ただ自転車通勤のためでなく 

速くなくてもいい、ただ遠くへ行きたい! 自転車ツーリングをこよなく愛する男のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月10日(土)~11日(日) 大黒屋さん企画 「奥の細道 仲秋の名月キャンプ&河野海岸サイクリング」

記念写真

名月
日本三大松原のひとつ、気比(けひ)の松原の間から上るお月様。

丸3カ月以上もブログを放置してしまいました。今でも時々のぞいてもらっている読者の方々には本当にすみません。自転車を始めてからもうすぐ6年になるんですが、今年の夏ほど自転車に乗らなかったことはありません。モチベーションがまったく上がらず、ブログも完全にやる気ゼロに陥っていましたが、ようやく更新です。

今回のレポートは、8月31日に兵庫県播磨町在住の主婦サイクリスト、大黒屋さんから届いたこの案内メールから始まります。
【仲秋の名月ナイトラン&キャンプのお誘い】
場所 福井県敦賀市野坂80-15(敦賀市少年自然の家)
http://www.turuga.org/asobu/nosakaikoinomori.html
日時 9/10(土)~11(日)
集合 キャンプ場に16時頃

☆コース
17時キャンプ場発~気比の松原~気比神社~金崎宮をポタポタし、景色のよいところでお弁当を食べながら、観月会をします。
※9/12が満月のため、この日は十三夜です。

☆何で敦賀?
奥の細道、敦賀編です。1689年9月(旧暦8/14)、芭蕉は敦賀で仲秋の名月を見るのを楽しみに、旧北陸街道を南下してきました。300年前に芭蕉が見上げた月を、同じ場所で眺めてみたいと思っています。
「名月や 北国日よりの定めなき」という句を残しているように、北陸の天気は変わりやすく、芭蕉も到着した日の十四夜を見物し、楽しみにしていた十五夜は雨で見られなかったのです。

芭蕉に興味のない人も、ぜひ参加お願いします。


大黒屋さんが芭蕉フリークだったことも、敦賀編の前がどこだったのかも知りませんでしたが、6月から滋賀県長浜市に住んでいる僕にとっては隣町ですので(昨年1月1日の市町村合併で滋賀県北部一帯が長浜市になったため)、参加させていただくことにしました。ちなみに大黒屋さんとは今年すでに5月の「月うさぎキャンプ」「京都北山 八丁平・峰床山ハイキング」で2回ご一緒していますので、これが3回目になります。今回集まったのはcancanさん、僕、kiki君、kiki君の友達のバラマツ君の4人。さらにサプライズゲストのUGの兄♭♭♭さんの計6人でした。

以下、当日の2日間にツイッターにアップしたレポートを、文字数を大幅に増やしてブログ用レポートにしていますので、ぜひご覧下さい。

続きを読む »

スポンサーサイト

6月4日(土) 浅井~余呉湖~琵琶湖ポタ

小麦畑
減反政策で小麦畑が増える湖北の田園地帯

自分の中で「ツーリング」と呼べないものはもうツイッターにしかアップするまいと思ってたんですが、昨日は長浜の住民になって初めてのサイクリングだったので、今回だけツイッターにアップしたものをブログにも転載しておきたいと思います。本当はこういう手抜き記事をもうブログではやりたくないんですけど、ブログしか見てくれない人もまだまだ多そうですし…。まあ逆にツイッターで僕のことを知った人はブログは全然見てくれなかったりするんですが…(笑)。


昨日のツイート(各画像をクリックしていただくと拡大してご覧いただけます。)
ロードバイクで3年ぶりに鳥越峠(標高約1040m)に行こうと思ったら後輪がスローパンクしてたのでやる気をなくしDAHON Mu Unoで田園ポタ。


国道365号線を「浅井三姉妹街道」と名付け、「小谷・江のふるさと館」ではミュージカルまで披露する長浜観光協会。




余呉川沿いの道を通って余呉湖に向かう。余呉湖は去年の5月はソフトバンク圏外だったが今年はどうか?


大好きな余呉湖なう。ソフトバンクの電波は集落に近い方は入るようになったが、国民宿舎はあいかわらず圏外のまま。ダメだね。


昼は国民宿舎余呉湖荘の食堂が高いのをコロッと忘れてうっかり入ってしまった。1000円の牛丼って近江牛?


ようやく琵琶湖に出てきた。片山トンネルのちょっと南。


7月1日は「びわ湖の日」なんだそうで、その「びわ湖の日」30周年をPRするために着ぐるみを着て徒歩で琵琶湖一周中の一行に遭遇。実は2週間前にも草津あたりで会った。どっかのケーブルテレビの番組の企画みたいで、僕が彼らとしゃべってる間ずっとカメラが回ってたのでカットされなければ「出演」ってことになるんだと思う。こっちがツイッターのネタにしたいと思っただけなのに…(笑)


55km走って長浜城歴史博物館に到着。シングルスピードの小径車、DAHON Mu Unoでこんなに走るのは昨年9月の沖縄以来。お尻が痛い。


海洋堂フィギュアミュージアムのケンシロウと大魔神に挨拶して16時過ぎに帰宅。今日は黄砂のせいかどこも霞んでた。

次に更新する時はもっとちゃんとしたツーリングレポートにしたいと思っております。

5月4日: 「京都北山 八丁平・峰床山ハイキング」レポート

八丁平
八丁平2

昨日は自転車仲間でなおかつ京都北山のハイキング道を隅々まで知り尽くす“ワシはGT。”さんのガイドによる、「八丁平・峰床山ハイキング」に参加させてもらいました。加古川の主婦サイクリスト・大黒屋さん(高校時代は山岳部だったとか)がGTさんにリクエストしたのだそうで、先週の第2回月うさぎキャンプの時にお二人に会って誘われたものです。他にもう一人、自転車仲間の山内さんも参加されるとのことで、まさに気心の知れたメンバーです。

ホント言うと僕は山歩きはそんなに好きではなくて、昨年ニュージーランドで何度か一人でトランピング(NZではトレッキングのことをそう呼ぶ)した時も全然楽しくなくて…。でも12月30日に友達のツアーガイド、アンドリューに誘われて日本人観光客のご家族と一緒にアーサーズ・パス国立公園ハイキングツアーに参加した時はとても楽しく、やっぱり良いガイドと仲間がいると全然違うなぁと思ったので、今回も参加させてもらうことにしました。それにGTさん+北山の組み合わせと言えば、僕にとってはあの「廃村八丁ツーリング」という二度と行きたくない良い思い出もあることですし…(笑)

まずはGTさんから送られてきた案内メールをご紹介します。GTさんの他に3人しか来ないのにこの丁寧な案内状には少々びっくりすると同時に、とてもわかりやすくて感心した次第です。

「八丁平・峰床山ハイキング」について
『集合場所・時刻など』
1.2011 May.04(予備日 2011 May.05) 集合09:00(要望により変更可能。)
2.集合場所 阪急電車 「烏丸駅」西北角 ラクエ四条烏丸前
    http://www.mapion.co.jp/here/all/110428/mapi0325929110428223142.html
3.出発は09:10予定。(要望により変更可能。)
4.帰着は17:00予定。(オプションは含まず。)

『持ち物』
食料(現地到着までにコンビニに寄りますが、こだわり物品はご自分で。)
飲料水(事前の用意が望ましいです。)
嗜好品(コーヒー等。ちょっとならお酒もOK。)
タオル等(空いていれば鞍馬温泉等に寄ります。)
その他(一般日帰り装備。無線機及びこだわりアンテナ。)

『コース』
二ノ谷管理舎-フジ谷峠-(林道)-オグロ坂峠-峰床山-フノ坂-管理舎
1.約4時間半程度。
2.コースは1/4は林道、他は全線登山道。(岩場無し。)
3.雪解け後はコース上水が流れており靴は汚れます。本当は長靴をお勧めします。
4.雪による倒木があります。

『その他注意事項・連絡事項』
注意・ハイキングです。自転車の持ち込みはご自由ですが、ほとんど登山道です。アプローチ区間も時間短縮を考えて車輌使用のつもりです。自転車での参加はご自由ですが急登・薮・倒木のご覚悟をお願いします。

無線機?アンテナ?と思った人は続きを読んでいただくとわかります。

続きを読む »

4月29日~30日:cancanさん主催「第2回月うさぎキャンプ」レポート

第2回月うさぎキャンプ

4月29日(祝)~30日(土)の2日間、cancanさん主催の「第2回うさぎキャンプ」に参加してきました。
奈良県東吉野村の古民家カフェ「月うさぎ」さんのオーナー、滝口さんご夫妻のご厚意で同店の敷地をお借りしてキャンプするこの「月うさぎキャンプ」は、昨年10月の第1回に続いて、素晴らしく楽しい2日間になりました。

続きを読む »

2月9日(水): 「鉄人児玉さん喜寿祝いサイクリング」レポート

集合写真
雨と霧の高取城址にて

誕生日ケーキ2
millionさん夫妻の用意してくれた誕生日ケーキ

誕生日ケーキ
77歳の誕生日を迎えた鉄人児玉さん。去年は僕が電話するまで忘れてはりました。

約1カ月ぶりのブログ更新です。
このブログを始めてから4年7カ月になりますが、こんなに更新しなかったのはもちろん初めてのこと。長かったニュージーランド旅日記を終えて完全に燃え尽きたことと、つまらない記事でブログを更新することで素晴らしい思い出がつまった2010年の記事をどんどん古い物にしてしまうのが非常にもったいない気がしたので、更新したいという気がまったく起きませんでした。

しかし、昨日は我らがアイドル・鉄人児玉さんの77歳のお誕生日。77歳といえば記念すべき喜寿なので、不肖私が音頭を取り、「鉄人児玉さん喜寿祝いサイクリング」を開催し、ブログで詳細にレポートすることにしました。平日でしかも直前の告知だったにも関わらず、児玉さんを含めて無職・自営業・学生の皆さんが計8人も参加する(笑)、大変楽しい一日でした。

以下は昨日ツイッターでやっていたライブ中継に大幅加筆・編集したレポートと、デジカメで撮った写真、動画などです。鉄人児玉さんファンの皆さんも、「児玉さんってどんな人?」という初訪問の皆さんも、どうぞご覧ください。

続きを読む »

10月10日(日)~11日(祝):「cancanさん主催 月うさぎキャンプ」レポート

月うさぎにて
月うさぎにて2
キャンプツーリングって最高!

本州の猛暑および残暑も終わり、ようやく涼しくなってきた今日この頃、久しぶりにキャンプがしたいなと思っていたところ(まあもうすぐニュージーランドに行ったら好きなだけできるんですけど)cancanさんが東吉野村の山の中にある「月うさぎ」という古民家カフェの敷地をお借りして1泊2日でキャンプするからおいでとのことで、参加してきました。
cancanさんの作られた素晴らしい案内PDFはこちら

続きを読む »

今年も癒されました! 「明日香村かかしコンテスト2010」

ハートの中の児玉さん
♪ハートの児玉さんが出てこなーい、ハートの児玉さんが出てこなーい♪

今日の「鉄人児玉さんと見に行く 明日香村かかしコンテスト」は、平日だし前日に告知したばかりなので児玉さんと僕以外誰も来ないだろうと思ったら、宮野さん、cancanさん九度山人さんSORAさんと総勢6人も集まり、みんなでワイワイ言いながら心癒される案山子の数々を見物した後、一緒に昼ご飯を食べて、とても楽しいポタとなりました。

今日は天気も素晴らしく、彼岸花も最盛期も迎えており、かかしコンテストの会場である美しい稲渕の棚田には平日とは思えないほど大勢の見物客が詰めかけ大にぎわい(昨年、日曜日に行った時よりも多かった)。僕ら以外のサイクリストも次から次へと訪れていました。

近鉄阿部野橋から8時20分の吉野行き急行で輪行。
01_輪行

御所駅で自転車を組んで児玉さんが定期検査中の済生会御所病院へ。僕がここに来るのは2回目。
02_済生会御所病院
写真レポート:1月30日(土)「鉄人児玉さん退院記念 済生会御所病院~お食事処よろづポタ」

9時半前に児玉さんの検査が終わり、堺の宮野さんも来られて3人で出発。
03_出発

約1時間後、明日香村の有名な稲渕の棚田に到着。
04_稲渕の棚田

平日にも関わらず、cancanさんに九度山人さん、さらにSORAさんも来られなんと6人に!
05_稲渕に到着

平日にも関わらず、かかしコンテスト会場はすごい人出でびっくり。
06_すごい人出

ここから「かかしコンテスト」が始まります。
07_案山子路


今年もスライドショーを作りましたので、各作品はぜひこちらでご覧下さい。

Youtubeで見たい方はこちらでどうぞ
スライドショーで使った全写真はこちら

かかしコンテストの後は年末恒例の「あすか鍋サイク」でお世話になる、
明日香村の人気料理店「めんどや」で昼食にします。
めんどや1
動画レポート:12月13日(日) cancanさん主催「第11回あすか鍋サイク」

めんどやは先日、TBSの「ぴったんこカンカン」のロケがあってから
毎日大繁盛だそうで、今日もレンタサイクルがいっぱい!
めんどや2

みんなで注文した「飛鳥路旅の味セット」(\1,200)。
にゅうめんと柿の葉寿司とわらび餅のセットで、美味しかった!
めんどや03

昼食後、めんどやの前で解散。めんどやとcancanさんは数十年来のおつきあい。
めんどや4

そして僕は大和八木駅から輪行で帰りましたとさ。
大和八木駅

続きを読む »

鉄人児玉さん&echigo3さんと行く 洞川冷や奴ツーリング2010

湧き水を頭から被る児玉さん
暑い時は頭から湧き水をかぶるべし!

今日は御年76歳の我らがアイドル・鉄人児玉さん、五條の豪脚サイクリスト・echigo3さんと3人で、恒例の「洞川(どろかわ)冷や奴ツーリング」に行ってきました。僕が初めてこのツーリングに参加したのは2006年でその時はcancanさんが主催、2007年もcancanさんが主催で、いずれも10数人の参加者がおられたけど、2008年は児玉さんと僕とmillionさんの3人だけ、2009年は児玉さんと僕の2人だけ(冷や奴ではなく10月に湯豆腐を食べに行った)、そして今年も3人だけとすっかり下火になっちゃったなぁ…。

まあもっと早くから告知して土曜か日曜にやってればたくさん集まったのかもしれないけど、僕も北海道から帰ってきたばかりでなかなかそういう気が起きなかったもんで、児玉さんとの連続ご一緒記録を今月で途切れさせないために、ようやくギリギリになってやる気になった次第であります。

以下、今日撮った写真をたくさん載せましたので、どうぞ見てやってください。

続きを読む »

DAHON Mu Unoで行く 13泊14日 沖縄ポタリング旅計画

沖縄地図

北海道を旅したんだから次は沖縄である。期間は9月5日から18日までの13泊14日。今度はテントも寝袋も持って行かず(暑くて眠れないでしょ)、自転車は今年1月に買ったシングルスピードの折り畳み小径車、DAHON Mu Unoを持って行くつもりだ。沖縄に行くのも初めてなので、まずは沖縄本島と本島から近い離島を回りたいと思っている。


Today's Tweets
9月5日から18日まで13泊14日で沖縄を旅することにした。早割で飛行機だけ予約すればよかったのだろうが、北海道から沖縄行きの飛行機を予約する気も起きなかったので、パックツアーを利用することにし、往復の飛行機代と1泊目の宿泊費込みで46,600円をおととい旅行代理店に払ってきた。
posted at 00:13:33

沖縄も初めてなので、まずは本島と本島に近い離島を回りたい。自転車はDAHON Mu Unoを持っていき、1日40〜50kmも走れば上等のポタリング旅にするつもり。沖縄の地図も見ずに旅行代理店で一番安いホテルを選んだら那覇空港から遠く離れた名護のホテルだったため、初日はバス輪行。
posted at 00:13:52

名護のリゾートホテルで1泊した後は、安いゲストハウスを自分で予約して泊まり歩く。安宿がない地域では、できれば野宿したいと思ってるけど、沖縄も北海道みたいな野宿天国なんだろうか?
http://yfrog.com/n5xngaj http://yfrog.com/n1ze1dj

posted at 00:14:37

北海道にライダーハウスがあるように、沖縄にはゲストハウスがたくさんある。ただ北海道のRHほどは安くないので北海道よりはお金がかかりそうだ。もっと節約しないと…。できれば10月にも石垣島と八重山諸島に行き、KAY.T先輩の旅が順調なら波照間島ゴールを見届けたいという気持ちもある。
posted at 00:14:45

DAHON Mu Unoで今まで走った最長距離はせいぜい30kmもないくらいなのだが、それでもお尻が結構痛かった。沖縄はアップダウンがきついらしいがシングルスピードのMu Unoで果たして上れるのか、荷物はどのくらい積めるのか、いずれも未知数なので出発前にどこかに出かけてみるつもり。
posted at 00:15:09

宮古島は本島と石垣島の間くらいにあるんですね。僕はそんなことも今日知ったばかりなんです(笑)RT @makusupi なんと偶然!9月5日〜12日まで宮古島です。あと一月遅かったら波照間のゴールに参加出来たかもと思ったりしたんですけど。specialized輪行です。
posted at 01:09:12

このサイトはiPhoneで見ると地図が重くて見づらいですね。よってiPhoneしか持っていかない現地では利用しづらいかと…。RT @makusupi 本島の食堂情報はこのサイト便利でした。http://digicool.org/wp/?page_id=51
posted at 01:15:14

沖縄旅に備えてすでに僕のiPodではBEGINと喜納昌吉と登川誠仁がヘビーローテーションとなっている(笑)。沖縄の離島の中でどうしても行きたい島がひとつあって、それが粟国島(あぐにじま)。僕がこよなく愛する映画「ナビィの恋」の舞台になった島である。おじぃ役の登川誠仁さんが最高。
posted at 01:21:39

ところで沖縄の離島ってソフトバンクの微弱な電波はどのくらい使えるんでしょうね?北海道では意外とよく頑張ってましたが…。RT @makusupi iPhoneも現地では3G。重いのは使えないですね。電波状態もありますしね。離島は慶良間諸島もオススメです。
posted at

旅においては荷物が多いことはまったく自慢にならない。少ない方がかっこよく、多い方がかっこ悪い。ただキャンプと自炊が基本の人と、まったくそれをしない人とでは荷物の量が違うのは当たり前。キャンプ道具も自炊道具も積んでるのに僕よりかなり荷物の少ない人に会うと、やはり恥ずかしく感じた。
posted at 03:26:48

沖縄旅に持っていく予定のHELLY HANSENの完全防水バッグをDAHON Mu Unoに積んで、扇町公園まで来てみた。
http://yfrog.com/0g7fkqj http://yfrog.com/bcji9nj http://yfrog.com/1x4vnaj

posted at 11:24:21

HELLY HANSENはマリンスポーツ用品メーカーなので防水性については一応信用することにしよう(北海道旅で防水こそ正義だと強く思うようになった)。ただ、さっきかなりびっくりしたのは、ほんの短時間炎天下にいただけで触っていられないほど生地が熱くなってしまったこと。大丈夫か…?
posted at 11:31:52

このバッグは見かけはボストンバッグだが、リュックとしても使える(ショルダーハーネスは必要ない時は収納可)。輪行する時は輪行袋以外のバッグは背負う必要があり、これは絶対条件。
http://yfrog.com/0q2nmkj http://yfrog.com/n681385133j

posted at 11:42:29

驚くほど軽いので耐久性がやや心配になるほどです。RT @Snsk_VeLo このバッグ、いいですね! RT @tenjinbashi5: このバッグは見かけはボストンバッグだが、リュックとしても使える(ショルダーハーネスは必要ない時は収納可)
posted at 12:49:56

この秋の新製品だそうです。通販で買ったのではなく、梅田の直営店で実物を手にして自分の用途にあまりにもぴったりなので、ひと目ぼれして買ったものです。12000円くらいでした。RT @cancanpal ブランドを単純に信頼せずに此処の商品を充分吟味して下さい。
posted at 12:58:22

沖縄旅に持っていくバッグにめいっぱい荷物を詰め込んで(7kg位になった)、大阪・奈良府県境の清滝峠に挑戦。足着きなしで上れた。
http://yfrog.com/n882rmj http://yfrog.com/muwb4xj http://yfrog.com/4j6umj

posted at 16:07:57

シングルスピードのDAHON Mu Unoのギア比は平地ではやや軽すぎるものの、清滝峠ではギリギリOKな絶妙のギア比だった。距離は3kmくらいだが、うち2kmくらいは勾配10%くらいあり、ロードバイク初心者の頃はかなり苦しんだ峠。ここをMu Unoで上れたのはだいぶ自信になった。
posted at 16:17:29

清滝峠から下ってきて、真っ先にガリガリ君を食べたのは言うまでもない。
http://yfrog.com/0vkgkuj http://yfrog.com/ht6pcuj

posted at 16:19:16

しかしMu Unoでの清滝峠往復はめちゃくちゃ時間がかかるなぁ…。まあ午後から自転車で国道163号線なんかを走る方が間違ってるけどね。やっぱり大阪は日本一自転車で走りにくい場所なんじゃないだろうか。行きも帰りもほんまに辟易した。ああ、北海道に帰りたい(笑)。早く沖縄に行きたい。
posted at 18:03:25

荷物がなければあと1kmは上れました。ミニベロはダンシングするにはハンドルが近すぎるのが難ですね。RT @yamamomo44 @tenjinbashi5 シングルギアのミニベロで清滝峠ですか。すごいですねえ。よく心が折れませんでしたねえ。感服しました 。
posted at 18:27:15

1泊目が名護なので名護から時計回りに走ることくらいしか考えてません。最初から細かく計画するのは好きではないですし、一周にもこだわりません。沖縄の人と仲良くなるのが目標です(笑) RT @kaytaka @tenjinbashi5 沖縄の旅の日程やルートは…もう決まりましたか?
posted at 20:17:45

ありがとうございます。仲間が4人もゲストハウス経営者ってすごいですねー。RT @cawaii_okinawa 自分の仲間が4人ゲストハウス経営してます。北谷2人、恩納村1人、沖縄市1人。もし必要なら声かけてくださいねー。 @tenjinbashi5
posted at 20:20:37

都会ほどロードバイクの走りにくい場所はないのに、都会ほどロードバイクが流行ってるのが不思議。RT @kikijazzbass @tenjinbashi5 帰ってから市内を走って、特にそう思いました。御堂筋には、路側帯が無かったんですね。通学路の危険さを改めて体感しました。
posted at 20:22:17

沖縄旅が待ちきれず、天満寅蔵で早くもゴーヤチャンプルー(いつもはメニューにない)。まあ僕は普段からどこの居酒屋でもメニューにゴーヤチャンプルーがあると絶対注文するほど大好きなんだけどね。 http://twitpic.com/2iyvs2

posted at 21:31:01

北海道土産に買ってきたのに… http://twitpic.com/2izx3j

posted at 23:27:23

この写真は久米島らしい。
Tanned glory floating on the water of Kume Island, Okinawa, Japan

北の大地を旅した夏 ~北海道長期ツーリング INDEX~

サロベツ原野
サロベツ原野にて

出発前編
★ブログ開設4周年記念 「北海道長期ツーリング」計画
★旅の備忘録はTwitterで
★旅の備忘録はTwitterで<その2>
★いよいよ、出発!

7月編
★20時間15分 新日本海フェリー船上備忘録
★1日目 小樽~厚田編
★2日目 厚田~留萌(るもい)編
★3日目 留萌ポタ編
★4日目 留萌~天塩(てしお)編
★5日目 天塩~稚内(わっかない)編
★6日目 稚内ポタ編
★7日目 稚内~猿払(さるふつ)編
★8日目 猿払~枝幸(えさし)編
★9日目 枝幸~興部(おこっぺ)編
★10日目 興部~計呂地(けろち)編
★11日目 計呂地交通公園編
★12日目 計呂地~斜里(しゃり)編
★13日目 斜里~羅臼(らうす)編
★14日目 羅臼(らうす)~中標津(なかしべつ)編
★15日目 中標津(なかしべつ)ポタ編
★16日目 中標津~根室編
★17日目 納沙布岬(のさっぷ)編
★18日目 納沙布~根室~納沙布編
★19日目 根室~苫小牧(とまこまい) 青春18きっぷ輪行編
★20日目 新日本海フェリー編

8月編
★北海道長期ツーリング 8月編は…
★再び、北海道へ…
★新日本海フェリー&夜の札幌編
★札幌~根室12時間53分 青春18きっぷ輪行の旅
★1日目 根室~霧多布(きりたっぷ)編
★2日目 霧多布~釧路編
★3日目 釧路~直別(ちょくべつ)編
★4日目 直別~広尾編
★5日目 広尾~襟裳(えりも)編
★6日目 襟裳岬で休養編
★7日目 襟裳岬~新冠(にいかっぷ)編
★8日目 新冠~千歳編
★9日目 札幌市内観光編
★10日目 千歳~虎杖浜(こじょうはま)編
★11日目 虎杖浜~洞爺湖(とうやこ)編
★12日目 洞爺湖一周編
★13日目 洞爺湖~森編
★14日目 森~恵山岬(えさんみさき)編
★15日目 恵山岬~函館市街編
★16日目 函館のんびりポタ編
★17日目 大沼公園サイクリング編
★18日目 函館滞在最後の日編
★19日目 函館~苫小牧 青春18きっぷ輪行編」
★20日目 苫小牧~敦賀~大阪 新日本海フェリー&輪行編

恵山岬にて
恵山岬にて

続きを読む »

 | HOME |  古い日記に行く »




文字サイズの変更

カレンダー

プロフィール

天五

Author:天五
プロフィール写真
1967年滋賀県長浜市生まれ。05年11月、38歳で健康のためにクロスバイクを買ってサイクリングを始めるや自転車の魅力にのめりこみ、06年3月にはロードバイク、07年5月にはマウンテンバイクも購入。「速くなくてもいい、ただ遠くへ行きたい」をモットーに、ツーリングやポタリングを楽しむ日々を送っている。高校卒業後、1986年4月~2011年5月に渡る24年2カ月の大阪生活を終え、6月1日より長浜市民に戻ったばかり。

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー


ブログ内検索

Twitter


twitter / tenjinbashi5

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

CYCLE TOURING MOVIE

クリック後、再生が開始されるまで数十秒かかる場合があります。

御年76歳の我らがアイドル・鉄人児玉さんと行く
紀伊半島大縦断210kmツーリング



2009年自転車ツーリング写真集


eyeVio公式チャンネル
CYCLE TOURING MOVIE

リンク

RSSリンク

QRコード

QR

僕の愛用品(楽天市場へ)

いずれも僕のツーリングには
欠かせない「道具」です。

モンベルの輪行袋
詳しくはこちらの記事をどうぞ


フェニックスの超強力ライト
詳しくはこちらの記事をどうぞ


オルトリーブのサドルバッグL


モンベルのフロントバッグ


トピークのトライバッグ


トピークのハンディEパック


シマノのSPDサンダル
詳しくはこちらの記事をどうぞ


iPhoneの充電に最適

メールフォーム

※「コメント」で差し支えのない内容の場合は、それが当該記事の内容と直接関係なくてもまったく構いませんので、「コメント」でお願いします。他の読者の方に知られたくない情報が含まれる場合のみ、どうぞメールでお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

広告









ランス・アームストロング
「ただマイヨ・ジョーヌのためでなく」


Excite自動翻訳

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。