TOP画面 ただ自転車通勤のためでなく 2010年05月

ただ自転車通勤のためでなく 

速くなくてもいい、ただ遠くへ行きたい! 自転車ツーリングをこよなく愛する男のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真レポート:5月27日(木)「鉄人児玉さんと行く 本州最南端の町・串本ポタ」

潮岬にて
2007年、2009年に続き、鉄人児玉さんと潮岬に来るのもこれで3回目です。

5月26日(水)の「紀伊半島大縦断210kmツーリング」とはうって変わって、その翌日の実にのんびりとした(紀伊大島はちょっとしんどかったけど)、「本州最南端の町・串本ポタ」の写真レポートをアップしました。この日は大阪や奈良はずっと曇りで寒かったらしいですが(実際、天王寺駅のホームに降りた時に「さむっ!」と思いました)、串本は本当に快晴で最高の自転車日和。海が本当に青くて綺麗でした。

こちらです。どうぞ見てやってください。
前日の写真レポートはこちら
前日と当日の携帯メールLIVEレポートはこちら


本来なら前日の最大のクライマックスになるはずだったんですが…(笑)
鉄人児玉さんが本州最南端の潮岬に到着するシーン(2分53秒)

別のところにもアップしていますので、うまく再生できない時はこちらでもお試しを…


くしもと大橋を渡り、今回は初めて紀伊大島へ行きました。
くしもと大橋
スポンサーサイト

写真レポート:5月26日(水)「鉄人児玉さんと行く 紀伊半島大縦断210kmツーリング」

瀞峡
有名な瀞峡(どろきょう)を眼下に国道169号線を快走する鉄人児玉さん

御年76歳の我らがアイドル・鉄人児玉さんの5月の恒例行事、奈良県御所市の自宅から「東西南北の海を見に行くツーリング」のうち、最も距離の長い<南の海編>に今年も僕が密着取材した、5月26日(水)の「紀伊半島大縦断210kmツーリング」の写真レポートをアップしました。

今回は時間的に余裕がなかったのと、紀伊半島の奥地ではソフトバンクの電波が壊滅状態だったため、携帯メール更新が4回しかできませんでしたから、この写真レポートでようやくその全貌が明らかになります(って大げさな…笑)。使用した写真は70枚です。

こちらです。どうぞ見てやってください。
コース図の載った記事はこちら当日(と翌日)の携帯メールLIVEレポートはこちら

明日か明後日にはこの翌日の「串本ポタ」の写真レポートをアップする予定です。それが終わったら今年初めて動画レポートを作る予定ですが、うーん…せっかくヒマになったのになかなか次のツーリングに行けないぜ…(笑)

輪童さんの掲示板「風のたより」への児玉さん自身の書き込み
五月だ 海を見に行こう 南へ
投稿者:児玉幸藏 投稿日:2010年 5月28日(金)15時15分10秒

今年の此のシリーズでは前年までの安易な私のマンネリプランを捨てて全てこんな行き方も有ったのか?と云うコース取りをしました。その最たる物が一昨日の南行きで完走の自信ギリギリブッツケ本番でした。此のプランは昨年の小口~古座走行と 95ツール・ド・くまのの経験から可能性を感じて居ましたが、R169の蟻越峠とr229の足郷トンネル迄を甘く見て居て実際に行って見るのとでは大違いで堪えました。例年のR168+R42と比べてもっと短縮なるかと思って居ましたが紀伊半島の山地はやはり甘く有りませんでした。
其れでも体力活性の所為か以前よりも視力がアップして去年通った北山川や和田川沿いの風景が見違える様に綺麗にシャープに見え、そして昨日の串本半島海岸では文字通り紺碧の海と青い空が大感動物でした。其の上私の無理難題をよく訊いて呉れた身体に感謝(詳しくは天五さんのブログをどうぞ)。
走行距離;210km 走行時間;12時間12分 平均速度;17.2kmでした。


今年も古座川峡一枚岩にて
古座川峡一枚岩

携帯メールLIVEレポート:5月26日(水)~27日(木)「鉄人児玉さんと行く 紀伊半島大縦断210kmツーリング+串本ポタ」

串本の海
午前4時35分に御所を出発し、午後7時15分、ようやく串本の海に着いた。

御年76歳の我らがアイドル・鉄人児玉さんとの今回の旅の途中にケータイから更新した記事を、読者の皆さんからのコメントも僕のお返事も全部含めて、見やすいように本記事にひとまとめにしました。
その前に…<コース図などはこちら><出発前日の大トラブルはこちら>

過去3年連続で僕が密着取材してきた児玉さんの5月の恒例行事、奈良県御所市の自宅から「東西南北の海を見に行くツーリング」南の海編(最も距離が長い)ですが、間違いなく今回が一番厳しいものとなりました。

また例年はご高齢の児玉さんの“大いなる挑戦”として注目を集めてたんですが、今回は出発前日に僕のディレイラーハンガーが破損して交換もできず、僕がどこまで走れのるかわからない状態でのスタートだったこと、さらに紀伊半島の奥に行けば行くほどソフトバンクの電波がほとんど圏外でなかなかメール更新できなかったことで、余計読者の皆さんをハラハラドキドキさせてしまったようです。

ご心配&ご声援&貴重なアドバイスのコメントを頂いた皆さん、本当にありがとうございました!(児玉さんも道中、何度も「新しいコメント入ってる?」と僕に訊いてこられてました.笑)

続きを読む »

出発前日…大トラブル!

明日は御年76歳の我らがアイドル、鉄人児玉さんと潮岬まで200km以上走るのに、夕方、児玉さんの住む奈良県御所市まで輪行でやってきて、輪行袋から自転車を出そうとしたところ、うっかり輪行袋につまずいた拍子にパキッという嫌な音がしたので、恐る恐る輪行袋から出してみると…

ディレイラーハンガーの根元が割れて…
写真 1

ディレイラーがポロリ…(涙)
写真 2

あーあ…もうこの時点で僕はほぼあきらめましたが…
写真 4

児玉さんが駅までやってきてくれて…
写真 3

パーツ交換はできないものの、クイックを思いきり強く締め付けて、なんとか走れる状態に戻してくれました。変速してみるとあまり違和感がないので…
写真 5

予定通り児玉さんのお宅に泊まりに来て、晩ご飯を頂いたところです。
写真 6

賛否両論あるでしょうが、明日はこの状態で行けるところまで行くつもりです。もし走行不能になったら児玉さんには躊躇せずに僕を置いていってもらい、僕はバスかタクシーで最寄りの駅まで行き、一人で輪行で帰ります。

今年も鉄人児玉さんと行く 紀伊半島大縦断ツーリング

03_鉄人児玉さん
ただいま発売中の「自転車人 2010春号」にも掲載されている、児玉さんのとびきりの笑顔

御年76歳の我らがアイドル、鉄人児玉さんの5月の恒例行事である、奈良県御所市の自宅から「東西南北の海を見に行くツーリング」は、今年もすでに東は三重県二見浦の夫婦岩まで、西は関西国際空港まで、北は福井県若狭町の三方五湖まで走り終えられ、残るは最も距離の長い南の海のみとなっています。過去3年間、この「南の海編」に同行取材してきた僕はもちろん今年も同行させてもらいますが、それがいよいよ今週となりました(曜日はまだ確定していません。天気予報とにらめっこして決めます)
※26日(水)午前4時出発に決定しました(降水確率より風向きを気にする児玉さんの判断です)。
※その他、ブログに書くほどじゃないことをツイッターにたくさん書いてますので、よかったらツイッターの方もチェックしてみてください。http://twitter.com/tenjinbashi5


2007年が潮岬、2008年は白浜、2009年が再び潮岬だったので、僕は春先から「今年はやっぱり熊野でしょう」と児玉さんに言ってたんですが、あくまで児玉さんの恒例のツーリングに僕が同行させてもらうだけですから、行き先もコースももちろん決めるのは児玉さんです。

果たして、児玉さんの決められた今年の行き先とは……またしても本州最南端の潮岬でした。しかも、そのルートは2007年・2009年とはまったく違い、どう考えても前2回よりかなりしんどそうなコースとなっています。恐るべし、鉄人!(困ったもんでっせ、ほんま…笑)

だいたいのコース図はこちら
※画像をクリックすると、さらに大きな画像をご覧いただけます。
コース図mini


輪童さんの掲示板「風のたより」への児玉さん自身の書き込み
五月だ 海を見に行こう 東へ
投稿者:児玉幸藏 投稿日:2010年 5月10日(月)19時04分7秒
今年は二見浦の夫婦岩へ昨日行って来ました。
R166 を東進して赤桶ではショートカット気味で定番となった珍布峠を通り、又以前報道された地元高校生が運営する食堂「まごの店」で間に合えばお昼をと考えて7時前に出発して頑張りましたが、多気町は流石に遠くて空腹時には私の足ではとても間に合わず道の駅「茶倉」でのお昼となりました。粥見からかつて経験済のR368・R42からr150の途中に「まごの店」があり7時間あまり掛りました。其の後、r13から伊勢市内でウロウロしてやっと夫婦岩に着いた時点で144kmにもなり、引返した宇治山田駅から特急輪行で帰り、3日に続いて今月2回目の100哩ライドになりました(月間2000km目指して)。

五月だ 海を見に行こう 西へ
投稿者:児玉幸藏 投稿日:2010年 5月16日(日)19時52分10秒
去年までは和歌山市の加太付近を西の海として見に行っていましたが、今年は少し北へシフトして関空へ昨日行って来ました。往路には以前少し経験済の新R170を使い河内長野で入る前に、水越越えの短絡路を避けてR25・石川CLでお気楽に距離を稼いで行きました。午前中は追い風に押されてアップダウンが多い割には快適でありました。
好天に恵まれた上に見通しが良いりんくうビーチ付近は本当に快適で観光を楽しむ方達も時と共に多くなって来ました。問題は帰路コースを如何するか?で、往路のとおりなら解り易いのですが、あのアップダウンで上り基調を帰るのに嫌気が差して、フラットを選んで北東を目指しました。しかし是が間違いの基で北東に向かって居るつもりが再々住宅団地に迷い込んだあげく、方向音痴に仲間入りしたかのように嫌っていた新R170に入って帰る羽目に成りました。散々ウロツイタお陰で走行距離も延びて、後半同じコースで帰って又又100哩になり、此れで今月3回目の100哩走に成りました。

五月だ 海を見に行こう 北へ
投稿者:児玉幸藏 投稿日:2010年 5月21日(金)15時59分31秒
昨日(20日)は雨後曇りの予報でしたが、早朝(4時前)には雨が上がっていて、体調も良かったので、支度を始め5時過ぎに出かけ又降って居ましたが、どうせ回復基調だろうと出かけ、結局最初の30分位と、R307に入ってから1時間位降られて約30分余り遅れて雨は其れまででした。
海への行き先を昨年までの小浜から少し変えて若狭街道のR303を西へ下り三宅でR27を北上(実は平行する農道を三方五湖寄りに日本海岸へ)して、その後R27へ戻り敦賀駅から特急で輪行して帰りました。
走行距離 193km  走行時間 10時間31分  AV 18.3km/h
動画レポート
2009年5月23日 鉄人児玉さんと行く 本州最南端・潮岬200kmツーリング

写真レポートはこちらです。

2008年5月17日 鉄人児玉さんと行く 御所~白浜170kmツーリング

写真レポートはこちらです。

on Twitter


昨日から東京に来てツイッターでポタレポートを更新しまくってます。今回はツイッターでしかやる気はないので、いつもツイッターまではチェックしていないという人が多いとは思いますが、たまには記事下にある黄緑色の「TWITTER」ボタンをクリックして見てやってください。

ただいま横浜駅に向かって輪行中。今日は「横浜ポタ」します。
上の写真は昨日、日本武道館前で撮ったもの。DAHON Mu Unoを持って来てます。

帰りの輪行中の写真
帰りの輪行中

写真レポート:5月15日(土)~16日(日) 「1泊2日 丹後半島野宿ツーリング<2日目>」

丹後半島_新井崎
伊根町 新井崎にて

5月15日(土)~16日(日)の「1泊2日 丹後半島野宿ツーリング」2日目の写真レポートをアップしました。1日目の写真レポートよりもさらに写真が多く、72枚使っています。それだけこの日は絶景ポイントも多かったし、見所も多かったです。

こちらです。どうぞ見てやってください。
1日目の写真レポートはこちら
当日の携帯メールLIVEレポートはこちら

丹後半島は近畿地方でありながら、僕みたいに大阪のど真ん中に住んでいる者でも日帰りで輪行ツーリングするにはかなり不便な場所で、またいつか行きたいですが、次もやっぱり泊まりがけでゆっくりまわると思います。たとえロードバイクで行ったとしても…。

やっぱりあの絶景の数々を急いで通り過ぎるなんてもったいないし、温泉もたくさんあって食べ物も美味しいのに、今回は野宿してレトルトカレーとインスタントラーメンを食べて、温泉どころかシャワーも浴びてないですからね(笑)。次に行く時はぜひ温泉とグルメを満喫してみたいです(その上でやっぱり野宿したりして…笑)

有名な伊根の舟屋群
moblog_3fee83cf.jpg

写真レポート:5月15日(土)~16日(日) 「1泊2日 丹後半島野宿ツーリング<1日目>」

棚田と海
丹後半島のいたるところで見られる、「田んぼの向こうに海」という風景

5月15日(土)~16日(日)の「1泊2日 丹後半島野宿ツーリング」1日目の写真レポートをアップしました。明日は2日目の写真レポートをアップするつもりです。いつも携帯メールからあれだけ何度もLIVE更新してるのになぜまた写真レポートをやるのかと思われてる人もいるかもしれませんが、使った写真の枚数は3倍以上です(笑)

こちらです。どうぞ見てやってください。
当日の携帯メールLIVEレポートはこちら

日本三景の松島に似ていることから「丹後松島」と言われる小島群
丹後松島

携帯メールLIVEレポート:5月15日(土)~5月16日(日) 「1泊2日 丹後半島野宿ツーリング」

丹後半島

今回もまた性懲りもなく携帯メールから2日間で計34回もブログを更新してしまいましたので、見やすいように(重たくなりますが)、読者の方からのコメントも僕のお返事も全部含めて下記にひとまとめにしました。

30回以上もLIVEレポートしてしまうと、こうやって後でまとめるのがものすごい面倒なんですが、それでもまとめたくなるのは「見やすくする」という目的以外にも、これをやらないとその前の写真レポートなど、時間をかけて作った記事がどんどん奥深くに行ってしまって、今日初めてこのブログを訪問した人になかなかそこまで見てもらえなくなるんで…。だったら携帯メールで更新するのをやめればいいじゃないかという話なんですが、これはこれで楽しんでもらってるでしょう?(笑)

続きを読む »

写真レポート:5月4日(祝)~5日(祝)「KAY.T先輩と行く 2泊3日(+1泊)琵琶湖~小浜キャンプツーリング<3日目&4日目>」

ふじや
3日目の夜は野宿ではなく、小浜市の「明通寺門前 ふじや」さんで

5月2日(日)~5日(水)の「KAY.T先輩と行く 2泊3日(+1泊)琵琶湖~小浜キャンプツーリング」3日目&4日目の写真レポートをアップしました。本当は今週またどこかに泊まりがけでツーリングに行きたかったんですが、やっぱり1つのツーリングレポートを終わらせないと、なかなか次に行こうという気になりませんね。ああ、やっとこのツーリングレポートが終わった(笑)。まあ天気の問題やどうしても大阪にいないといけない用事などもあったんですが…。

こちらです。どうぞ見てやってください。
<1日目の写真レポート><2日目の写真レポート>
当日の携帯メールLIVEレポートはこちら
KAY.T先輩の作成されたスライドショーなどはこちらniwa-chanさんのレポートはこちら

来週の前半は鉄人児玉さんの5月の恒例行事<東西南北の海を見に行こうツーリング>の南の海編に同行する予定だったんですが、今のところ天気がどうもねぇ…。金曜日(21日)には東京で僕の送別会がありますし…。

福井県小浜市にある国宝・明通寺の境内を歩くKAY.T先輩
明通寺

 | HOME |  古い日記に行く »




文字サイズの変更

カレンダー

プロフィール

天五

Author:天五
プロフィール写真
1967年滋賀県長浜市生まれ。05年11月、38歳で健康のためにクロスバイクを買ってサイクリングを始めるや自転車の魅力にのめりこみ、06年3月にはロードバイク、07年5月にはマウンテンバイクも購入。「速くなくてもいい、ただ遠くへ行きたい」をモットーに、ツーリングやポタリングを楽しむ日々を送っている。高校卒業後、1986年4月~2011年5月に渡る24年2カ月の大阪生活を終え、6月1日より長浜市民に戻ったばかり。

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー


ブログ内検索

Twitter


twitter / tenjinbashi5

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

CYCLE TOURING MOVIE

クリック後、再生が開始されるまで数十秒かかる場合があります。

御年76歳の我らがアイドル・鉄人児玉さんと行く
紀伊半島大縦断210kmツーリング



2009年自転車ツーリング写真集


eyeVio公式チャンネル
CYCLE TOURING MOVIE

リンク

RSSリンク

QRコード

QR

僕の愛用品(楽天市場へ)

いずれも僕のツーリングには
欠かせない「道具」です。

モンベルの輪行袋
詳しくはこちらの記事をどうぞ


フェニックスの超強力ライト
詳しくはこちらの記事をどうぞ


オルトリーブのサドルバッグL


モンベルのフロントバッグ


トピークのトライバッグ


トピークのハンディEパック


シマノのSPDサンダル
詳しくはこちらの記事をどうぞ


iPhoneの充電に最適

メールフォーム

※「コメント」で差し支えのない内容の場合は、それが当該記事の内容と直接関係なくてもまったく構いませんので、「コメント」でお願いします。他の読者の方に知られたくない情報が含まれる場合のみ、どうぞメールでお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

広告









ランス・アームストロング
「ただマイヨ・ジョーヌのためでなく」


Excite自動翻訳

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。