TOP画面 ただ自転車通勤のためでなく 携帯メールLIVEレポート(まとめ):「2泊3日 小口キャンプツアー」

ただ自転車通勤のためでなく 

速くなくてもいい、ただ遠くへ行きたい! 自転車ツーリングをこよなく愛する男のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯メールLIVEレポート(まとめ):「2泊3日 小口キャンプツアー」

1日目のベストショット:「丸山千枚田に立つ鉄人児玉さん」
丸山千枚田

2日目のベストショット:「宝龍滝に立つcancanさん」
宝龍の滝

3日目のベストショット:「一枚岩に立つ鉄人児玉さんと僕」
一枚岩

オマケ:「今まで僕が見た中で最も大きな落石」
史上最大の落石

22日(火)午後8時20分、無事に天神橋5丁目に帰還しました。
自転車を始めてからもうすぐ4年になりますが、今までで一番楽しい3日間でした!
最高の“シルバーウィーク”になりました!(あ、まだ明日もあるのか.笑)
お世話になった大先輩サイクリストの皆さん、心の底から、ほんまにありがとうございました!

というわけで、20日(日)~22日(火)に携帯メールから32回(!)更新した記事を、
見やすいように(重たいけど)、以下にひとまとめにしました。
2009年9月20日(日)
ただいま輪行中
01_ただいま輪行中
ただいま5時28分阿部野橋駅発、吉野行き普通電車で輪行中です。
尺土で御所線に乗り換えて御所駅で鉄人児玉さんと合流し、
そこから和歌山県新宮市熊野川町の「小口自然の家」というキャンプ場まで自走します。

キャンプ場では車で先に行っている輪童さんやcancanさん達が
ビールを冷やして待ってくれていて、僕らも今日明日とキャンプ場に2泊する予定です。
今日は楽なルートで行けば130kmくらいでアップダウンもたいしたことないのに、
わざわざアップダウンの多い遠回りルートで150km走ります。
途中のどこかでtatsumi御大と合流する予定です。

天川村総合案内所
02_天川村総合案内所
9時30分、天川村総合案内所でtatsumi御大と合流しました。
これから標高1100mの行者環トンネルまで500mほど上りです。

行者環トンネル
03_行者還トンネル
11時10分、標高1100mくらいあるらしい行者環トンネルに着きました。
東大阪から来た「しばてん」さんというブログ読者の方(写真左)と会い、
上北山村の道の駅まで一緒に走って別れました。

しばてんさんからのコメント
タイトル:昼間はどうも
行者還ではお邪魔しました。
あの後何とか大台ヶ原まで辿り着き、
日没前には水越峠に到着できました。
それにしても辻堂山林道は...激烈でしたよ。


お返事:
どうも、おとといはお疲れ様でした。
東大阪からの自走で、行者還の後に辻堂山林道~大台ケ原ドライブウェイで
山頂まで上って最後に水越峠を越えてまた東大阪に戻るなんて、
健脚はもちろんですが、ひと言でいえば“超ドM”ですわ(笑)。
辻堂山林道は僕は上ったことないんですが、
もし京都の大原から前ケ畑峠~百井峠に上ったことがなければ、
ぜひそれにもチャレンジしてみて下さい。
きっとご期待に添えると思います(笑)。


下北山村で昼食
04_下北山村
12時50分、下北山村のJAショップしもきたに到着。
ここで昼食を買ってただいま昼食中です。
予定より50分遅れてます。

丸山千枚田
05_丸山千枚田
15時15分、熊野市紀和町にある日本有数の棚田、
「丸山千枚田」にやってきました。
残念ながら稲刈りは終わってましたが、
それでもなかなか壮観です。

鉱山乃足湯
06_鉱山乃足湯
16時00分、熊野市紀和町鉱山資料館にある、
「鉱山(やま)乃足湯」でほっこりタイムです。

小口自然の家にゴール!
07_小口自然の家
17時30分、今日から2泊する新宮市熊野川町の
「小口自然の家」に無事ゴールしました。
輪童さん、cancanさん、九度山人さん、SORAさんが
しびれを切らして待ったはりました。

御所駅から145kmでしたが、めちゃくちゃきついコースでした。
潮岬200kmより絶対今日の方がきつかったです。
これから風呂に入って宴会、楽しみ、楽しみ!

真っ暗ですが…
08_焼き肉
18時50分、真っ暗な中の焼肉が楽しいです!

テントの中の児玉さん
09_加圧ベルト
21時50分、鉄人児玉さんがもうすぐご就寝ですが、
なんと寝る前にテントの中で太ももにいつもの手製の加圧ベルトを巻いて、
加圧トレーニングを始めはりました。
恐るべし鉄人!


2009年9月21日(月)
キャンプツアー2日目
10_2日目朝
5時半頃にみんなで起きだし、パンとベーコンエッグで朝ごはん。
今日は7人全員で走ります。
この後8時に出発し、那智勝浦をぐるっと回ってまたここに戻ってきます。

和歌山県道44号那智勝浦熊野川線
11_那智勝浦熊野川線
8時40分頃の写真です。

宝龍滝
20090921131746
9時過ぎに「裏那智の滝」とも呼ばれる「宝龍の滝」に到着。
携帯で写真を撮るのを忘れたのでデジカメのモニターを撮ってみましたが、
滝らしきものが写ってるのがわかるでしょうか?
その名の通り、和歌山の宝、いや日本の宝と呼びたいくらい立派な滝で、
いたく感動しました。
那智大滝と違って観光客はひとりもいなくて、
僕らだけで独占してました。

boobooさんからのコメント
タイトル:宝龍の滝
知りませんでした。調べたらずいぶん美しい滝ですね。
日本各地晴れてよかった(自分は木曽を走りました)。
楽しそうなキャンプの記事、UPをお待ちしています。


お返事:
宝龍の滝は、だいぶ前に山サイ大好きの女性サイクリスト・
shimoozuさんから「那智大滝より良いよ」と勧められて以来、
ずっと行きたいと思ってたんですが、やっと念願が叶いました。
滝壺の近くまで行くための難易度が那智大滝とは全然大違いで(笑)、
それが観光客の圧倒的な人数の差(この日は僕らの独占でしたからね)に
表れてると思います。


美しき青き熊野川
12_熊野川
14時くらいから熊野川の左岸(三重県側)の平和な県道を北上。
撮影ポイントがたくさんあって素晴らしい道でした。

飛雪滝
13_飛雪滝
14時45分頃、三重県紀宝町の「飛雪滝」に到着。
ここも非常に立派な滝で感動しました。
鉄人児玉さんも初めて来たそうです。

小口自然の家に無事ゴール
14_小口自然の家
91km走って予定通り16時前にゴールできました。
今日は前半が激坂のオンパレードで、
昨日の疲れが一気にぶり返して泣きが入りましたが、
宝龍滝、熊野灘、熊野川、飛雪滝と見所が満載で良かったです。

熊野川温泉さつき
15_熊野川温泉さつき
16時40分、キャンプ場から車で「熊野川温泉さつき」にやってきました。
大人400円で露天風呂もあります。良いお湯でした。

キャンプの王道
16_飯ごう
18時30分くらいから晩ご飯が始まります。
今日のメニューはキャンプの王道、カレーです。
ご飯はもちろん飯ごうで炊きます。
使う米はtatsumi御大の田んぼで作ったヒノヒカリだそうです。

カレーを食べる児玉さん
17_カレーを食べる児玉さん
18時40分、頂いてます。美味いです。

カレーの後は餃子定食
18_餃子定食
もちろんビールも飲んでます。
この後はワインも日本酒もあります。乾き物も盛りだくさん。
こうして消費カロリーを摂取カロリーが大きく上回り、
また太って帰るのであった…(笑)


2009年9月22日(火)
キャンプツアー3日目
19_3日目朝
5時半頃からゴソゴソと起き出します。
今日はテントなどを撤収後、車でそのまま帰る組、自走で家まで帰る組、
このままツーリングを続けて全然違う場所から輪行で帰る組とに別れます。
僕と鉄人児玉さんは後者で、ガイドはもちろん、
“紀伊半島の人間ナビ”ことcancanさんです。

テントの中の九度山人さん
20_九度山人さん
カメラを向けると必ずVサインしてくれはります。

焼きそばを作る輪童さん
21_焼きそばを作る輪童さん
朝の6時からめっちゃええ匂いです。

撤収
22_撤収
午前8時、撤収作業の真っ最中です。

スタート
23_スタート
9時20分にスタートしました。
今日は古座川をめざして走ります。

和歌山県道229号古座川熊野川線
24_古座川熊野川線
小口自然の家を発ってすぐに和歌山県道229号古座川熊野川線へ。
落石はちょっと多いものの、車はまったくと言っていいほど通らず、
景色も良く、眼下を流れる和田川は美しく、サイクリングには素晴らしい道です。
標高580mの足郷トンネルまで上ったらR371まで延々下りです。
途中でイノシシにも会いました。

古座川町西川
25_古座川町西川
12時40分、にわか雨に遭い、雨宿り中です。
児玉さんは僕らを置いてどんどん先に行ってしまいました。

続・雨宿り
26_雨宿り
雨が止みかけたのでスタートしたらまた本降りになってきやがったので、
ただいま老人ホームの軒を借りて再び雨宿り中です。
児玉さんとは相変わらずはぐれたままです。

古座川
27_古座川
児玉さんと2年前に来て感激した古座川に再び帰ってきました。

一枚岩!
28_一枚岩
14時10分、圧巻の「一枚岩」に再び帰ってきました。

古座駅ゴール
29_古座駅
15時に着きましたが、特急は16時30分までありません。
ま、児玉さんもcancanさんも一緒なので
そのくらい待つのはどうってことないです。
ビール飲みながらゆっくり待ちます。

輪行準備
30_輪行準備
cancanさんは古座~新宮~多気~松阪~桜井と、
僕らとは反対向きに(つまり特急には乗らずに)帰るとのこと。
僕と児玉さんはスーパーくろしお32号で天王寺まで帰ります。

輪行ビールで乾杯!
31_輪行ビール
16時38分、最後はやっぱり輪行ビール。
ただし児玉さんはノンアルコールですけどね。


鉄人児玉さんと同じテントで2連泊しました。
寝袋で寝る鉄人児玉さん
(ちなみに御年75歳・鉄人児玉さんのこの3日間の走行距離は308kmでした)

コメント

ご無沙汰です

3日間お疲れ様でした~めちゃくちゃ楽しそうですねーキャンプとツーリング最高の組み合わせですね!!

しかも紀伊半島の大自然を満喫なんて、うらやましい限りです。

さて僕らも例の!?
冠峠~徳山ダム行ってきました~
鯖江~池田~冠峠~徳山ダム~横山ダム~木之本
約130kmでした。
天5さんこれ逆コース走ったんですよねー‣・・
たぶん逆のほうがきつくないですか??
最後に冠峠は、しかも岐阜側からは上りがだらだら続きますよね(;一_一)
木之本からの輪行は電車の乗り継ぎが悪く、ビールを飲みすぎてしまいましたwww

いずれカメラマンのトレック氏がアップしますので見てやってください!!

紅葉の頃に湖東3山なんて考えてますがどんなもんでしょうか??

Re: ご無沙汰です

> 3日間お疲れ様でした~めちゃくちゃ楽しそうですねーキャンプとツーリング最高の組み合わせですね!!
> しかも紀伊半島の大自然を満喫なんて、うらやましい限りです。

キャンプとツーリングの組み合わせは、天気に恵まれさえすれば最強の楽しさですね。おまけにとても安くつきます。キャンプに関しては、2泊3日で7人がさんざん飲んで食って1人5,600円でした。

> 鯖江~池田~冠峠~徳山ダム~横山ダム~木之本
> 約130kmでした。
> 天5さんこれ逆コース走ったんですよねー‣・・
> たぶん逆のほうがきつくないですか??

逆に走ったことがないのでわかりませんが、僕らはまず最初に鳥越林道を越えてますから、もし横山ダム~木之本をR303で行かれたのでしたら、去年の僕らのコース方がはるかにしんどいと思います。

> 紅葉の頃に湖東3山なんて考えてますがどんなもんでしょうか??

紅葉なら鳥越林道とR303の旧道で八草峠に上る方が、たぶんすごいと思います。
奥伊吹もけっこうすごいらしいでしいですが、あそこはピストンするしかないんですよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 




文字サイズの変更

カレンダー

プロフィール

天五

Author:天五
プロフィール写真
1967年滋賀県長浜市生まれ。05年11月、38歳で健康のためにクロスバイクを買ってサイクリングを始めるや自転車の魅力にのめりこみ、06年3月にはロードバイク、07年5月にはマウンテンバイクも購入。「速くなくてもいい、ただ遠くへ行きたい」をモットーに、ツーリングやポタリングを楽しむ日々を送っている。高校卒業後、1986年4月~2011年5月に渡る24年2カ月の大阪生活を終え、6月1日より長浜市民に戻ったばかり。

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー


ブログ内検索

Twitter


twitter / tenjinbashi5

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

CYCLE TOURING MOVIE

クリック後、再生が開始されるまで数十秒かかる場合があります。

御年76歳の我らがアイドル・鉄人児玉さんと行く
紀伊半島大縦断210kmツーリング



2009年自転車ツーリング写真集


eyeVio公式チャンネル
CYCLE TOURING MOVIE

リンク

RSSリンク

QRコード

QR

僕の愛用品(楽天市場へ)

いずれも僕のツーリングには
欠かせない「道具」です。

モンベルの輪行袋
詳しくはこちらの記事をどうぞ


フェニックスの超強力ライト
詳しくはこちらの記事をどうぞ


オルトリーブのサドルバッグL


モンベルのフロントバッグ


トピークのトライバッグ


トピークのハンディEパック


シマノのSPDサンダル
詳しくはこちらの記事をどうぞ


iPhoneの充電に最適

メールフォーム

※「コメント」で差し支えのない内容の場合は、それが当該記事の内容と直接関係なくてもまったく構いませんので、「コメント」でお願いします。他の読者の方に知られたくない情報が含まれる場合のみ、どうぞメールでお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

広告









ランス・アームストロング
「ただマイヨ・ジョーヌのためでなく」


Excite自動翻訳

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。