TOP画面 ただ自転車通勤のためでなく あれから1年…

ただ自転車通勤のためでなく 

速くなくてもいい、ただ遠くへ行きたい! 自転車ツーリングをこよなく愛する男のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれから1年…

顔の傷
あの傷はいま、こうなってます。

月日の経つのは本当に早いもので、昨年、自転車でコケて顔面を8針縫うケガをしたあの悪夢の夜から、今日でちょうど1年が経ちました。上の5針はあまり目立たないものの、下の3針の方は色も少し変わってますし、いまだに鏡を見るたびに気になります。でもまあ、いつも思うのは、これだけ眼球に近い場所なので、本当に失明しなくて良かったなぁということですね。<ケガをした数時間後の写真はこちら>

ところで、僕はよく人に、「俺は自転車が趣味やから、いつ死ぬかわからんで」などと軽口を叩いているのですが、実は半分本気です(もちろん、「いつ死んでもいい」のではなく、「いつ死ぬかわからない」ですけどね)。僕は昔、いつ大ケガするかわからないアメリカンフットボールというスポーツを、それだけの覚悟を持って真剣にやっていたので(1試合に何度も何度もタックルされるポジションでした)、正直言って自転車を始めてからは、たいした覚悟があるようにも見えない人達までが危険なロードレースに出たがるのをかなり冷ややかな目で見ていたこともありました。でもよく考えたら、レースよりツーリングの方がよっぽど危険だとも言えます。なるべく避けてはいますが時には交通量の激しい道も通らざるを得ないですし、何かあっても助けなんかほとんど期待できないような山奥にたった一人で出かけることもありますからね。レース会場なら少なくともダンプカーにはねられたり、落車で大ケガしても誰も助けに来ないなんてことはありませんから、やっぱり単独ツーリング(および単独トレーニング)が一番危険なんですよね。

ちなみに御年75歳の我らがアイドル・鉄人児玉さんは、40代の時に六甲山でダウンヒル中に落車して4カ月半も休職する大ケガをされ、さらに60代の時には車との接触事故で頭蓋骨を陥没骨折(当時はまだヘルメットを被ったり被らなかったりだったそうで、その時は被っていなかったとか)、意識不明のまま救急車で病院に運ばれたこともあったそうです(それでも自転車をやめようなどとは思わず、不死鳥のように甦る「ダイ・ハードじいちゃん」なわけです)。児玉さんの奥さんが以前、僕に冗談っぽく「ウチのお父さんは、病気では死なへんかわりに自転車で死にはるやろうと、私は思てますねん」などと言っておられましたが、過去にそんなことがあったわけですから、内心はかなり本気でしょう。また心配しているのは奥さんだけでなく、親戚中から「ウチには絶対自転車では来んといてくれ」と言われてるそうです(笑)

まあ、僕のこの顔のケガは単なる不注意でマヌケな事故でしたけど(現場もツーリング先ではなく、すぐ近所でした)、とにかく自転車というのは、楽しいけど常に油断のできない危険な趣味であるということを、僕は毎日鏡で自分の顔を見る度に思い出しているわけです。

1年前の昨日、つまりケガの前日は、あの楽しい「鳥見山きりたんぽ鍋サイクリング」だったのに…
きりたんぽ03

コメント

スピード

どんなに気をつけて走っていても
もらい事故もありますしね~。
通勤で毎日乗っているので、やはり
それなりのリスクを背負って走っています。

今のところ、車との接触は1度もないですが、
幅よせとか普通にありますし、怖い思いを
した事もあります。

それでもやめられないんですよね~。自転車。( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

るみちゃんへ

> 今のところ、車との接触は1度もないですが、
幅よせとか普通にありますし、怖い思いを
した事もあります。

ド田舎の1車線の山道で、こんなとこ車は絶対来んやろうと思って調子よくダウンヒルしてると、カーブの向こうからいきなり車が上ってきてヒヤッとすることもあるよね。そういう時に、町中ならたとえ轢き逃げされても誰かが救急車を呼んでくれるけど、だーれも見てない場所だけに、「こんなとこでさっきの車にはねられてたら、あの運転手、俺を見捨てていったんちゃうかな」と思ったりもします。車からすれば上から高速で下ってくる自転車の方が絶対悪いと思うやろうし…。

早いね…

久しぶり!傷は綺麗に治ったね?
自転車ほど自己責任を求められる趣味はないんでしょうね?もちろんウィンター・スポーツやマリン・スポーツもそうでしょうけど、少なくとも周りに幾ばくか人は居ますからね…?
そろそろMTB行きますか?茨木にいいとこ見つけたよ。

Chokoさんへ

おひさしぶりですね。
雪山登山とかロッククライミングとか最初からどう見ても危険な趣味とは違って、誰でも手軽に始められる自転車は、ついついリスクを忘れがちです。顔に一生残る傷を作っとけばいつでも思い出せていいですよ(笑)。

僕はもうMTBシーズンに入ってますよ(オフロードはまだ行ってないですけど)。来年の3月までたぶんロードには乗りません(理由:寒いから!笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 




文字サイズの変更

カレンダー

プロフィール

天五

Author:天五
プロフィール写真
1967年滋賀県長浜市生まれ。05年11月、38歳で健康のためにクロスバイクを買ってサイクリングを始めるや自転車の魅力にのめりこみ、06年3月にはロードバイク、07年5月にはマウンテンバイクも購入。「速くなくてもいい、ただ遠くへ行きたい」をモットーに、ツーリングやポタリングを楽しむ日々を送っている。高校卒業後、1986年4月~2011年5月に渡る24年2カ月の大阪生活を終え、6月1日より長浜市民に戻ったばかり。

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー


ブログ内検索

Twitter


twitter / tenjinbashi5

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

CYCLE TOURING MOVIE

クリック後、再生が開始されるまで数十秒かかる場合があります。

御年76歳の我らがアイドル・鉄人児玉さんと行く
紀伊半島大縦断210kmツーリング



2009年自転車ツーリング写真集


eyeVio公式チャンネル
CYCLE TOURING MOVIE

リンク

RSSリンク

QRコード

QR

僕の愛用品(楽天市場へ)

いずれも僕のツーリングには
欠かせない「道具」です。

モンベルの輪行袋
詳しくはこちらの記事をどうぞ


フェニックスの超強力ライト
詳しくはこちらの記事をどうぞ


オルトリーブのサドルバッグL


モンベルのフロントバッグ


トピークのトライバッグ


トピークのハンディEパック


シマノのSPDサンダル
詳しくはこちらの記事をどうぞ


iPhoneの充電に最適

メールフォーム

※「コメント」で差し支えのない内容の場合は、それが当該記事の内容と直接関係なくてもまったく構いませんので、「コメント」でお願いします。他の読者の方に知られたくない情報が含まれる場合のみ、どうぞメールでお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

広告









ランス・アームストロング
「ただマイヨ・ジョーヌのためでなく」


Excite自動翻訳

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。