TOP画面 ただ自転車通勤のためでなく 写真レポート:5月4日(祝)~5日(祝)「KAY.T先輩と行く 2泊3日(+1泊)琵琶湖~小浜キャンプツーリング<3日目&4日目>」

ただ自転車通勤のためでなく 

速くなくてもいい、ただ遠くへ行きたい! 自転車ツーリングをこよなく愛する男のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真レポート:5月4日(祝)~5日(祝)「KAY.T先輩と行く 2泊3日(+1泊)琵琶湖~小浜キャンプツーリング<3日目&4日目>」

ふじや
3日目の夜は野宿ではなく、小浜市の「明通寺門前 ふじや」さんで

5月2日(日)~5日(水)の「KAY.T先輩と行く 2泊3日(+1泊)琵琶湖~小浜キャンプツーリング」3日目&4日目の写真レポートをアップしました。本当は今週またどこかに泊まりがけでツーリングに行きたかったんですが、やっぱり1つのツーリングレポートを終わらせないと、なかなか次に行こうという気になりませんね。ああ、やっとこのツーリングレポートが終わった(笑)。まあ天気の問題やどうしても大阪にいないといけない用事などもあったんですが…。

こちらです。どうぞ見てやってください。
<1日目の写真レポート><2日目の写真レポート>
当日の携帯メールLIVEレポートはこちら
KAY.T先輩の作成されたスライドショーなどはこちらniwa-chanさんのレポートはこちら

来週の前半は鉄人児玉さんの5月の恒例行事<東西南北の海を見に行こうツーリング>の南の海編に同行する予定だったんですが、今のところ天気がどうもねぇ…。金曜日(21日)には東京で僕の送別会がありますし…。

福井県小浜市にある国宝・明通寺の境内を歩くKAY.T先輩
明通寺

コメント

旅の贅沢

レポートありがとうございます。

写真も動画も最初から最後まで、あのツーリングを振り返りながら見せてもらいました。

最初の二日が野宿で、風呂も入れなかっただけに、最終日にふじやに泊まれたのはよかったですね。ごちそうにもふんだんにありつけたし…。

しかし、長期のキャンプツーリングだと、あまり贅沢も言ってられませんね。風呂の代わりに川で水浴びとか、雨に打たれてそのままバスタオルで拭いてシャワー代わりになったり…。

その分、ごくたまに体験できる贅沢が本当にありがたく思えるようになりますね。

日ごろの生活もそうなんでしょうが、常に質素でシンプルで飾り気のない生き方をしている方が、本当は幸せなのだと思います。

いつも贅沢ばかりしてわがまま言ってる人間は、ろくでもない最期を迎えるのかもしれません。

一生を旅で終える生き方、きっと悪くはないと思います。どこにいても苦しんで死ぬ人と極楽浄土に直行する人と、はっきり分かれるものなんでしょう。

まだまだ旅をしたりない…もっともっと奥の深い旅をしなければ…。

写真レポも楽しませていただきました!

写真レポート全てじっくり見せて頂きました。
既に天五さん、Kay.T先輩のストーカー状態です。

Re: 旅の贅沢

> 最初の二日が野宿で、風呂も入れなかっただけに、最終日にふじやに泊まれたのはよかったですね。ごちそうにもふんだんにありつけたし…。

野宿2連チャンの後の風呂はやっぱ最高でしたね(笑)。食事も素晴らしかったですし(これはキャンプで食べたものと比べるのは失礼すぎます.笑)、ほんとキャンプツーリングではいろんな有難みがわかりますよね。

> しかし、長期のキャンプツーリングだと、あまり贅沢も言ってられませんね。風呂の代わりに川で水浴びとか、雨に打たれてそのままバスタオルで拭いてシャワー代わりになったり…。

自転車旅の場合、途中で温泉の前を通りかかっても、入った後また走って汗をかくことになるのでちょっと寄っていこうという気にはなかなかなりませんしね。野営地のすぐ近くに温泉があるのがベストというか、最初からそういう場所を選んで野宿すればいいかもしれませんが、ソロツーリングだと荷物も心配ですしね…。お湯を沸かしてテントの中でタオルで全身を拭くってのもいいでしょうね(笑)

> 日ごろの生活もそうなんでしょうが、常に質素でシンプルで飾り気のない生き方をしている方が、本当は幸せなのだと思います。

バックパッカー達がよく言うのは、背中の荷物に家財道具一式が全部入っていて、これさえあれば世界中どこでも生きていけるんだという…。僕もこれからの人生は極力シンプルに、あまり物を持たずに生きていこうと思いつつ、iPhoneなんか買って喜んでるわけですけど…(笑)

ミニマリズム

海外で様々なツーリスト(旅行者)たちを研究していましたが、それこそ着の身着のままに近いような人もいたし、非常にシンプルな道具で旅をしている人も多かったように思います。旅の経験を積めばもっともっと合理的になれるということでしょう。

それに比べて日本人ツーリストは(自分も含めて)、モノを持ちすぎですね(反省…)。ないならないで済ませばいいものをあえて持っていく姿勢…。

ちなみに自分がいろいろ学んだ中で、活用すべきは石鹸…。

◇石鹸の用途いろいろ:

①普通に石鹸として

②シャンプーとして(ちょっと髪がパサパサになります。

③食器用洗剤として

④洗濯石鹸として

⑤芳香剤として(汗臭い体にこすりつけるんです)

⑥便秘気味のときに…(これはオランダ人がやってましたが、マジで食べてました)

というような一石二鳥が三鳥にも四鳥にもなるという…あまり真似のできないこともありますね…。

そうそう、要らないものを捨てる生き方…。自分も貯める・残す生き方になってしまってるので、見習わなくては…。

といいつつもアマゾンや楽天やYahoo!でポチッとしてしまってます(笑)。

Re: 写真レポも楽しませていただきました!

> 写真レポート全てじっくり見せて頂きました。
> 既に天五さん、Kay.T先輩のストーカー状態です。

ロードバイクだけがかっこいいと思ってる人も多い中、キャンプツーリングのレポートをおもいきり出来て良かったです。アクセス数も今月はものすごく多いです。

Re: ミニマリズム

> それに比べて日本人ツーリストは(自分も含めて)、モノを持ちすぎですね(反省…)。ないならないで済ませばいいものをあえて持っていく姿勢…。

元・山屋のniwa-chanさんが僕らと話していて、「考え方が(自分とは)だいぶ違うな…」と笑ってはりましたね。僕も荷物は軽い方がいいので「ツェルトはどうですかね?」とキャンプツーリング経験豊富な人にずいぶん聞いてきたんですが、見事に誰も薦めなかったんですよね。でもniwa-chanさんは当たり前のようにツェルトを持ってきて、俺は輪行袋もこのツェルトで兼用するんだと…。あの年季の入ったボコボコにへこんでるコッヘルも小さかったですし、いつもあれしか持っていかないとも言うたはりましたね。

> ⑤芳香剤として(汗臭い体にこすりつけるんです)
> ⑥便秘気味のときに…(これはオランダ人がやってましたが、マジで食べてました)

⑥は論外として、⑤もかえって変な臭いになりそうです(笑)。

また、いつか

懐かしく拝見させてもらいました。と、言っても10日前の事なんですけどネ(笑)

天五さんの2008年の4月30日のブログを見て今回の3峠越えコースを走ってきました。凄く快適でした。朝早くでたこともあるんですが、市内から1号を走っても京都までほとんど車も走って無く、そこから先は(花背、佐々里、五波)府道38は一人占め状態でした。それにしても、私も日本海まで行きながら海を見ず山の方(カフェ風音)に行くとは変わり者ですかね(笑)。

これからの天五さんのレポートますます楽しみにしています。

機会があれば皆さんと走ってみたいです。

軽さvs 快適さ

軽さを優先するか、快適さを優先するか…難しい問題ですね。

例のテント、日本縦断で持っていくかどうか悩みつつも、やはり快適さをとりたいんですね。

暑い時期は特にそうですが、狭いテントで息苦しい思いを経験するのは辛いものがあります。

二泊三日ならさして苦にはならないのでしょうけど、何十泊もテント泊まりをしていたら、少しでも心地よく夜を過ごしたいと思うのが普通なんですね。

niwa-chanさんが山屋で、二本の足で重い荷物を背負って山を登るのなら当然軽さを優先したいといけないと思いますが、自転車やバギー(ランニング用乳母車)を利用するのなら車輪が少しでも重さを軽減してくれるのですから、多少重いものでも快適なものであれば自分としては許せそうな気がします。

長期ツーリストの願いは軽さよりも快適さをできるだけ味わいたいということ。


それに4月から体重が2.5キロほど落ちた分、3.95キロのテントが1.5キロ未満の重さに匹敵するようになったので、やはりこのテントを持っていこうかと考えています。

他の荷物でその分重さを軽減すれば何とかなるかな…。


かつてアラスカのタイガとツンドラの原野も、オーストラリアの平原の砂漠も30~40キロの荷物を積載して自転車で走れたのだから、3.95キロのテントなんて大した重さじゃないということですね。

Re: また、いつか

> 天五さんの2008年の4月30日のブログを見て今回の3峠越えコースを走ってきました。凄く快適でした。朝早くでたこともあるんですが、市内から1号を走っても京都までほとんど車も走って無く、そこから先は(花背、佐々里、五波)府道38は一人占め状態でした。それにしても、私も日本海まで行きながら海を見ず山の方(カフェ風音)に行くとは変わり者ですかね(笑)。

本当は3峠越えで小浜まで行った後の、小浜から三方五湖までの海岸線の方がお勧めです。花背峠~佐々里峠~五波峠も確かに良いのですが、奈良でも和歌山でも良いコースはたくさんありますからね。もちろん車の多い周山街道とか、鯖街道(R367)~若狭街道(R303)で小浜に行くよりは、はるかにあの3峠越えの方がお勧めなのですが。

午前2時(でしたっけ?)に大阪を出て、日帰りで小浜往復するなんて、僕の発想にはちょっとないですね(笑)。僕のツーリングは基本的に輪行ありきですからね。

Re: 軽さvs 快適さ

> niwa-chanさんが山屋で、二本の足で重い荷物を背負って山を登るのなら当然軽さを優先したいといけないと思いますが、自転車やバギー(ランニング用乳母車)を利用するのなら車輪が少しでも重さを軽減してくれるのですから、多少重いものでも快適なものであれば自分としては許せそうな気がします。

今回、niwa-chanさんは1泊だけで、天気が良いのもほぼわかってましたからツェルトでも平気だったんだと思います。日本は年間100日以上雨が降るらしいですから、日本縦断なんかしようと思ったらツェルトでは無理がありますね。先輩の次の日本縦断は、やはりあの大きなテントの方が良いんじゃないでしょうか。バギーごと中に入れられるというメリットも大きいと思います。

レポみました~

琵琶湖のツーリングレポ読ませて
頂きました。ちょうど、3日に琵琶湖を
走っていたのでどのあたりかよくわかります。
片山トンネルを抜けた後、すぐ左に曲がる道は
再び県道に戻るんですよね?交通量が多そうな
道なので農道を走れるメリットは多そうです。

中学生の時に数回キャンプツーリングを
やっていましたが、当時は面白いというより
しんどいという感覚が強かったように思います。
でも帰ってきて、体の疲れが取れたら
やっぱり面白かったな~と感じるんですよね。
不思議です(= ̄∇ ̄=)

Re: レポみました~

> 中学生の時に数回キャンプツーリングを
> やっていましたが、当時は面白いというより
> しんどいという感覚が強かったように思います。

るみちゃん、その頃から自転車乗りだったの? 琵琶湖でも以前は夏休みとかによくママチャリの中学生とかが琵琶湖一周してるのを見たけど、たぶん自転車で長距離走るのはそういう時くらいなのか、みんなやっぱりしんどそうにしてたね。

荷物込みの輪行は間違いなくしんどいけど、今のMTBでは走ってる時は荷物の重さはそれほど気にはならないよ。安いお金で長く自転車旅行したいと思ったらキャンプツーリングに勝るものはないね。「キャンプ禁止」って書いてあるところが多いけど…。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 




文字サイズの変更

カレンダー

プロフィール

天五

Author:天五
プロフィール写真
1967年滋賀県長浜市生まれ。05年11月、38歳で健康のためにクロスバイクを買ってサイクリングを始めるや自転車の魅力にのめりこみ、06年3月にはロードバイク、07年5月にはマウンテンバイクも購入。「速くなくてもいい、ただ遠くへ行きたい」をモットーに、ツーリングやポタリングを楽しむ日々を送っている。高校卒業後、1986年4月~2011年5月に渡る24年2カ月の大阪生活を終え、6月1日より長浜市民に戻ったばかり。

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー


ブログ内検索

Twitter


twitter / tenjinbashi5

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

CYCLE TOURING MOVIE

クリック後、再生が開始されるまで数十秒かかる場合があります。

御年76歳の我らがアイドル・鉄人児玉さんと行く
紀伊半島大縦断210kmツーリング



2009年自転車ツーリング写真集


eyeVio公式チャンネル
CYCLE TOURING MOVIE

リンク

RSSリンク

QRコード

QR

僕の愛用品(楽天市場へ)

いずれも僕のツーリングには
欠かせない「道具」です。

モンベルの輪行袋
詳しくはこちらの記事をどうぞ


フェニックスの超強力ライト
詳しくはこちらの記事をどうぞ


オルトリーブのサドルバッグL


モンベルのフロントバッグ


トピークのトライバッグ


トピークのハンディEパック


シマノのSPDサンダル
詳しくはこちらの記事をどうぞ


iPhoneの充電に最適

メールフォーム

※「コメント」で差し支えのない内容の場合は、それが当該記事の内容と直接関係なくてもまったく構いませんので、「コメント」でお願いします。他の読者の方に知られたくない情報が含まれる場合のみ、どうぞメールでお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

広告









ランス・アームストロング
「ただマイヨ・ジョーヌのためでなく」


Excite自動翻訳

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。