TOP画面 ただ自転車通勤のためでなく 携帯メールLIVEレポート:5月26日(水)~27日(木)「鉄人児玉さんと行く 紀伊半島大縦断210kmツーリング+串本ポタ」

ただ自転車通勤のためでなく 

速くなくてもいい、ただ遠くへ行きたい! 自転車ツーリングをこよなく愛する男のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯メールLIVEレポート:5月26日(水)~27日(木)「鉄人児玉さんと行く 紀伊半島大縦断210kmツーリング+串本ポタ」

串本の海
午前4時35分に御所を出発し、午後7時15分、ようやく串本の海に着いた。

御年76歳の我らがアイドル・鉄人児玉さんとの今回の旅の途中にケータイから更新した記事を、読者の皆さんからのコメントも僕のお返事も全部含めて、見やすいように本記事にひとまとめにしました。
その前に…<コース図などはこちら><出発前日の大トラブルはこちら>

過去3年連続で僕が密着取材してきた児玉さんの5月の恒例行事、奈良県御所市の自宅から「東西南北の海を見に行くツーリング」南の海編(最も距離が長い)ですが、間違いなく今回が一番厳しいものとなりました。

また例年はご高齢の児玉さんの“大いなる挑戦”として注目を集めてたんですが、今回は出発前日に僕のディレイラーハンガーが破損して交換もできず、僕がどこまで走れのるかわからない状態でのスタートだったこと、さらに紀伊半島の奥に行けば行くほどソフトバンクの電波がほとんど圏外でなかなかメール更新できなかったことで、余計読者の皆さんをハラハラドキドキさせてしまったようです。

ご心配&ご声援&貴重なアドバイスのコメントを頂いた皆さん、本当にありがとうございました!(児玉さんも道中、何度も「新しいコメント入ってる?」と僕に訊いてこられてました.笑)


4時35分出発

4時出発の予定が寝坊で4時35分の出発になってしまいました。
ただいま34km走って道の駅「杉の湯川上」で最初の休憩中です。

kiyoさんからのコメント:「はじめまして」
はじめまして(._.)オジギ
青森のkiyo(hori_kiyoto)と申します。
鉄人児玉さんの姿からパワーをもらい、天神橋5丁目さんのカメラワークに感動しながらブログをいつも拝見しております。
自転車のトラブルもありとのことですが、道中呉々もお気を付けください。
twitterもフォローさせていただきました。
今後ともよろしくお願いします。(・_・)(._.)


お返事:
kiyoさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
関西に住んでると青森出身の方と知り合うことなんかまったくと言っていいくらいなくて、僕も生まれてからまだ一度も東北に行ったことがないので、無職になったらぜひ行こうと思ってました(笑)。たぶん今年中に行くと思います。

> 鉄人児玉さんの姿からパワーをもらい、天神橋5丁目さんのカメラワークに感動しながらブログをいつも拝見しております。

カメラワーク…たぶん動画レポートのことでしょうね。今年はまだ1本も動画レポートを作ってないんですが、今回のはさすがに作る予定です。ただコースがきつくて僕も余裕がなかったですし、景色の良いシーンもそんなにないので、見所は児玉さんの勇姿のみになるかもしれませんが(笑)。


rimuさんからのコメント:「天気はすっきりしてませんが・・・」
前日トラブルに見舞われお気の毒なんですが、最強のパートナーがついてくれているので心折れることなく道中呉々もお気をつけの上、潮岬まで辿り着けることを見守っています。
それでは、楽しんできて下さい。


お返事:
最強のパートナー……本当は僕が御年76歳の児玉さんのサポートをしないといけないんですが、今回のメカトラブルは児玉さんがいてくれなかったら僕はお手上げでしたね(なにせメカ音痴のまま5年近くもやってきましたから)。あと、さすがに僕の方が児玉さんより速いわけですけど、だからといって僕が児玉さんを牽いたりしすぎると、皆さんの見たい児玉さんの写真や動画がそのぶん撮れなくなるので、いわゆる「アシスト」みたいなことはほとんどしてません。ほんま、ただの“密着取材”ですわ(笑)。


KAY.T先輩からのコメント:「お天気は…」
そちらの雲の様子はいかがでしょうか?
めまぐるしく天気が変わりそうですが、お気をつけて…。
幸いメカトラブルは続発することはなさそうですね。


お返事:
5月とはとても思えないくらい寒くて、僕は上りでもウィンドブレーカーを着っぱなしでしたね(児玉さんは全然寒くないと言ってましたが…)。山岳コースで雨も心配な空模様だったのに児玉さんは軽量化のために雨具を一切持ってこないんだから恐れ入りますよ。「降ってもどうせたいしたことないはずや」とひたすら強気でした。とにかく児玉さんは天気予報の降水確率よりも風向きの予想を見て「決行」の判断をしますからね。雨が大嫌いな僕が同行するのは勇気が要りますよ(笑)。けっきょく雨には降られませんでしたけどね。


8時52分★上北山村西原

大栃橋の上から美しい渓谷の写真を撮る鉄人児玉さん

boobooさんからのコメント:「お気をつけて…」
写真では陽射しも~この天気が続くといいですね。
奈良は北部より南部の方が、降水確率ではましな予報。風が穏やかだといいですが、ウェアの選択も難しそう。
200km超の山岳ルート、安全最優先で楽しいサイクリングレポートをお待ちしています。


お返事:
僕のウェアの選択は難しかったですが、児玉さんの選択は簡単ですよ。いつも一緒ですもん(笑)


cancanさんからのコメント
無事に伯母峯を越えられた様で、よかった。


お返事:
あのディレイラーハンガーの状態でどこまで行けるのか、どうせダメなら紀伊半島の山奥だけは勘弁して欲しいと思ってましたが、伯母峯のあたりではもう「これはたぶん大丈夫やな」という気持ちに変わってましたね。でもやっぱり小口~畝畑~足郷山の時は、「万が一ここでディレイラーが外れたら…」とまたビクビクもんでした。特に小口~畝畑間はcancanさんもよーくご存知の通り、路面がめちゃくちゃ悪いですしね。


KAY.T先輩からのコメント:「山の中」
かなりの険しい山道でしょうね。ブログの更新ものんびりできない様子が伝わってきます。それよりも、その辺一体ソフトバンク圏外ですかね…。


お返事:
ソフトバンクの微弱な電波は、紀伊半島の山中ではほとんど使い物にならなかったですね。docomoやauとはやっぱ全然違いますわ…。伊勢志摩や丹後半島ではけっこうなド田舎でも使えてたんで期待してたんですが…



13時50分★やっとここまできた

果たして日没までに潮岬にたどり着けるのか?

abechanさんからのコメント:「頑張ってぇ~!」
天五先輩、児玉さん頑張って下さい。無事に着く事を祈るだけです!


お返事:
僕は最初からこのコースはヤバいと思ってました(笑)


mkさん(児玉さんの息子さん)からのコメント:「オヤジィ~!!」
親父、頑張れぇ!!
天五さん、親父を頼みます。


お返事:
もしお父さんからもう一度同じコースで潮岬に行こうと誘われたら、さすがに次は「誰が行くか!息子に付いてってもらえ!」とキレるかもしれません(笑)。


cancanさんからのコメント
ここからは昨年9月にご一緒したルート、時間的にも先が読めますね。


お返事:
そう思ってましたけど、なにせここまでで140km超えてたので去年の9月とは疲労度が全然違ってて、特に小口~畝畑間は記憶よりもはるかに長かったですね。足郷山も去年は朝スタートしたばかりだったのでたいしたことなかったですが、今回は畝畑ですでに150km越えてましたから辛いのなんの、「おかしい!こんな長い上りやったか!?」と何回も思いましたよ。


KAY.T先輩からのコメント:「頑張って!!」
潮岬の日没は6時50分ごろ、あと4時間近くだと100キロは走れるでしょうか!事故・トラブルのないよう全力疾走で頑張って下さい!


お返事:
山岳コースで4時間100kmなんて絶対無理なので、もうこの時点では潮岬はあきらめて、とにかく真っ暗になってもいいから串本まで着けばいいと考えて、ここからルート変更して新宮の海を目指すようなことはせずに、あえて予定通りのルートで進んでいったわけです。



19時15分★とりあえず、南の海

一体いつになったら潮岬に着くんだとやきもきしている人も多いでしょうが、ごめんなさい、まだ着いてません。

というか、潮岬には明日の朝行くことにしました。なぜなら串本の海にたどり着いた時点で19時15分、潮岬まで行こうと思えばもちろん行けますが、真っ暗じゃ動画も撮れませんし、いちおう南の海に着いた時点で目的は達成してますからね。

なにせ国道371号線の古座川町と串本町の境界の峠を通過したのがちょうど19時で、そこまでの走行距離が約201km。今は昨年も泊まったJR串本駅直営の簡易宿泊所に先ほどチェックインしたところで、走行距離は児玉さんのサイコンで210.51km、走行時間は12時間12分、AV17.2km/hでしたが、思ったとおり数字以上にハードなコースでした。

こんなコースを走ってみたいと思う御年76歳の鉄人に、潮岬までは行けなかったものの、どうぞ惜しみない拍手を!

22時30分、鉄人児玉さん就寝
写真 1

スタートから77km、下北山村で撮った動画(iPhoneで撮影)

Please install the Flash Player


KAY.T先輩からのコメント:「とりあえずお疲れさまです」
いゃあ~一時はどうなるものかと心配しておりました。リアディレイラーも何とか無事ですね。
それにしても鉄人児玉さんはすごい!!
210キロ12時間ってカロリー消費量だけで言えばランニングでその3分の1の70キロは走っていることになりますから、いかに児玉さんのスタミナがすぐれているか…。
潮岬は明日ということで、まずはしっかり足を休められて明日に備えてください。時には、こんな行者みたいな走りを楽しむのもマゾヒスティックでいいですね。徹夜で走ったりノンストップで行けるところまで行ったり…わくわくします。
お疲れ様でした。


お返事:
児玉さんのスタミナは本当にすごいですよ。ただ毎日乗ってるだけでなく、アンチエイジングこそが生き甲斐というか、食べ物も飲み物もやっぱりものすごく研究熱心ですからね。でもビタミン剤とかの錠剤系のサプリメントは全然飲まれてませんね。


スキンヘッドさんからのコメント:
すごいです。あのルートは無理です。
私は大阪石川のCRで先々週土曜日の朝、天川に向かう途中で、児玉さんにお会いました。突然でしたので、おはようごさいますとしか言えませんでしたが、小さな声でおはようって言って頂いて、負けてられんなーっと思った次第です。
大阪~伊勢往復が夢ですので、児玉さんに負けずに頑張りたいなーーっ! 伊勢ルート参考になりました。ありがとうございます。ペコリ(o_ _)o))


お返事:
はじめまして。コメントありがとうございます。
往復なんかより片道だけの方がはるかに楽しいですよ。輪行はお嫌ですか? 紀伊半島縦断は距離なら伊勢往復より短いと思いますし、ぜひお勧めしますよ。ただし今回のコースはあまりお勧めしません(笑)。


boobooさんからのコメント:「おめでとうございます!」
児玉さんすごい!
このルート、午後7時の峠越え、210kmを走り通して海へ~すごすぎです。
紀伊半島に毎年刻みこまれる、これはもお鉄人と天五さん二人の世界ですね。
明日の潮岬の動画もやっぱり「タッチ!」ですか(笑)。


お返事:
もう1回このコースでと言われたら、いくら児玉さんの誘いでもキッパリ断ります(笑)


KAY.T先輩からのコメント:「児玉さん…」
さすがの鉄人児玉さんも…寝る時にはヘルメットはかぶらないんですね(笑)。
でも眠りながらも自転車にのって走っている夢を見ているに違いないと思うのですが…。


お返事:
この日、道の駅「おくとろ」でカレーを食べてる時はヘルメットを被ってましたけどね。写真も撮ってブログにアップしたかったんですが、ソフトバンクの微弱な電波は完全に圏外でした(笑)。


児玉さん


あ、そうそう…
写真 2

昨日の大トラブルで時限爆弾を抱えてしまった僕のリアディレイラーですが、無事に串本までの210km以上を走りきることができました(途中からはもうまったく気になりませんでした)。ディレイラーが取れた時点で僕は99%諦めましたが、さすがキャリア36年のベテラン児玉さん、ちゃんと走れる状態に戻してくれた上に、その経験と勘から「たぶん潮岬までもつやろう」と言ってくれたので諦めずに済みました。

いろいろとご心配をいただき、アドバイスのコメントをいただいた皆さん、ありがとうございました!

abechanさんからのコメント:「凄い!」
天五先輩、児玉さん、お疲れ様でした。無事にゴールしただけでもすごいです。ゆっくり休んで下さい。でも凄すぎる!


お返事:
僕の年代で、普段レースのために練習してる人とかならどうってことないと思いますから(飛ばしたらそりゃバテますけどね)、僕の方は別に凄くないんですけど、児玉さんの年代でこのコースは文句なく凄いです。こんなことやってたらきっと早死にすると思います(って、もう76歳ですが…笑)


Masa@LAさんからのコメント:「祝!完走」
無事完走おめでとうございます。
トラブルもいまとなっては読者の気持を引きつけるためのネタかと思われるぐらい、、、
しかし児玉さんは凄い! (ちなみに自転車人立ち読みしました)


お返事:
ボロリと取れてしまったディレイラーを手にしながら、「ああ…これで今年の南の海編はレポートでけへんようになってしもた…」としばらく呆然としてましたね。まさかあの時は最後まで走れるなんて思いませんでした。


KAY.T先輩からのコメント:「守護神児玉さん」
児玉さんは鉄人であるばかりか、自転車ツーリングの守護神のような人でもあるんですね。
何はともあれ無事走りきれてよかったよかった。


お返事:
児玉さんは過去に自転車で2回本当に死にかけておられるので、不死鳥のごとく甦る姿は、自身が守護神というよりは、やっぱり自転車の神様に愛されてる人なんじゃないですかね。それだけ児玉さんも深く自転車を愛してはりますしね。しかもカッコなんか全然気にしない人で、純粋に乗ることだけを愛してはります。

ちなみに昨年11月の串柿クライムの時は児玉さんが落車で腰をケガして途中リタイアされたんですが、こんなに走れてても実はその時のケガの影響で今もまだ腰が痛いんだとか…。とても信じられませんけどね。
串柿クライム2009→ http://tenjinbashi5.blog122.fc2.com/blog-entry-1081.html



いざ、潮岬へ

10時前に宿を出発、ただいま潮岬に向かってます。
天気は快晴、海はこれ以上ないほど青く、風が心地良く、最高の自転車日和です。

kiyoさんからのコメント:「こんにちは~☆」
青い空と海、気持ちよさそうですねぇ。
海沿いは走ったことながいので羨ましいです。
私が住む青森県は、雨が降ったり止んだりで最低気温が7℃と寒く、昨日今日暖房を入れています。
日差しを浴びて自転車に乗りたいです。
今日も道中お気を付けて!!


お返事:
> 青い空と海、気持ちよさそうですねぇ。
> 海沿いは走ったことながいので羨ましいです。

青森にも海はあるじゃないですか。ぜひ行ってください。僕も山をいくつも越えて最後にようやく海にたどり着く、今回のツーリングのようなコースが好きで、以前は本当によくやってましたね。

> 私が住む青森県は、雨が降ったり止んだりで最低気温が7℃と寒く、昨日今日暖房を入れています。

近畿でも5月とはとても思えない寒さですから(今日の串本は暑いくらいでしたけど昨日は寒かったし、大阪に戻ってきたらさらに寒くてびっくり…)、東北は本当に寒いでしょうね。5月になってもまだ暖房が要るなんて、地球寒冷化ですかね?(笑)


cancanさんからのコメント
無事の到着、なによりです。
こちら桜井はどんよりとした曇り空、
しかしエエ天気ですなぁ...


お返事:
今日の串本は最高の天気でしたよ。天王寺駅のホームに着いたら寒いんでびっくりしました(Tシャツ1枚だけだったのもありますが)。


KAY.T先輩からのコメント:「潮風に吹かれて」
気持ちよすぎるくらいのサイクリング日和、うらやましい限りです。
自転車で走るなら山もいいのですが、海の見えるルートがいいですね。


お返事:
山も海も良いのですが、国が自転車のために作ったというよりは、「お前ら自転車はここでも走って車に迷惑をかけるな」と言わんばかりの、各地の「自転車道」というか「自歩道」が一番退屈でつまらないですね。



11時過ぎ★潮岬到着

潮岬灯台でのんびりしたりして遅くなりましたが、11時過ぎに本州最南端の潮岬に到着しました。2007年、2009年に続いて児玉さんとここに来るのもこれが3回目。今回は前2回とは逆で西から反時計回りしています。

潮岬灯台の下に立つ児玉さん
写真 1

KAY.T先輩からのコメント:「快晴・快走」
結局雨には一度も見舞われなかったのでしょうか。
白い灯台の後ろは真っ青な空…いやぁ、お二人の日頃の行いがいいからでしょうね。
本州最南端の碑をバックにポーズが決まってます。


お返事:
雨には一度も降られてないですね。僕はしっかりレインウェア上下を持っていってましたが、児玉さんは軽量化のために何も持ってきてなかったので、その強気が功を奏したのかもしれません。あくまで今回に関しては、ですけどね。児玉さんはその強気のせいでよくびしょ濡れになってはりますから…(笑)



13時15分★昼食

潮岬を一周した後、くしもと大橋を渡って紀伊大島の先端の樫野埼灯台まで軽く往復しようということになったんですが…完全にナメてました。めちゃくちゃきついアップダウンの連続で泣きが入ってます(しかも帰りは往復するしかない…)。たまらず、ただいま樫野埼灯台まであと500mの場所にある喫茶店で昼食中です。

KAY.T先輩からのコメント:「とれたてピチピチ」
太平洋の美味しい魚ですね。海沿いの町ならまずは鮮魚を使った料理を食べたいところ…。
やはり脚に来てますか…。200キロ超の翌日は当然でしょうね。ウルトラマラソンで100キロ走ったようなものですから。


お返事:
串本駅の前に去年も行った美味しい回転寿司屋があるんですが(値段は大阪の回転寿司より高いですがネタが新鮮)、今回そこが定休日で行けなかったのが残念でした。代わりにファミレスで980円のサーロインステーキを食ってやりましたよ(笑)



13時38分★樫野埼灯台

紀伊大島の先端にある樫野埼灯台までやってきました。
ここまで来るのは予想よりはるかにしんどかったです、昨日のダメージが残る脚では…。

KAY.T先輩からのコメント:「黄金の足(脚)」
児玉さん、けろっとしているようですが、全然足に疲れが来てないような…。


お返事:
毎日何十kmも自転車に乗ってはりますし、それも平坦なコースばかり走ってるわけじゃないので、よっぽどレースみたいな走り方をしないかぎり脚の筋肉痛にはならないみたいですね。


cancanさんからのコメント:
樫野崎灯台まで、結構キクでしょう、なべちゃん他と往復しましたが、まったくもって付いて行けませんでしたよ(^_^;) しかしエエ天気!!


お返事:
往路には本当に参りましたね。だから帰りもまた同じ道通るのはかなわんなぁと思ってましたが、意外と復路は楽で、所要時間もだいぶ短かったですね。「行きと帰りで勾配がだいぶ違うな」と児玉さんも言ってました。



14時45分★串本駅

今日は串本町から一歩も出ず、紀伊大島の樫野埼灯台から串本駅に戻ってきて、
これから15時20分発の新大阪行き特急スーパーくろしお26号で帰ります。

僕の割れたディレイラーハンガーはクイックを思いきり強く締め付けて固定していただけなので、リアホイールを外せばまたディレイラーがボロッと落ちてしまいます。今日はJR天満駅まで輪行して、輪行袋のまま天満駅高架下のサイクルランドナニワ本店に持ち込みます。

写真 1

mkさん(児玉さんの息子さん)からのコメント:「おつかれさまでした。」
心配してドキドキしながら楽しくレポートを拝見させて頂きました。
事故も無く快晴に恵まれ親父も楽しそうで良かったです。


お返事:
mkさんはなにせ実の息子さんですから、お父さんの自転車仲間や僕のブログの読者の皆さんとはまた全然違う心境で読んではったんでしょうねぇ…(笑)

> 事故も無く快晴に恵まれ親父も楽しそうで良かったです。

帰ってきてあらためて振り返ってもお父さんはずっと楽しそうでしたね。
今日はともかく、昨日はあんなにきついコースだったのに…。

でも天王寺駅に着いたところで事件があって、実は残念なことに携帯電話を紛失されたんですよね…。串本駅前で輪行準備中に置き忘れた可能性が高いんですが、僕みたいにしょっちゅうiPhoneでブログやツイッターの更新してたらすぐ無いのに気づくんですけど、児玉さんは携帯への依存度が高くないので天王寺駅に着く直前まで気づかず…。明日auショップに行かれます。


KAY.T先輩からのコメント:「何事もなく…」
何とかメカトラブルも起こらず無事ゴール、おめでとうございます&お疲れ様でした。
帰りの列車も結構長旅ですね。ゆっくり休養してください。


お返事:
> 帰りの列車も結構長旅ですね。

乗り換えがあまりなくて座れさえすれば3時間以上の輪行も寝てればいいだけなので、けっこう良いもんなんですよ。それよりも、疲れ果てた身体で何時間も車の運転をして帰ったり、たとえ夜中になってでも往復自走で帰ろうとするサイクリストがあまりにも多いので、なぜこの人達はそこまで輪行したがらないのかと不思議に思うことの方が僕は多いです(あまりにも鉄道の不便な場所に住んでる人は別として…)。



そして輪行ビール!

串本駅から3時間10分の輪行の旅が始まり(あまりにもよく揺れる特急で文字入力が大変)、児玉さんとビールで乾杯です。今年も児玉さんの5月の恒例行事、奈良県御所市の自宅から「東西南北の海を見に行くツーリング」がこれで無事終了。また、72歳の時から5年連続となる5月の月間走行距離2000kmへも残り100数十kmとなり、もはや達成は確実といってよさそうです。

明日はSORAさん、KAY.T先輩と一緒に曽爾高原に行くと言うたはります。恐るべし鉄人!
※その後、児玉さんに大事な用ができてしまったので明日は参加されません。

KAY.T先輩からのコメント:「お疲れ様でした!」
無事車中の人となりましたか。ビールが美味しいでしょうね。
こちらは結構肌寒く、まだ4月上旬のような気候です。
えっ!?児玉さん、明日また走られるんですか?うれしい限りですが、恐るべし…鉄人…。
天五さんも、もちろん来られるんですよね?


お返事:
残念ながら明日は児玉さんも行けなくなってしまい、僕も用事があるので行けません。29日(土)なら行けるんですけどね。



20時頃★無事帰宅

JR天満駅まで輪行で帰ってきて、輪行袋に入れたまま天満駅高架下のサイクルランドナニワ本店に持ち込み、さっそく一昨日破損したディレイラーハンガーの交換パーツを調べてもらい注文。メーカー固有のパーツではあるけど、フェルトのロードバイクやクロスバイクなら全車種互換性があるんだとか(メーカーによっては全部違うらしい)。軽いもんだし、今回の教訓を踏まえてもう1個注文してツールボトルに1個入れとこうかな…。メーカーに確認してもらったら在庫もあるそうで、来週早々には入荷するとか。よかった、よかった!

というわけで20時頃、無事に帰宅しております。

今日のご注文。ディレイラーハンガーの破損はけっこう多いそうですよ。
ディレイラーハンガー


輪童さんの掲示板「風のたより」への児玉さん自身の書き込み
五月だ 海を見に行こう 南へ
投稿者:児玉幸藏 投稿日:2010年 5月28日(金)15時15分10秒
今年の此のシリーズでは前年までの安易な私のマンネリプランを捨てて全てこんな行き方も有ったのか?と云うコース取りをしました。その最たる物が一昨日の南行きで完走の自信ギリギリブッツケ本番でした。此のプランは昨年の小口~古座走行と 95ツール・ド・くまのの経験から可能性を感じて居ましたが、R169の蟻越峠とr229の足郷トンネル迄を甘く見て居て実際に行って見るのとでは大違いで堪えました。例年のR168+R42と比べてもっと短縮なるかと思って居ましたが紀伊半島の山地はやはり甘く有りませんでした。
其れでも体力活性の所為か以前よりも視力がアップして去年通った北山川や和田川沿いの風景が見違える様に綺麗にシャープに見え、そして昨日の串本半島海岸では文字通り紺碧の海と青い空が大感動物でした。其の上私の無理難題をよく訊いて呉れた身体に感謝(詳しくは天五さんのブログをどうぞ)。
走行距離;210km 走行時間;12時間12分 平均速度;17.2kmでした。

鉄人児玉さん

コメント

有難う御座いました

そしてハプニングで忘れてはいけないのが天五さんを襲った下りでの睡魔とハンガーノックでしたね、睡魔には洗顔ですがハンガーノックには丁度地獄で仏の様に食品店が在りお菓子を買えたので助かりましたね、そして後日累積標高を見ましたがざっと見ても2000mを超えていました。

Re: 有難う御座いました

児玉さん、お疲れさまでした。

> その1;無理なプラン

僕は最初から日没までに潮岬に着くのは無理があると思ってたので、児玉さんが最初、あわよくば1泊せずに串本駅から最終の特急で日帰りしようと思ってたことにびっくりしましたよ。よっぽど最近の体調に自信があったんですね。


> その2;天五さんのメカトラブル

これはもう、ほんまに児玉さんのおかげです。僕一人では完全にお手上げでした。


> その3;案の定遅れる

2人ともパンクなしだったのでまだ良かったですね。
パンクしてたら串本の海に着いたのはもう完全に真っ暗やったでしょうね。


>その4;ソフトバンク通信不良

観光名所の一枚岩まで完全に圏外だったのには参りました。これはもう僕らソフトバンクユーザーがブログやツイッターで「docomoもauも全然問題ないのに、ソフトバンクはあそこも圏外やった、ここも圏外やった」と書きまくってソフトバンクの目に触れさせて、プレッシャーかけて改善させるしかないですわ(笑)。


> その5;串本大島 思ったより手間取り一電車後刻

今回いちばん思ったよりも手間取ったのは、児玉さんが「標高差50mくらいやろう」なんてタカをくくってた蟻越峠でしたね。どんな地図見たんですか?? あれはほんま、児玉さんにダマされましたわ(笑)。

> その6;私のケータイ置き忘れ、

これは本当に残念でしたね。3年前にも僕と2人で走ってる時に買ったばかりのデジカメを黒滝村のあたりで落としはって、あの時は2人で吉野から来た道をずっと戻りながら探しましたね。今回は探しようもなかったですが…。

ところで来月も一緒に走ったら「連続ご一緒記録」がついに丸4年、48カ月連続になりますね。また来月もきっついコース行きますか?(笑)

旅のトラブル

いやはや…大小あわせてこれだけもトラブルがあったなんて…。

しかしまあ大きな事故もなく、無事帰って来れたことは喜ぶべきことですね。

児玉さんの携帯電話紛失がなければ、翌日の曽爾高原は一緒に走れたのでしょうけど…。

児玉さん、携帯電話をポケットに入れられてたんでしょうか?

首にぶら下げるか、体に固定しておくのが一番ですね。財布とか携帯とか大切なものはそうすべきですよ。

わがオヤジも児玉さんの2つ上ですが、出かけるたびに何かなくしてこないかとオフクロがいつも心配しています。大切なものはウエストポーチに入れるようにしつけているようですが…。

Re: 旅のトラブル

> 児玉さん、携帯電話をポケットに入れられてたんでしょうか?>
> 首にぶら下げるか、体に固定しておくのが一番ですね。財布とか携帯とか大切なものはそうすべきですよ。

ワンショルダーバッグのベルトに携帯電話を入れるポーチが付いていてそこに入れてはったんですが、マジックテープがだいぶバカになってるのか逆さになったりするとよく落ちるらしく、後から思い出したら輪行準備をしてる時にも落ちたので傍に置いて、そのまま忘れた気がするとのことでした。去年の11月頃に機種変更されたばかりなんですけどね。もったいなかったです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 




文字サイズの変更

カレンダー

プロフィール

天五

Author:天五
プロフィール写真
1967年滋賀県長浜市生まれ。05年11月、38歳で健康のためにクロスバイクを買ってサイクリングを始めるや自転車の魅力にのめりこみ、06年3月にはロードバイク、07年5月にはマウンテンバイクも購入。「速くなくてもいい、ただ遠くへ行きたい」をモットーに、ツーリングやポタリングを楽しむ日々を送っている。高校卒業後、1986年4月~2011年5月に渡る24年2カ月の大阪生活を終え、6月1日より長浜市民に戻ったばかり。

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー


ブログ内検索

Twitter


twitter / tenjinbashi5

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

CYCLE TOURING MOVIE

クリック後、再生が開始されるまで数十秒かかる場合があります。

御年76歳の我らがアイドル・鉄人児玉さんと行く
紀伊半島大縦断210kmツーリング



2009年自転車ツーリング写真集


eyeVio公式チャンネル
CYCLE TOURING MOVIE

リンク

RSSリンク

QRコード

QR

僕の愛用品(楽天市場へ)

いずれも僕のツーリングには
欠かせない「道具」です。

モンベルの輪行袋
詳しくはこちらの記事をどうぞ


フェニックスの超強力ライト
詳しくはこちらの記事をどうぞ


オルトリーブのサドルバッグL


モンベルのフロントバッグ


トピークのトライバッグ


トピークのハンディEパック


シマノのSPDサンダル
詳しくはこちらの記事をどうぞ


iPhoneの充電に最適

メールフォーム

※「コメント」で差し支えのない内容の場合は、それが当該記事の内容と直接関係なくてもまったく構いませんので、「コメント」でお願いします。他の読者の方に知られたくない情報が含まれる場合のみ、どうぞメールでお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

広告









ランス・アームストロング
「ただマイヨ・ジョーヌのためでなく」


Excite自動翻訳

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。