TOP画面 ただ自転車通勤のためでなく 動画レポート:5月26日(水)「鉄人児玉さんと行く 紀伊半島大縦断210kmツーリング」

ただ自転車通勤のためでなく 

速くなくてもいい、ただ遠くへ行きたい! 自転車ツーリングをこよなく愛する男のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動画レポート:5月26日(水)「鉄人児玉さんと行く 紀伊半島大縦断210kmツーリング」

動画レポ画面
本動画レポートの1シーン

僕の動画レポートのファンだと言ってくれる方が大勢いらっしゃるにもかかわらず、諸般の事情で今年はこれまで一本も作ってませんでしたが(撮った動画をただつないだだけってのはありましたが)、長らくお待たせいたしました。5月26日(水)の「鉄人児玉さんと行く 紀伊半島大縦断210kmツーリング」の動画レポートを作ってアップしました。

おとといの朝から編集を始めて昨日の夕方終わりましたが(ずっとやってたわけではなくて、動画編集は非常に疲れるので10分ぶんずつ作っては長い休憩を取ります)、それ以来、完成作をすでに4回も見てしまいました。僕のブログの読者の皆さんにとっては、『アバター』より面白いのは間違いありません!…というのはウソで僕は『アバター』を見てないのでわかりませんが、少なくともNHKの『男自転車ふたり旅』よりは面白い自信があります(あくまで僕のブログの読者にとっては、ですけどね.笑)。理由はもちろん、「鉄人児玉さん主演」だからです(笑)

40分17秒もの長い動画なので、お時間のある時にご覧いただけるようダウンロード版もご用意してますし、10分ずつ4回に分けてご覧いただけるようにした動画レポート専用ページもご用意しています。一人でも多くの方々に、御年76歳の我らがアイドル・鉄人児玉さんが、このタフなコースを210km走った勇姿と、ゴール後の笑顔を、ぜひ動画でご覧いただきたいと思います。もし自分のブログにも貼り付けてやろうという方がおられましたら、僕の許可を得る必要はありませんので、どうぞご自由にやってください(貼付けコードの取得はこちらから)

写真レポートをまだご覧になっていない方は、こちらもぜひ!

鉄人児玉さんと行く 紀伊半島大縦断210kmツーリング(40分17秒)

別のところにもアップしていますので、うまく再生できない時はこちらでもお試しを…
↓ダウンロード版もご用意しています。↓
iPad/iPhone/iPod/iTunes/QuickTime Playerで再生Windows Media Playerで再生
YouTubeで見たい方はこちらをどうぞ→<その1><その2><その3><その4>


本動画レポートの専用ページはこちらです。

串本の海に着いたのは、19時15分だった…。
串本の海

コメント

早速見てきましたよ、一気に(^_^;)
 池原ダムのショートカットとやらが気になっていたのですが、池原ダムを渡ってすぐに右にスポーツ公園に下るダート路は昔何度か通りましたが、どうやらもっと先ですね、児玉さんも初めてとか言ってますやん、肝心の処が映ってませんが、もしや発電所の敷地内を下るとか...ただこちらを通ると食い物の補給がまた暫くできないですね。
 蟻通は長い事行っていないので興味深いですが昔のままですね、昔は確か奈良交通の停留所でした。しかしこのままこのルートで改良される事はないでしょうがネ。
 足郷越えは昨年9月に走ってますから不安はなかったとは思いますが、最後の六郎峠は堪えますね、九度山人さんと大黒屋さんと日没後に越えた事があります。峠そのものは大した事はないのでしょうが、コース的にいつも最後に越えているだけに、映像みているだけでも... 

BEST OF 児玉さん

ここまで動画を作って、これを趣味の域で終わらせるのはもったいないですね。

それこそ児玉さん主演のインディーズ映画を作り、小さな劇場(御所市民会館とか)ででも上映できたらいいですね。

素の児玉さんの味わいを楽しむのであれば、やはり演技ではなく、児玉さんそのものをありのままに見るのが一番なのでしょう。

でも、どこか笑えるんですね…。

たまに想像するのは、ヘルメットかぶってグラブはめたままお風呂に入ってる姿とか…。

ヘルメットかぶって散髪屋さんに行くとか…(笑)。

cancanさんへ

> 肝心の処が映ってませんが、もしや発電所の敷地内を下るとか...

いやあ、普通にダムの中の通ってもよい道を通っただけだったと思いますけどね…(児玉さんに聞いてください)。その「肝心の処」というのは僕にとってはべつにどうでもいい部分なんですすよね。僕がやりたいのはコース案内ではなく、一生このコースを走る機会のない人、もっと言えばサイクリストじゃない人が見ても、自転車ツーリングの面白さ、素晴らしさが伝わるような、そんな映像作品ですからね。


>蟻通は長い事行っていないので興味深いですが昔のままですね、昔は確か奈良交通の停留所でした。

今は熊野交通でしたよね。本当にあんな場所から乗る人なんているんですかね?(笑) ひょっとすると近くに登山道の入口でもありましたかね?


> 最後の六郎峠は堪えますね、九度山人さんと大黒屋さんと日没後に越えた事があります。峠そのものは大した事はないのでしょうが、コース的にいつも最後に越えているだけに、映像みているだけでも...

スタートしてすぐに上るんだったら、たとえば芋峠なんかより確実に楽な峠だったように思うんですが、なにせ200km近く走ってから上ったわけですから、そらやっぱしんどかったですね(笑)

Re: BEST OF 児玉さん

> 素の児玉さんの味わいを楽しむのであれば、やはり演技ではなく、児玉さんそのものをありのままに見るのが一番なのでしょう。

そりゃそうですよ、タレントじゃないんだから。
でも「ちょっと、あの吊り橋を渡ってる児玉さんが撮りたいんですけどね」とか、
そういうリクエストにはたいてい応えてもらってますけどね(笑)
http://eyevio.jp/movie/305683

児玉さんの健脚ぶりがただ凄いからというだけでは、毎月一緒に走りたいなんて僕は全然思いません。やっぱり児玉さんのことが人間的に大好きだから毎月ご一緒させてもらいたいと思うんですよね。

感動!

天五先輩こんばんは
楽しみにしていた動画見させていただきました
当日の携帯からのライブ感の時は想像でしか先輩と児玉さんの姿が見れませんでしたが(当たり前ですけど・笑)、こうやって動画で見せていただくと、改めて感動しました。
最後ファミレスでの食事で、児玉さんが美味しそうにビールを飲まれるのを見ていると、私も嬉しくなってしまいました。
改めて本当にお疲れ様でした
素晴らしい動画(…と言うより、ドキュメントですね)をありがとうございました。

Re: 感動!

> こうやって動画で見せていただくと、改めて感動しました。

作った本人が見てても感動して、最初に完成作を見た時は泣きそうになりました(笑)。編集段階では「ここは要らんからカット」「ここもカット」とか、見る人が飽きないようにどんどん削っていくんですが、やっぱり児玉さんが映ってるシーンはなかなかカットする気にはなれないですね。なので「ただ道路が映ってるだけ」というシーンのみをバッサバッサと切って見やすくしていきます。

> 素晴らしい動画(…と言うより、ドキュメントですね)をありがとうございました。

僕の動画レポートの大ファンですとか、中にはたまたま僕の動画レポートを見たのがきっかけで自転車を始めましたとか、そういう声を多くいただくようになるにつれて、手が抜けないので取りかかる前はだんだん億劫になっていくんですが、こうして作り終わってから見ると、やっぱり手を抜かずに一生懸命作って良かったなあと思いますね。

まあ順当にいけば児玉さんの方が僕よりだいぶ先にお亡くなりになりますから(笑)、児玉さんの奥さんが先日の『自転車人 2010春号』のことを、「お父さんが亡くならはったら、あの雑誌を棺に入れてあげるねん」とおっしゃってましたけど、僕はお通夜の席に児玉さんとのツーリングムービーをたくさん持っていって、集まった自転車仲間と一晩中見ようと思います(笑)。

今年は”タッチ!”無し

天五さん

編集お疲れ様でした。
自転車で走っている位のエネルギー消費されたのでは?期待通りの秀作有難うございます。
2009年だったと記憶しますが、本州最南端の石碑に児玉さんが”タッチ!”する場面が好きだったんで、今年も期待したんですが、、、、
今回も感動、有難うございました。

Re: 今年は”タッチ!”無し

> 自転車で走っている位のエネルギー消費されたのでは?期待通りの秀作有難うございます。

誰も言ってくれないので自分で言ってしまうと、編集作業にも多大なエネルギーは費やすものの、その時に使うのはあくまでも“頭”ですよね。一方、現場ではスタッフの車に乗って撮影してるわけではなく、全部自分の“脚”を使って210km同走しながら撮ってますので、これは普通に210km走るよりもやっぱりかなりのエネルギーを使います。

たとえば児玉さんがカメラの前を通りすぎていくシーンの後では、その先で停まって待っててもらってるわけじゃなく、僕が懸命に脚を使って追いつかないといけません。こういうのは体力のあるうちしかできないので、自分が思うように動画撮影できるのもせいぜいあと何年かしかないんじゃないかと思いますね。

> 2009年だったと記憶しますが、本州最南端の石碑に児玉さんが”タッチ!”する場面が好きだったんで、今年も期待したんですが、、、、

それは児玉さんに文句言ってください。児玉さんはもう覚えてないんじゃないですかね?(笑)

皆さん有難う御座いました

池原ダムのショートカットは地図上で勝手に判断しての事で、地図では降りる道が一箇所だったので最初の道(全舗装路)を降りて途中変かな?の侭行き、R169に入れれば良いに気が変わり去年(御大)と共に来た所に出て一安心しました、仰る通りもっと先でしたね、昼食は当初から道の駅おくとろ の積りなので此処は素通りです、
蟻通の北行きはキツクテ長いのを良く知って居ますが南行きはさほどでも無いだろうとタカを括って居て(実は250m前後上る)、天五さんにもガッカリさせました、最後の六郎峠では日没後でほんとは心細かったが海岸で残光が間に合った、
KAY.Tさん色々ユニークなご提案を有難う御座います、もう少し私に愛想があれば天五さんも撮り甲斐が有りましょうに愛想なしですみません、
でも素のままで皆さんに感動して頂いて有り難いです、
一瞬はタッチをと思ったのですが矢張りすべきでしたねえ、残念、
最後になりましたが天五さんホントに有難う御座いました。

ありがたいです!!

つい最近から、このサイトを拝見させてもらってます。僕は自転車が好きで色々な場所に走らせていました。しかし上京してからは、自転車を買えず乗っていないのです。枚方の景色を見ようとYouTubeで探してたら、知ってる道を走る天神橋5丁目さんを見つけました。

懐かしかった。それから児玉さんの事を知るようになり、今は楽しく拝見させてもらってます。

それにしても児玉さんはスゴイですね。
良い意味で衝撃を受けました。
本当にありがとうございます。

Re: 皆さん有難う御座いました

> 最後になりましたが天五さんホントに有難う御座いました。

いえいえ、とんでもない、児玉さんはもう僕のブログの最強キラーコンテンツですから…。しかしこのコメント、児玉さんでも晴れた日のお昼に家にいることがあるんですね(笑)。絶対走りに行ったはるやろと思ってました。

枚方出身の19才さんへ

はじめまして、コメントありがとうございます。
枚方出身で19歳で東京在住ということは、この春から東京の学校に入られたんでしょうか? 僕は枚方のK外大出身で長いこと牧野に住んでました。この記事にコメントをもらっているKAY.TさんやMasa@LAさんもK外大出身です。学年が違うので知り合ったのは大学時代ではなくブログでですけどね。

> しかし上京してからは、自転車を買えず乗っていないのです。

枚方で乗っていた自転車は東京には持っていけないのでしょうか?
帰省の際や東京に戻る際は、荷物だけ先に宅急便で送っといて自転車は輪行すれば(あるいは根性で自走すれば)良いように思いますが、いかがですか?

提案ありがとうございます。

実は今までママチャリでしか旅をしたことがないので、お金を貯めてロードバイクを買うつもりです。

今は我慢の時期ですm(-_-)m

追信 最後のハプニングが ◎

先ほど 曽根崎警察から電話が有り「児玉さん携帯電話を無くされたでしょう」との事、
2日にその前に使って居たのを機能復活したばかりなのですが、警察には着払い郵送の為の手続きをしましたが2日間の違いで復活手数料が又無駄になりました。

Re: 提案ありがとうございます。

> 実は今までママチャリでしか旅をしたことがないので、お金を貯めてロードバイクを買うつもりです。

ああ、そういうことでしたか。東京都内でしたらロードバイクとは対極の用途になりますが、ブロンプトンなどの折り畳み小径車から自転車ライフを始めてみるというのも一考かと思いますね。なにせめちゃくちゃ便利に東京中くまなく回れますからね(帰省の際にも超手軽に輪行で持ち帰れます)。ロードバイクは基本的に田舎の車の少ない道をおもいきり走り回ってなんぼの自転車なんで、都会だと休みの日に遠くまで行かないとあまり楽しくないかもしれません。

Re: 追信 最後のハプニングが ◎

> 先ほど 曽根崎警察から電話が有り「児玉さん携帯電話を無くされたでしょう」との事、

おおっ、あの電話機戻ってくるんですか!でもひょっとしてもう新しい端末を買っちゃいましたか? それにしても戻ってくるということは、あの日のうちに親切な人が届けてくれたということですよね?警察だったらもっと早く持ち主を調べて電話がかかってきてもよさそうなもんですが…。それになんで串本でも御所でも天王寺でもなく、曽根崎警察なんでしょうね?

児玉さんへ

児玉さん:

>KAY.Tさん色々ユニークなご提案を有難う御座います、もう少し私に愛想があれば天五さんも撮り甲斐が有りましょうに愛想なしですみません、
でも素のままで皆さんに感動して頂いて有り難いです、

いえいえ…愛想なんてとんでもない。素のままの児玉さん、やっぱり最高ですよ。

携帯電話、見つかったんですね。よかった…とは思いつつも復活手数料が無駄に…。

でも、届けてくれた善意ある人への報酬とでも思えば…救われますね。

動画、拝見しました。
児玉さんはやはり凄い。本当に76歳とは思えません。
田戸トンネルは、まるでSF映画のワンシーンでしたね。
素晴らしい動画、ありがとうございました。

Re: 児玉さんへ

> でも、届けてくれた善意ある人への報酬とでも思えば…救われますね。

今日のcancanさん主催のツーリングに珍しく児玉さんが参加されないので携帯の留守電にメッセージを入れておいたところ、帰宅したら僕の自宅の留守電に2件のメッセージが…。

1件目は児玉さんからで、今日は法事で滋賀に来てるので参加できないという旨。
2件目はなぜか児玉さんの奥さんからで、「ウチのお父さんが無くした携帯電話が戻ってきました。ご心配をおかけしてどうもすいませんでした」という旨でした。わざわざ奥さんにまで電話してもらわなくてもいいのに…(笑)

Snsk_VeLoさんへ

> 児玉さんはやはり凄い。本当に76歳とは思えません。

でもね、これがもし派手なレース用ジャージと最新のヘルメット、アイウェアに身を包まれていたら本当に何歳か全然わからないので、映像のインパクトは弱くなるんですよ。児玉さんの場合はいつも地味なジャージを着て、普通のメガネをかけて、お顔はわりと年相応に見えるので余計インパクトがあるんですよね。

> 田戸トンネルは、まるでSF映画のワンシーンでしたね。

そうそう、僕も映画のワンシーンで見たような気がするなぁと思ってたんですよね。まあ自転車ではなくオートバイだったんでしょうけど(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 




文字サイズの変更

カレンダー

プロフィール

天五

Author:天五
プロフィール写真
1967年滋賀県長浜市生まれ。05年11月、38歳で健康のためにクロスバイクを買ってサイクリングを始めるや自転車の魅力にのめりこみ、06年3月にはロードバイク、07年5月にはマウンテンバイクも購入。「速くなくてもいい、ただ遠くへ行きたい」をモットーに、ツーリングやポタリングを楽しむ日々を送っている。高校卒業後、1986年4月~2011年5月に渡る24年2カ月の大阪生活を終え、6月1日より長浜市民に戻ったばかり。

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー


ブログ内検索

Twitter


twitter / tenjinbashi5

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

CYCLE TOURING MOVIE

クリック後、再生が開始されるまで数十秒かかる場合があります。

御年76歳の我らがアイドル・鉄人児玉さんと行く
紀伊半島大縦断210kmツーリング



2009年自転車ツーリング写真集


eyeVio公式チャンネル
CYCLE TOURING MOVIE

リンク

RSSリンク

QRコード

QR

僕の愛用品(楽天市場へ)

いずれも僕のツーリングには
欠かせない「道具」です。

モンベルの輪行袋
詳しくはこちらの記事をどうぞ


フェニックスの超強力ライト
詳しくはこちらの記事をどうぞ


オルトリーブのサドルバッグL


モンベルのフロントバッグ


トピークのトライバッグ


トピークのハンディEパック


シマノのSPDサンダル
詳しくはこちらの記事をどうぞ


iPhoneの充電に最適

メールフォーム

※「コメント」で差し支えのない内容の場合は、それが当該記事の内容と直接関係なくてもまったく構いませんので、「コメント」でお願いします。他の読者の方に知られたくない情報が含まれる場合のみ、どうぞメールでお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

広告









ランス・アームストロング
「ただマイヨ・ジョーヌのためでなく」


Excite自動翻訳

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。