TOP画面 ただ自転車通勤のためでなく Twitter Liveレポート:「鉄人児玉さんと行く 和歌山・あらぎ島ツアー」

ただ自転車通勤のためでなく 

速くなくてもいい、ただ遠くへ行きたい! 自転車ツーリングをこよなく愛する男のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Twitter Liveレポート:「鉄人児玉さんと行く 和歌山・あらぎ島ツアー」

あらぎ島

20時30分頃、天神橋5丁目に無事帰還しました。
先週土曜日のツーリングに続いて、再び今日一日ツイッターで更新したLIVEレポート(実際はソフトバンクの電波が紀伊半島内陸部ではあいかわらずの体たらくだったので数時間遅れのものもありますが)を、時系列順に写真も含めて全部まとめて載せてみましたので、「続きを読む」をクリックしてどうぞ見てやってください。

これだけツイッターではなく、通常のブログ更新
ただいま輪行中

写真 1
今日は御年76歳の我らがアイドル・鉄人児玉さんとKAY.T先輩と一緒に、和歌山のあらぎ島に棚田を見に行きます。ただいま7時4分難波発橋本行きの急行で輪行中。本当は7時20分の急行に乗る予定でしたが、パンクチュアルな僕は7時には準備万端でホームに着いていたもので、一本早い急行となりました。橋本に着いてからかなり余裕があります。KAY.T先輩は伊賀神戸駅から近鉄とJRを乗り継いで来るので2時間半くらいかかるそうですが…。

いつも土曜や日曜に難波から輪行する時は周りの乗客が朝帰りの酔っ払いとかホストばかりですが、さすがに平日は違うようで、今日は通勤・通学の人達が大半ですな(笑)。

この後のLIVEレポートはツイッターでやりますので(ソフトバンクの電波が入れば)、記事下の黄緑色の「TWITTER」ボタンをクリックして見てやってください。

ここから下がツイッターで更新したものです。
●8時橋本駅着。出発準備が済んだらコンビニでゆっくり買い物しよ。ついでに軽量化も…(笑)
写真 1

●コンビニから橋本駅前に戻ってきたら、KAY.T先輩と、丸一年ぶり以上となる、いしださん(元tantanさん)が来られました。これから橋本橋南詰で鉄人児玉さんと落ち合います。
写真 2

●ようやくソフトバンクの微弱な電波が入る場所までやってきたが、地図も持ってこない迷コースリーダー・児玉さんのおかげで13時15分に道の駅「しみず」にやっとたどり着いて、これから昼食。あらぎ島にはまだ着かず。帰りは藤並駅から輪行か?
写真 6

●14時10分、やっと「あらぎ島」に到着! ここはソフトバンクの電波が入るぞ!
写真 7

●2011年鉄人児玉さんカレンダー用の写真を撮りました!
113762109.jpg

●16時50分、橋本に戻るはずが、なぜか遠く離れたJR藤並駅にゴール(笑)。ただいま輪行準備中。
写真 9

●輪行準備中の鉄人児玉さん。とことんまで輪行袋を小さくする児玉さんの輪行準備には20分くらいかかるので、最後は時間との戦いだった。にもかかわらず2kmくらい行き過ぎてしまった。
写真 10

●輪行中のKAY.T先輩。
写真 12

●輪行中のいしださん(元tantanさん)は、ロード用のシューズでは歩きにくいので、輪行用にサンダル持参です(僕と児玉さんは専らSPDサンダルですけどね)。
写真 13

●鉄人児玉さんのたっての希望で標高900mくらいあるらしい、この地蔵峠(かなりの激坂!)にわざわざ上ったのが、藤並駅から輪行で帰るハメになった最大の原因であった…。
写真 5

●花園美里トンネルの入口手前から地蔵峠へと上る超激坂。御年76歳の我らが迷コースリーダー・児玉さんの強い希望で上らされ、下ってきたのは花園美里トンネルの出口であった…(本当は下る途中にあらぎ島へ近道できる林道との分岐があった)。
写真 4

●和歌山駅で児玉さんを除く3人は紀州路快速に乗り換え、これから天王寺まで行きます。児玉さんは今日はいつもは嫌っている和歌山線に乗り換えて帰られました。
写真 1


帰りの輪行はまさかのJR藤並駅から(笑)
写真 1

コメント

お疲れ様でした!

午後11時ようやくPCに向かっています。

帰路は約4時間。伊賀神戸で自転車組み立ててる間もかなり意識朦朧としてきましたね。

帰ってシャワー洗濯、夕食、明日のトレイルランの準備…。

まあ長い一日でしたが楽しませていただきました。

今日に限って、レポートは明日以降に…ということでお疲れ様でした。

素晴らしき景観

おはようございます。
素敵な景色ですね。 KAY.Tさんのブログを見てたら天五さん、児玉さんとあらぎ島に行くとの事。載っていた写真を見た瞬間心が動いた(笑)。
来月行って見ようと思います。コースは思案中です。第一候補は高野山~371~あらぎ~有田です。

Re: お疲れ様でした!

> まあ長い一日でしたが楽しませていただきました。

昨日はお疲れでした。平日なので今回も児玉さんと2人だけになるかと思ってたら4人になってうれしかったです。伊賀から和歌山ってやっぱり遠いんですね。JR和歌山線さえもうちょっと便利ならまだマシなんでしょうけど…。でも先輩が橋本橋まで車ではなく輪行で来てくれたので僕らとしては本当に助かりましたよ。もし誰か車で来た人がいたら、あらぎ島で別れて一人だけで橋本まで帰ってもらうか、全員で橋本まで一緒に帰るか、どっちをとっても辛い選択になるところでした。まったく予定外の場所でもゴール地点にできる輪行こそ、サイクリストのあるべき移動手段です。

Re: 素晴らしき景観

> 第一候補は高野山~371~あらぎ~有田です。

一人で行くならそれでもいいでしょうね。他の人を誘うなら必ず自分より体力のある人を誘いましょう(笑)。昨日は気楽なつもりで橋本橋まで車で来る人がいなくてラッキーでした。本当は橋本まで往復するつもりだったのが、「児玉さん、ほんまに橋本まで戻るんですか?」「うーん…」って感じで、あらぎ島に着く前にもうその気は完全に失せてましたからね(笑)。

何気なくリンクを開き

前日の記事のリンク、あらぎ島の解説を読むと

>いかに年貢を多く納めるか。それが当時の農村の使命でした。

最も肝心な農業用水を一里先から引いた苦労。勉強になりましたし、これからサイクリングで土地の方と交わす短いあいさつでも、僕の気持ちは少し変わると思います。

やっぱりええもんや

久々のツーリングに心躍らせて出かけました。
道中、関西の自転車乗りならお約束の「ぼやき」が入りましたが、

峠を下って来た先が、「花園美里トンネルの出口」という「オチ」までつけて頂き、

流石に関西の自転車乗りは洒落が利いてると一人納得(笑)

(で、結果はどうなんや?)
素晴らしい景色・山の空気・皆の笑顔。
やっぱり自転車は楽しいな(笑)

また、美味しい餌(ツーリングコース)を撒いてください。
必ず食い付くと思います(笑)

参加された皆さんお疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

Re: 何気なくリンクを開き

> 最も肝心な農業用水を一里先から引いた苦労。勉強になりましたし、これからサイクリングで土地の方と交わす短いあいさつでも、僕の気持ちは少し変わると思います。

あらぎ島はどの写真を見ても撮ってる角度が同じなので、この場所だけなんだろうなと思ってましたが、やっぱりここだけでした。でもあらかじめ写真を見て行ってても(ほんま写真のまんまです)、実際に目の前にするとやっぱり感心してしばらくじっくりと見入ってしまいますね。

Re: やっぱりええもんや

> 久々のツーリングに心躍らせて出かけました。

昨年の春以降、音信不通だったのでお亡くなりになったのかと思っとりました(笑)。昨日は生存確認ができまして、走りの方も特にブランクを感じさせなかったので安心しました。また参加してください。

本間にお疲れ様でした

あらぎ島へは過去に二度訪れまして普通にR480で三度も行くのが個人的に馬鹿らしく思い、地蔵峠からのルートへ行きました、峠の次に其れらしい道が在りましたが其の先がまだ登ってるように見えたので見送って終いました、其の事が地図を持ち忘れた事と併せて昨日の最大の失敗でした、其れによる遅れをJR藤波駅へ駆込む事でナントカ帰って頂けましたが本間にお疲れ様でした。

Re: 本間にお疲れ様でした

地蔵峠から下り始めたらすぐにあの分岐がありましたね。動画を見てたら分岐まで30mもないくらいでしたよ。たとえ地図を忘れてもそのことさえ覚えたはったら確信が持てたでしょうね。でも児玉さんも1回も通ったことのない道だし、路面が荒れ放題とかアップダウンがきついとか、行ってたら行ってたで、また何があったかわかりませんしね。

地蔵峠

僕は先月末に地蔵峠経由、あの分岐で林道へ入ってから、あらぎ島まで行きました。あの分岐で林道へ入ると、更に100m近く上らされて本当のお地蔵さんがある峠まできます。その後は、舗装もキレイで快適な下りがずっと続きました。大沼トンネルの手前でちょっと上らされますが、こっちのほうが遥かにラクで早かったと思いますよ。

Re: 地蔵峠

> 僕は先月末に地蔵峠経由、あの分岐で林道へ入ってから、あらぎ島まで行きました。あの分岐で林道へ入ると、更に100m近く上らされて本当のお地蔵さんがある峠まできます。

なるほど、本当にお地蔵さんがあるんですね。地図で見てもあの分岐を入って上っていった先に「地蔵峠」と書いてるので、僕らが地蔵峠だと思ってた場所(いちおう石碑もありましたが)はまだ途中だったわけですね。残念ながら宿題を残してしまいました。

> その後は、舗装もキレイで快適な下りがずっと続きました。大沼トンネルの手前でちょっと上らされますが、こっちのほうが遥かにラクで早かったと思いますよ。

そうですか。返す返すも残念ですが、あのニセ地蔵峠までの上りの動画が面白かったので、まあよしとしましょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 




文字サイズの変更

カレンダー

プロフィール

天五

Author:天五
プロフィール写真
1967年滋賀県長浜市生まれ。05年11月、38歳で健康のためにクロスバイクを買ってサイクリングを始めるや自転車の魅力にのめりこみ、06年3月にはロードバイク、07年5月にはマウンテンバイクも購入。「速くなくてもいい、ただ遠くへ行きたい」をモットーに、ツーリングやポタリングを楽しむ日々を送っている。高校卒業後、1986年4月~2011年5月に渡る24年2カ月の大阪生活を終え、6月1日より長浜市民に戻ったばかり。

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー


ブログ内検索

Twitter


twitter / tenjinbashi5

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

CYCLE TOURING MOVIE

クリック後、再生が開始されるまで数十秒かかる場合があります。

御年76歳の我らがアイドル・鉄人児玉さんと行く
紀伊半島大縦断210kmツーリング



2009年自転車ツーリング写真集


eyeVio公式チャンネル
CYCLE TOURING MOVIE

リンク

RSSリンク

QRコード

QR

僕の愛用品(楽天市場へ)

いずれも僕のツーリングには
欠かせない「道具」です。

モンベルの輪行袋
詳しくはこちらの記事をどうぞ


フェニックスの超強力ライト
詳しくはこちらの記事をどうぞ


オルトリーブのサドルバッグL


モンベルのフロントバッグ


トピークのトライバッグ


トピークのハンディEパック


シマノのSPDサンダル
詳しくはこちらの記事をどうぞ


iPhoneの充電に最適

メールフォーム

※「コメント」で差し支えのない内容の場合は、それが当該記事の内容と直接関係なくてもまったく構いませんので、「コメント」でお願いします。他の読者の方に知られたくない情報が含まれる場合のみ、どうぞメールでお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

広告









ランス・アームストロング
「ただマイヨ・ジョーヌのためでなく」


Excite自動翻訳

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。