TOP画面 ただ自転車通勤のためでなく ニュージーランド長期ツーリング<7日目 フェアリー~レイク・テカポ編>

ただ自転車通勤のためでなく 

速くなくてもいい、ただ遠くへ行きたい! 自転車ツーリングをこよなく愛する男のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュージーランド長期ツーリング<7日目 フェアリー~レイク・テカポ編>

テカポ湖
美しいという言葉は、テカポ湖のためにある。

(写真をクリックしていただくと、拡大画像がご覧いただけます。)
目が覚めたら6時45分だった。キャンプでそんな時間まで寝ていたことは一度もない。絶対5時台には目が覚めてしまうと思ってたのに、だんだんテントの中でも熟睡できるようになってきた。

今朝の朝食はトーストと、エンドウ豆とハムが入ったシチュー。


午前10時にフェアリーのホリデイパークを出発。ここの無料無線LANは本当に快適だったのでかなり後ろ髪を引かれた(笑)。今日目指すのは標高700m以上の場所にある有名なレイク・テカポ。テカポ湖が綺麗だったら連泊するつもりでスタートした。


スタートしてすぐの頃から、時々とんでもない目に遭うようになった。カラスによく似た形の、白と黒のツートンカラーのマッグパイという鳥(チヒロに名前を教えてもらった。カササギの一種らしい)が、走行中に何度も何度も僕のヘルメットにアタックしてきやがったのだ! 光る物が大好きだそうだからヘルメットが光って見えたのだろう。最初は耳元をかすめる程度だったが(それでもかなり恐い)、徐々にエスカレートしてきて何度もタックルをかましてきた(通算20回はぶつかってきたと思う)。北海道のカラスにおにぎりを奪われたことはあるけど、あいつらは単に生きることに貪欲なだけだった。マッグパイみたいに純粋に人に嫌がらせを仕掛けてくる鳥がいるなんて…。30mくらい先から大きな鳥が自分の顔を目がけて真っしぐらに突っ込んでくる恐怖は、ヒッチコックの「鳥」をDVDで見るより数十倍恐い。日本に帰ったらこれも良い思い出になるかもしれないが、今は一刻も早くマッグパイに絶滅してほしい。

クライストチャーチを出発した日以外はずっと天気が曇りで、この日も朝の空模様はどんよりした感じだったが(ただし日本だったら確実に降ってきそうに見える空模様でも、こっちはなかなか降ってこない)、時間が経つにつれて、だんだん晴れてきた。テカポ湖はやはり青空の下で見たい。どうしても晴れてほしいなと思っていたのでうれしかった。



バークス峠の手前にあるこの標識を見た時は
かなり怯み、とりあえずしばらく休憩した(笑)。



そして13時11分、標高702mのバークス峠を通過。晴れてたけど風が強くてやっぱり寒かった。


ニュージーランドはやはり絶景のオンパレードだった!


そして14時過ぎ、ついにレイク・テカポが見えてきた! 沖縄の海と同じような色をしていた。


本当に美しい! 完璧な天気にも感謝!



これからテカポ湖畔をマウンテンバイキングするんだと言っていた、ニュージーランド人の4人家族。こういう家族の姿がこの国では全然珍しくないのだ。


テカポ湖畔の少し高台になった場所にある小さな教会と、この教会の管理人さん。「この湖は信じられないくらい美しいですね」と僕が言ったら、「ありがとう」と言われた。


テカポで2連泊しようと思って来たが、一週間毎日ぼーっと見てても飽きないんじゃないかと思うくらい、この湖は美しい。僕は琵琶湖の近く、それも湖北で生まれ育ったのでそんじょそこらの湖を見ても「ふーん」 としか思わないが、ここは違う。本当に溜め息が出るばかりの美しさだ。


観光案内所のi-SITEでホリデイパークの場所を教えてもらった。無料で無線LANが使える場所はないかと尋ねたら、笑顔で「Nothing is free.」と言われたけど、フェアリーのホリデイパークは無線LANが無料だったぞ。だからあそこはニュージーランドでトップ10のホリデイパークに選ばれたんじゃないかと思った。


テカポ・ホリデイパークのテントサイトは15NZドル。もっとテカポ湖のすぐそばかと期待したけど、ちょっと離れてた。無線LANは3時間で13NZドル。ここもiPhoneからクレジットカード番号を入力して会員登録しなければいけなかったが、今回はうまく成功した。たった3時間でも、こんなところまで来てYouTubeを見るわけでなし、自分がツイッターやブログを更新する時以外はこまめにログオフしていれば、かなり長く持たせることができる。



近くのスーパーに買い出しに行って、テカポ湖畔でビールとサンドイッチで晩ごはん。こんなに明るくてももう19時過ぎなのだ!


夕食を食べてたら目の前にこんなかわいいお客さんが…。


キッチンにはヨーロッパからの観光客が多かったように思う。たぶん今夜、このホリデイパークに泊まってる日本人は僕一人。昨日も一昨日も先おとといも日本人は僕一人で、チヒロの家を出発して以来、まったく日本語をしゃべっていない(笑)。まあこうして日本語の文章を毎日たくさん書いてるので日本語が恋しいとまでは思わないけど…(恋しくなったらチヒロの家に電話してるだろう。国内通話は安いのだから)。

ヨーロッパ人は知らない人とはあまりしゃべらないのか、キッチンに人がたくさんいても静かなもんだった。


テカポ湖に着いた時にはかなり暑かったが(チヒロによればニュージーランドの紫外線は最盛期で日本の7倍とか。確かに強烈な日差しで沖縄を思い出した)、夜になるとまたぐっと冷え込んできて、寒すぎてまたシャワーを浴びる気にならず、ツイッターに写真をアップして、23時過ぎに寝袋にすっぽりくるまって寝た。

テカポ湖畔で味わうビールとサンドイッチは格別だった。
テカポ湖を眺めながら飲むビール

コメント

美しい…

カナダのレイクルイーズもテカポ湖と同じ色をしていましたね。まさに美しいのひと言…。

今はまだ時期が早いかもしれませんが、ルピナスという藤の花の一種が、黄色や紫やピンクの色が混じってとてもきれいに咲くでしょう。

テカポ湖のユースもきれいで快適なところでしたので、ぜひお庭でキャンプをしてみて下さい。

>湖北で生まれ育ったのでそんじょそこらの湖を見ても「ふーん」 としか思わないが、ここは違う

このくだりと画像を見て、逆に、冠雪した山を背にした冬の琵琶湖を思い出しました。大きな湖をわたる、あの冷たい風が良いです。

サンドイッチと一緒に昨日の夜飲んだビール”VB"はオーストラリアのビールなので、今晩はNZのビールにしてくださ~い。(笑)
そうですね、Kay先輩のおっしゃる通り、「ルピナス」がもうすぐ咲き始めますね。

湖の色

テカポの湖の色は、今でもそれなりに美しいですが、10年以上前までは、もっとミルキー・ブルーでした。
おそらく温暖化の影響で、氷河の溶け出す量も関係しているのかもしれません。
逆に、プカキ湖は、以前、もっと透明なエメラルド・グリーンでしたが、最近はミルキー・グリーンですね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 




文字サイズの変更

カレンダー

プロフィール

天五

Author:天五
プロフィール写真
1967年滋賀県長浜市生まれ。05年11月、38歳で健康のためにクロスバイクを買ってサイクリングを始めるや自転車の魅力にのめりこみ、06年3月にはロードバイク、07年5月にはマウンテンバイクも購入。「速くなくてもいい、ただ遠くへ行きたい」をモットーに、ツーリングやポタリングを楽しむ日々を送っている。高校卒業後、1986年4月~2011年5月に渡る24年2カ月の大阪生活を終え、6月1日より長浜市民に戻ったばかり。

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー


ブログ内検索

Twitter


twitter / tenjinbashi5

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

CYCLE TOURING MOVIE

クリック後、再生が開始されるまで数十秒かかる場合があります。

御年76歳の我らがアイドル・鉄人児玉さんと行く
紀伊半島大縦断210kmツーリング



2009年自転車ツーリング写真集


eyeVio公式チャンネル
CYCLE TOURING MOVIE

リンク

RSSリンク

QRコード

QR

僕の愛用品(楽天市場へ)

いずれも僕のツーリングには
欠かせない「道具」です。

モンベルの輪行袋
詳しくはこちらの記事をどうぞ


フェニックスの超強力ライト
詳しくはこちらの記事をどうぞ


オルトリーブのサドルバッグL


モンベルのフロントバッグ


トピークのトライバッグ


トピークのハンディEパック


シマノのSPDサンダル
詳しくはこちらの記事をどうぞ


iPhoneの充電に最適

メールフォーム

※「コメント」で差し支えのない内容の場合は、それが当該記事の内容と直接関係なくてもまったく構いませんので、「コメント」でお願いします。他の読者の方に知られたくない情報が含まれる場合のみ、どうぞメールでお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

広告









ランス・アームストロング
「ただマイヨ・ジョーヌのためでなく」


Excite自動翻訳

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。