TOP画面 ただ自転車通勤のためでなく ニュージーランド長期ツーリング<8日目 レイク・テカポでのんびり編>

ただ自転車通勤のためでなく 

速くなくてもいい、ただ遠くへ行きたい! 自転車ツーリングをこよなく愛する男のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュージーランド長期ツーリング<8日目 レイク・テカポでのんびり編>

善き羊飼いの教会
テカポ湖畔にある小さな教会「善き羊飼いの教会」

(写真をクリックしていただくと、拡大画像をご覧いただけます。)
6時40分頃に目が覚めた。今日は移動はしない。最初からテカポ湖畔で2連泊するつもりだった(本当は一週間いてもいいくらい)。痛みの出ている左膝にも休息を与えなくてはいけない。

テントを出ると天気は今日も快晴で、朝陽を浴びるテカポ湖がまた美しかった。昨日は沖縄の浅瀬の海みたいな色だったので、近くにいたオーストラリア人に「あなた方はこういう色を何と呼んでるんですか? ただの "blue" ですか?」と尋ねたのだが、その答えが何と言ったのか聞き取れなかった。「地球の歩き方」には「ターコイズブルー」とあるので、「ターコイズ」が聞き取れなかったんだろうか。僕はスペルを知らない単語は全然聞き取れないんだよね(笑)。

そうそう、昨夜はビールを飲みすぎて夜中の2時頃にトイレに行くことになったのだが、「地球の歩き方」によればテカポ湖周辺はニュージーランドで最も星が綺麗に見える場所らしく、実際僕の今までの人生で最も綺麗な星空を見ることができた。めちゃくちゃ寒かったけど、ビールの飲み過ぎもたまには悪くない(笑)。

今朝のテカポ湖。本当に見ていて飽きない。



4夜連続テントで寝るなんて人生初のことだが、正直言って僕は別にキャンプが好きでキャンプツーリングをしているわけではなく、安い費用で長く旅をするためにキャンプしている。ただそれでもニュージーランドのキャンプ場は本当に素晴らしいと思う。こちらはまだ春だから夏はどうか知らないけど、なんと蚊に刺されないのだ。キャンプ場で蚊に刺されないなんて日本ではちょっと考えられない気がする。また今朝は少し朝露でテントのフライシートが濡れていたけど、昨日の朝も一昨日の朝もまったくフライシートが濡れていなかったので、乾かす必要がなかった。やっぱりこれも日本との湿度の違いなのかな?

テントを出て周りを見渡すと、ウサギが何羽か(ウサギは1羽、2羽って数えるんだよね?)目に入った。残念ながらウサギは写真を撮るのがかなり難しいのだが、昨日の山越えコースから頻繁にウサギを見るようになった。茶色くてあまり大きくもなく、ものすごくかわいい。日本で野生のウサギを見ることはまずないので(少なくとも僕は経験がない)、うれしくなってしまう。

朝食はキッチンの中で、昨日の朝フェアリーの町で買ったパンにガーリックバターを塗って食べた。ニュージーランドはパンが美味しい。チヒロが日本で買ってきた鶏がらスープもまた美味しかった。


テカポ2泊目は湖畔のバックパッカーズ・ホステルに泊まるつもりだったが、いつものように日記を書いてブログを更新してたらチェックアウトの10時を過ぎてしまったのと、なにより僕は撤収作業が大嫌いなので、宿に移動するのが面倒くさくて、そのままこのホリデイパークに連泊することにした。

僕が泊まるつもりだったバックパッカーズホステル。
1泊25NZドルで、ヨーロッパ人が多そうだった。



アンドリュー君から言われたのは、「ホステルの方がキャンプ場よりよっぽど盗難の心配があるから、本当に気をつけないといけないよ」ということ。確かにホリデイパークのキャンプ場なら財布とパスポートとiPhone以外のすべての荷物をテントの中に置いたまま出かけても盗まれそうな気がまったくしない。

ブログの更新と何度かのツイッター更新と、恒例の失し物探し(昨夜から見当たらなかったiPod Classicがエアマットの下から出てきた)以外はほとんど何もしないまま、あっという間に昼になってしまった。

テカポ湖畔には「Kohan Restaurant」という日本食レストランがあって、チヒロによれば美味しいらしい。ニュージーランド人に美味しい日本料理店と言われても信用できないけど、チヒロの言うことなら信用できる。うーん、日本料理かぁ…食べたいけどまだ来たばっかりだからなぁ…(笑)。

どこで昼メシを食べようかと考えながら、草履を履いて自転車を押してテカポ湖の水際まで来て水の中に入ってみた。冷たい。でも今日は雲ひとつない天気で暑く、こっちに来てから初めて夏用のジャージを着ていた(前日はテカポに着くまで冬用アンダーに裏起毛の秋冬用ジャージ、さらにモンベルのウルトラライトウィンドブレーカーを着ていた。)。日によって気温がまったく違うし、昼と夜の差も激しい。


今日はもうこのベンチで一日中ぼーっとしててもいいかなぁと思ったんだけど、暑くて日差しも強烈だった。日本みたいに屋根付きの東屋があればいいのに…。


こんな岩場に自転車を持っていって写真を撮ってるのはもちろん僕一人だ。
日本の7倍と言われる紫外線をものともせず寝てる人もいるけれど。



昼食は外食にすることにして、メインストリートのレストランが並んでる辺りにあったバイクスタンドに駐輪した。スポーツ自転車以外はあまり見ないこの国では自転車本体にはスタンドが付いていないのが基本なので、日本の自転車置場のようにただそこに駐輪スペースがあるというわけではない。


ニュージーランドに来てからよく思うのは、ママチャリのない町というのは本当におしゃれだなということだ(笑)。日本の町の多くはママチャリによって大いに景観を損なわれている。チヒロの友達のカンタベリー大学日本語教授・レイチェルさん(イギリス人)もママチャリが大嫌いだと言っていた。あんなみっともない自転車はないと。僕は「でも15分以内なら確かにママチャリが一番便利なんですよ」と、いちおう多くのニッポン人のために弁護しておいたけど…(笑)。

チヒロのお勧めの日本料理店にしようかかなり迷ったけど、けっきょくテカポ湖がバッチリ見えるカフェレストランでランチメニューの「シーフードチャウダー」を食べることにしたら、14.5NZドルもするわりには量が少なくて不満だった。コーヒーも頼んだら18NZドル以上になり、宿泊費+シャワー代を超えてしまった(笑)。


ニュージーランドの町の至るところに「B&B」と書いた看板があるが、これは島田洋七・洋八コンビのことではなく、「ベッド&ブレックファスト」の略で、朝食付きで客室を提供している宿のことだ。日本で言えば民宿みたいなものだろうか。でも料金は総じて日本の民宿より高いので、僕はちょっと長旅では泊まれないなぁ…。


昨日、管理人さんと会った「善き羊飼いの教会」を再訪問した。チヒロからのメールによると、テカポ湖周辺のマッケンジー地方は、かつて「マタガウリ」という名の、ほとんど釘のような強い刺を持った植物で覆われていたそうで、そんな所を牧場として開拓していった人々の功績を讃えて作られたのが、この「善き羊飼いの教会」だそうだ。



夕方の4時半になったところで早くも夕食にすることにした。今日もテカポ湖の絶景を肴に飲むビールが美味い! 一番安いビールだけどね(といっても375mlで3.5NZドル)。ビタミン摂取はサラダとリンゴから。サラダは特大サイズで6NZドル弱(大阪のスーパー玉出と同じくらいか)で、ドレッシング付き。昨日もこのサラダを食べた。



フルーツも安い。パンも安い。でも全体的には日本より物価の高い国だと思った方がいいと思う。単3電池4本が10NZドル以上するなんて一体どうなってるんだろう? なのでチヒロの同僚達は日本に来るたびによく電池を買い貯めして帰るんだとか。そりゃそうでしょうよ。日本製の電池が全然売ってないので日本から輸出すれば飛ぶように売れそうに思うけど、ニュージーランド国内の電池産業を守る法律でもあるのかな? 僕は今回、充電器がけっこう重たいのでエネループを持ってこなかったのだが、今はそれをかなり悔やんでいる。


早い夕食の後は2ドル払ってシャワーを浴びた。日没後は一気に寒くなってシャワーを浴びる気がしなくなるので、太陽が高いうちに浴びておきたかった。

ちなみに明日のコースはこんな感じである。


明日はアンドリュー君お勧めの、至れり尽くせりの設備が整ったホリデイパークなんかとは全然違う、プカキ湖畔にある本物のキャンパー向けのキャンプ場に泊まるつもりだ。場所がちょっとわかりにくいらしいんだが、いちおうチヒロがアンドリュー君の詳しい説明を日本語に訳してメールで送ってくれてるので大丈夫とは思うけど…。なんでもそのキャンプ場には簡易トイレしかないんだとか。正直言ってコンセント命の僕は充電し放題のホリデイパークのファンなんだけどな…(笑)。

アンドリュー君からのお勧めメール。
「If you want to stay near Lake Pukaki there is a beautiful campsite (very small, not a holiday park) right on the lakeside looking up to Mount Cook, it may be one of the most beautiful places in the country. Try to find it and stay there!
もしレイク・プカキの近くに泊まるのなら、湖のすぐそばにマウント・クックを一望できる美しいキャンプ場(ホリデイパークと違ってとても小さい)があるよ。この国で最も美しい場所の一つかもしれない。ぜひ見つけて泊まってみて!」

そこまで言うなら泊まってみるよ、アンドリュー君。Wi-Fiもコンセントもないだろうけど…。

というわけで皆さん、明日は音信不通になると思いますので、出発後はツイッターもブログも更新できないと思います。

この岩場はかなり歩きにくかった(笑)
レイク・テカポ

コメント

美しい

日本離れした景色に感動しています。
(あ、離れているか…(^_^;))

これだけ綺麗な景色の所だと
時間がたつのも忘れて見とれてしまいそうですね。天気も良さそうで何よりです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 




文字サイズの変更

カレンダー

プロフィール

天五

Author:天五
プロフィール写真
1967年滋賀県長浜市生まれ。05年11月、38歳で健康のためにクロスバイクを買ってサイクリングを始めるや自転車の魅力にのめりこみ、06年3月にはロードバイク、07年5月にはマウンテンバイクも購入。「速くなくてもいい、ただ遠くへ行きたい」をモットーに、ツーリングやポタリングを楽しむ日々を送っている。高校卒業後、1986年4月~2011年5月に渡る24年2カ月の大阪生活を終え、6月1日より長浜市民に戻ったばかり。

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー


ブログ内検索

Twitter


twitter / tenjinbashi5

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

CYCLE TOURING MOVIE

クリック後、再生が開始されるまで数十秒かかる場合があります。

御年76歳の我らがアイドル・鉄人児玉さんと行く
紀伊半島大縦断210kmツーリング



2009年自転車ツーリング写真集


eyeVio公式チャンネル
CYCLE TOURING MOVIE

リンク

RSSリンク

QRコード

QR

僕の愛用品(楽天市場へ)

いずれも僕のツーリングには
欠かせない「道具」です。

モンベルの輪行袋
詳しくはこちらの記事をどうぞ


フェニックスの超強力ライト
詳しくはこちらの記事をどうぞ


オルトリーブのサドルバッグL


モンベルのフロントバッグ


トピークのトライバッグ


トピークのハンディEパック


シマノのSPDサンダル
詳しくはこちらの記事をどうぞ


iPhoneの充電に最適

メールフォーム

※「コメント」で差し支えのない内容の場合は、それが当該記事の内容と直接関係なくてもまったく構いませんので、「コメント」でお願いします。他の読者の方に知られたくない情報が含まれる場合のみ、どうぞメールでお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

広告









ランス・アームストロング
「ただマイヨ・ジョーヌのためでなく」


Excite自動翻訳

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。