TOP画面 ただ自転車通勤のためでなく ニュージーランド長期ツーリング<9日目 レイク・テカポ~レイク・プカキ編>

ただ自転車通勤のためでなく 

速くなくてもいい、ただ遠くへ行きたい! 自転車ツーリングをこよなく愛する男のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュージーランド長期ツーリング<9日目 レイク・テカポ~レイク・プカキ編>

レイク・プカキとその向こうに見えるマウント・クック
レイク・プカキとその向こうにくっきり見えるマウント・クック

(写真をクリックしていただくと、拡大画像をご覧いただけます。)
5時25分にトイレがしたくて目が覚めた。テントのファスナーを開けると中からテカポ湖と三日月が見えた(木と車が邪魔だけど)。今朝はフライシートがけっこう濡れていた。


今日のコースの標高図が「サイクリストによるサイクリストのための」ガイド本、PEDALLER'S PARADISEに載っているので、iPhoneで写真を撮っておいた。添付の標高図のEからFまでの約50kmが今日の予定コースだ。「たった50kmかよ」と思う人もいるだろうが、走行距離は体力的な問題よりも今夜どこに泊りたいか、明日はどこに行きたいかによって決まる。それにニュージーランドは町と町の間の数十キロには牧場くらいしかない。北海道も場所によってはそうだけど、北海道よりニュージーランドの方がはるかに田舎だ。毎日体力が尽きる場所まで走って野宿すれば距離は稼げるけど(野宿できる場所もいくらでもあるけど)、僕にはちょっと無理だ。


朝ごはんはチヒロがくれたインスタントラーメンと味噌汁。 ラーメンにはチヒロがおツマミとしてくれた塩えんどう豆もビタミン摂取のためにぶち込んだ。やっぱり日本のものは美味しいとしみじみ思うが、チヒロにもらった日本製の食材で残っているのは、これでインスタントラーメンと味噌汁があと1食分ずつになってしまった…。




キッチンで紅茶を飲みながら北島のオークランドから旅行で来ているおばさんと話したら、そのおばさんいわく、北島で最も有名な湖であるレイク・タウポよりも、ここレイク・テカポの方が断然綺麗だと言っていた。ニュージーランドに来る前はタウポ湖の方が楽しみにしてたんだけど…。

朝日を浴びながら撤収作業中。


8時55分、出発準備完了。出発前にトイレの前に立ってたら僕がいつもヘルメットの下にかぶってるツール・ド・フランスのスカルキャップを見て、イケメンの若いフランス人が「Oh, Tour de France!」と話しかけてきた。フランス人の方から話しかけてきたのはここに来てから初めてのことだった。2006年からずっと使ってるキャップだが、こういうものでもけっこうコミュニケーションの役に立つ。僕のモンベルのソロテントも欧米人になかなか好評で、「ナイス・テント」とか、「ビューティフル・テント」などとよく言われた。あなた達には狭すぎると思うけどね(笑)。


出発前にもう一度レイク・テカポの写真を撮った。本当に美しい湖だ。さようなら、テカポ湖。「また来るよ」とは簡単に言えないけど、これから女の子を口説く時は「君はテカポ湖のように美しい」と言うことにするよ。通じないだろうけど…(笑) 。


レイク・テカポを出発後、景色はこれまでの牧草地からアメリカの西部劇に出てくるような荒野に変わった。あ、サボテンは生えてなかったですけどね(笑)。



途中、テカポ湖と同じ色をしている川がある!と思ったら、チヒロからのメールによれば用水路だった。チヒロの友達のスティーブさんの話では、この用水路沿いに鮭の養殖所があって、先日そこの網が破れて鮭が大量に逃げ、釣り人が続出したんだとか。ちなみにニュージーランドの川で釣りをするにはライセンスがいるらしい。


「飲酒運転すると死ぬぞ」という意味だろう。


荒野がなくなり、再び両側に牧草地と木が見えるようになったところで、今日もまたサイクリストの天敵、マッグパイ(2日前の日記参照)に2回襲われた。前回は奴らが僕の頭を狙っていると思っていたが、その後チヒロからのメールでヘルメットそのものを狙っていることがわかったので(光るものが大好きだからとか)、この国の法律違反にはなるがマッグパイを見かけたら即座にヘルメットを脱いで、ハンドルにぶら下げながら走った。こうすれば奴らは襲ってこない。前回は「ヘルメットのおかげで助かった! 無かったら頭に爪や嘴を突き立てられていた!」と大きな勘違いをしていたものだ(笑)。


休憩の度にまたこの「One Square Meal」のお世話になった。
これ、日本でも売ってくれないかな。すごく助かるんだけど。



こんな風景の中を一人で旅するサイクリストの写真を見ては憧れてたけど、別に難しいことでもなんでもなかった。ただやるかやらないかだけだ(笑)


そして午後1時過ぎ、ついにレイク・プカキが見えてきた。マウント・クックが一望でき、はっきり言ってレイク・テカポより絶景だった。天気も前日に続いて完璧で、マウント・クックがこんなに綺麗に見えるのは、かつてツアーガイドとして何百回も来たことのあるチヒロに言わせると、そう多くはないらしい。




レイク・プカキのビジターセンターでアンドリュー君お勧めのキャンプ場の場所を確認し、暑かったのでついでにアイスクリームを買ってマウント・クックを眺めながら食べた。残念ながらガリガリ君は売ってなかったけど、このアイスクリームはかなり美味しかった。


せっかく早い時間にプカキ湖に着いたのだが、愚かにも十分な食料を持っておらず(プカキにi-SITEがあることをチヒロ達から聞いていたので、店くらいあるだろうと思ってたら全然なかった)、仕方なく10km先のトゥワイズルまで買い出しのために往復することになってしまった。往路は緩やかな下りと追い風であっという間だったが、帰路のきつかったこと! 途端に左膝がまた痛み出してきた。



やっとこさプカキ湖に戻ってきて、アンドリュー君お勧めの無料のキャンプ場にやって来た。ロケーションは確かに完璧だった。しかも無料だった。だって管理する人が誰もいないんだもの…(笑)。



ニュージーランドのキャンプ場といえばどこもフカフカの芝生というイメージを持っていたのだが(なにせそこらじゅう芝生だらけの国なもんで…)、ここはただの痩せた土地だった。いちおう簡易トイレ(いわゆる「ぼっとん便所」)と、そのまま飲んではいけない水が出る水道はあった。ここでウンコをするのが嫌なら1.3kmほど離れたビジターセンターのトイレまで行くしかない。


とにかく今夜はここで泊まるんだと腹をくくり、テントの前で日本から持ってきたストーブをニュージーランドで初めて使ってソーセージを炒め、白ワインと一緒に夕食。他に3日連続となる特大サラダも食べた。



アンドリュー君がここに泊まったのは10年前だというし、もしかしたら今はもうここでキャンプしちゃいけないんじゃないかという気がしていたら、僕がテントを張ってるのを見たオランダ人夫婦もキャンピングカーで泊りにきた。その後、他にも2組が来た。


オランダ人のグリーチェさん夫妻は2週間前からニュージーランドに来てるそうで、いつ帰るのか聞いたら3週間以内にと言っていた。旦那さんの方は顔も声もジャン・レノによく似ていた。奥さんは写真が趣味で一眼レフでたくさん撮っていた。 お二人は今度大阪にも4日間行くらしく、「大阪の人が皆あなたみたいに英語が話せるといいんだけど、ほとんどの人が話せないと聞いてるので苦労するだろうな」と言われたけど、そんなそんな、僕の英語力なんて、オランダ人のあなた方の3分の1もいかないですよ。


グリーチェさんの奥さんが撮ってくれた僕の写真。


テントを開けると美しいプカキ湖の向こうにマウント・クックがバッチリ見える絶好の場所で寝るのは、確かに一生の思い出になるだろう。日が暮れると毎度のごとく一気に気温が下がって寒くなり(今日の昼間は前日に続いて本当に暑かった)、空を見上げると、今夜もありえないほど星が綺麗で、寒いのを我慢してしばらく星を見ながらiPodでエンヤを聴いてみたら、彼女の幻想的な音楽が星空に実にマッチして(歌詞はまったく知らないけど)、本当に最高だった。 その後、今夜も寝袋にすっぽりくるまり、23時頃に寝た。


キャンプ6日目にして初めて自前のストーブを使った。
NZで初めて自分のストーブを使った。

コメント

NZ vs Canada

自分はNZに行く前にカナダも訪ねていたのですが、カナディアンロッキーもNZに劣らず美しい湖や氷河がたくさんあります。

カナダを見たらNZも、NZを見たらぜひカナダもセットで…。

ただ、大陸なのでNZとはまた気候が異なりますけど…。

それに大平原があるので、景色の全く変わらぬ風景が何日も続くので退屈すること間違いなしですね。

とんだ勘違い

天五さんのこのテント前の写真を知人に見せて今ニュージーランドに居るんだよ~って話したら・・・・・「え?角田!知り合いなの?」って・・・うーん、確かにポーズがwwww

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 




文字サイズの変更

カレンダー

プロフィール

天五

Author:天五
プロフィール写真
1967年滋賀県長浜市生まれ。05年11月、38歳で健康のためにクロスバイクを買ってサイクリングを始めるや自転車の魅力にのめりこみ、06年3月にはロードバイク、07年5月にはマウンテンバイクも購入。「速くなくてもいい、ただ遠くへ行きたい」をモットーに、ツーリングやポタリングを楽しむ日々を送っている。高校卒業後、1986年4月~2011年5月に渡る24年2カ月の大阪生活を終え、6月1日より長浜市民に戻ったばかり。

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー


ブログ内検索

Twitter


twitter / tenjinbashi5

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

CYCLE TOURING MOVIE

クリック後、再生が開始されるまで数十秒かかる場合があります。

御年76歳の我らがアイドル・鉄人児玉さんと行く
紀伊半島大縦断210kmツーリング



2009年自転車ツーリング写真集


eyeVio公式チャンネル
CYCLE TOURING MOVIE

リンク

RSSリンク

QRコード

QR

僕の愛用品(楽天市場へ)

いずれも僕のツーリングには
欠かせない「道具」です。

モンベルの輪行袋
詳しくはこちらの記事をどうぞ


フェニックスの超強力ライト
詳しくはこちらの記事をどうぞ


オルトリーブのサドルバッグL


モンベルのフロントバッグ


トピークのトライバッグ


トピークのハンディEパック


シマノのSPDサンダル
詳しくはこちらの記事をどうぞ


iPhoneの充電に最適

メールフォーム

※「コメント」で差し支えのない内容の場合は、それが当該記事の内容と直接関係なくてもまったく構いませんので、「コメント」でお願いします。他の読者の方に知られたくない情報が含まれる場合のみ、どうぞメールでお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

広告









ランス・アームストロング
「ただマイヨ・ジョーヌのためでなく」


Excite自動翻訳

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。