TOP画面 ただ自転車通勤のためでなく ニュージーランド長期ツーリング<12日目 マウント・クック・ビレッジでのんびり編>

ただ自転車通勤のためでなく 

速くなくてもいい、ただ遠くへ行きたい! 自転車ツーリングをこよなく愛する男のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュージーランド長期ツーリング<12日目 マウント・クック・ビレッジでのんびり編>

YHAマウント・クック
居心地が良くて3泊もしたYHAマウント・クック

(写真をクリックしていただくと、拡大画像をご覧いただけます。)
5時40分頃に目が覚めた。朝食はマウント・クックに来る前にトゥワイゼルの町で買った韓国のインスタントラーメン。美味しかった。日本のラーメンはあまり売ってないけど韓国のラーメンはけっこう売っているので、これからもお世話になることにしよう。それにしてもインスタントラーメンって日清食品が世界で初めて発明したんじゃないの? それが全然こっちでは売ってないんだけど…。


ユースホステルのキッチンでは料理に必要な道具や食器がなんでも無料で借りられるが、残念ながら丼だけは置いていない(笑)。



今夜もこのユースホステルに泊まることにした。6夜連続テント泊の後でこんなに居心地の良い宿に泊まってしまったら(それも19NZDで)、なかなか動けなくなってしまう。今日も天気が悪いし、昨日は雨の中をあんなに歩いて辛かったし…。

10時前、2晩同室だったマサさんとユリさんがクイーンズタウンに向けて出発するのを見送った。おっとりしてるけどすごく爽やかな好青年のマサ君と、かわいくて明るくて元気な二十歳のユリちゃん。二人と一緒の部屋でとても楽しかった。今月下旬までニュージーランドにいると言ってたので、もしかしたらまたどこかのユースホステルで会えるかもしれない。楽しみにしておこう。



マサ君とユリちゃんがいなくなり、部屋には僕一人となった。明日は僕も出発し、80kmくらい南のオマラマまで行こう。ここに来る時には徹底的にいじめぬかれた、マウント・クックから吹きおりて来る強い北風が、明日は僕の背中を強く押してくれるはずだ。そうあってほしい。

ところで、昨夜からずっと疑問に思っていたことがあった。なぜここのマネジャーのジェイソンさんは僕を見てサイクリストだとわかったのか?(前日の日記参照) 彼は僕が着いた日はいなかったし、昨夜会った時も僕は自転車乗りだとすぐにわかるような格好をしていなかったのに、「あんた、自転車で来たのか?」と僕に尋ねてきた。それで午前中、トイレ掃除をしていた彼に「なぜ昨夜、僕がサイクリストだとわかったの?」と直接聞いてみたところ、彼も「そう言われればそうだな…」という感じで少し考えてから、こう答えた。「僕もサイクリストだからだ。目を見ればわかるんだよ」。彼もニュージーランド中を自転車で旅したことがあるサイクリストで、僕に同じ匂いを感じてくれたのだ。本当にうれしかった。

12時にユースホステルを出て、近くの「ボーウェン・ブッシュ・ウォーク」に入ってみたが、植物にも疎いし、日本の山道とたいして変わらなかったのでつまらなかった。



その後、ビジターセンターにも入ってみた。 すごく立派な建物と施設だったが、こういうのは日本の観光地も外国の観光地もあんまり変わらないなと思った。



古い山岳道具やスキー板などが展示されていた。



ビジターセンターの後、高級ホテルのザ・ハーミテージ・ホテルに行った。中の売店で食べ物が買えると聞いていたからだ。ホテルの前にはエベレストに初登頂したニュージーランドの英雄、エドモンド・ヒラリー卿の銅像があり、いちおう写真に収めた。ヒラリー卿はニュージーランドの5ドル紙幣に印刷されている人だそうだが、クレジットカードばかり使ってるので5ドル紙幣がいま手元になく、まだ確認できていない。


ハーミテージ・ホテル1階の売店で食パンや缶詰め、ニュージーランド製のインスタントラーメンなどをゲットした。高い高いと聞いていたけど、僕が買ったものに関してはスーパーとそんなに変わらない値段だったような気がする。


食パンがこの枚数でしか買えないというのは、自転車一人旅にとってはなかなか辛いものがある。どうしたって余るのでリアキャリアの上に積んで走ることになる。


ニュージーランドに来た日から店で見て気になっていた、こちらのインスタントヌードルを今日買ってみた。「2 minute noodle」シリーズとして何種類か出ている。日本や韓国のインスタントラーメンよりも袋がひと回り小さい。


その後、高くてもいいからどうしてもまともな物が食べたくなり、2階のレストランでテイカウェイ(こちらでは「テイクアウト」とは言わない)のサンドイッチとサラダを買ってランチにしたが、そうむちゃくちゃ高いわけでもないと言うか、まあ空港とかフェリーとかと同じくらいだなと感じた。




このレストランにはカフェバーも併設されていて酒が飲めるのだが、酒の持ち帰りもできると聞いていたので、昨日も一昨日も飲めなかったビールを3本ゲットして宿に持って帰ることにした。19.80NZDもするけど、しょうがない。僕はどうしてもビールが飲みたかったのだ。もちろん3本ともニュージーランドビールだった。


ハーミテージ・ホテルで、一昨日グレンタナーのビジターセンターで会った日本人の新婚旅行のカップル、Tさん夫妻に再会した。一昨日のヘリコプターツアー(マウント・クックの上にも降りられる)は天気が最高だったのでやはり素晴らしかったとか。ブログのアドレスを聞かれたのでお教えした。日本に帰ったらコメントしてくれるそうだ(旅先からはコメントへの返事を失礼させていただいてますが、ちゃんと全部読んでます)。また、今日はグレンタナーのビジターセンターで働く日本人スタッフの人(色々質問させてもらった)もツイッターで偶然僕を見つけてくれて、コメントしてくれた。

ハーミテージを出たらひどい雨で、レインスーツは着ていたけど、また今日も濡れながらユースホステルに帰ってきた。

日本の観光地もそうだけど、ニュージーランドでも中国人観光客はものすごく多い。今日もこのユースホステルに中国人の若者の集団がやってきた。何の団体か知らないけど中国全土から集まってるという。夕食が超豪華で(もちろん自炊)、ビールもワインもたくさん持ち込んで盛り上がっていて、他の国の旅行者はやや肩身が狭かった。

その中国人団体のガイドをしていたのが、ニュージーランドのユースホステル協会の重鎮かもしれない「Deputy Chair」という肩書を持つ、北島在住のハリーさん。僕に「ニーハオ!」と話しかけてきたので、僕は日本人で、自転車でニュージーランドを周ってるんだと言うと、「You're a real man, a real traveller.」と言われた。ちょっとうれしかった。

夕食はフルーツの缶詰めとトースト(笑)。昼にたくさん食べたのであまり腹が減ってない。2枚目の写真はユースの受付で売っているジャム(40セント)とインスタントコーヒー(50セント)


今夜、僕の他に日本人宿泊者がもう一人いるのがわかり、食堂で30分くらい話をした。50代半ばと思われる名古屋の女性で、今月の26日まで一人旅でユースホステルを泊まり歩くとのこと。英語はそんなに上手くないけど、ヒアリングは僕より得意だった。僕が昨夜まで日本人と2晩同室だったので、今日も日本人が来たらてっきり僕と同じ部屋にするのかと思っていたが、その女性は別の部屋で、ドイツ人と一緒とのことだった。一方、僕の部屋は今夜は僕の貸切みたいで、これは男性の一人旅が今日は僕一人だからではないかと思われる。男女を1対1にしないというルールがきっとあるんだろうな。だから昨日はカップルと僕の3人だったんだ。

その名古屋の女性は昨夜はレイク・テカポのユースホステルに泊まったそうだが、ここと全然違ってかなり汚かったんだそうだ。「ちゃんと掃除してなくて窓にはホコリがすごくたまってるし、ベッドもちょっと臭かった」とおっしゃっていた。「天気さえ良ければテカポでは絶対テントの方がいいですよ」と言われた。僕はもうテカポには行かないけど、他のユースホステルがどこもここと同じくらい良いと思ったら大間違いなんだなと思った。

ニュージーランドのユースホステルならどこでも1泊24NZDで泊まれるという、お得な10枚綴りのチケットも見せてもらった。クライストチャーチのi-SITEで、僕もチヒロから紹介されたことのある日本人スタッフのカズエさんに勧められて買ったのだそうだ。


まあ僕は自転車旅行者割引でユースホステルに1泊19NZDで泊まれるので、そのチケットは必要ないわけだが、驚いたのは例のハリーさんが僕のことを中国人達に「He is a carbon neutral traveller.」と紹介したら、それだけで若い中国人達に意味が通じたことだった。日本がいまどれだけ自転車ブームだろうが、これがすぐわかるサイクリストはあまりいないんじゃないだろうか。

さて、今日はけっきょく買い物以外は何もしなかったが、明日は80kmくらい南のオマラマまで行くつもりだ。オマラマにユースホステルはなく、「オマラマTOP10ホリデイパーク」の料金を見ると、キャンプサイトでも30NZDとずいぶん高い。Wi-Fiが無料ならまだしもfreeとは書いてないし、 どうしようかなと思ってたらオマラマにバックパッカーズホステルがあるのがわかった。ドミトリー1泊18NZDと書いてあり、評価もわりと高い。明日はここに泊まろうかな…。

ニュージーランド中のバックパッカーズ・ホステル情報が網羅された冊子。クライストチャーチのi-SITEでカズエさんからもらった。


追記
ニュージーランドの物価と日本の物価を多岐にわたって細かく比較すればニュージーランドの方がやっぱり安いのかもしれないけど、旅行者の僕が日本より物価が高いと感じてしまう最大の理由は、日本だったら100円ショップで売っているものが、こっちでは軒並み3~4NZDくらいするからだ。あと、ビールは日本より少し安いけど、こっちでは発泡酒が売ってないので、日頃発泡酒で妥協している者にとってはビールがやはり高く感じてしまう。

それと、ニュージーランドのスーパーマーケットにウィスキーが全然売っていないのも困る。僕はいつもウィスキーを探すのだが、ビールとワインばっかりでウィスキーが売ってるのを見たことがない。自転車ツーリングに持ち運ぶ酒としてはビールもワインもはっきり言って向いてないので、僕は北海道長期ツーリングではいつもウィスキーか焼酎をアルミボトルに入れて自転車に積んでいたのだが…。それにニュージーランドの夜は寒いので、テントの前室でお湯を沸かして、ウィスキーのお湯割りが飲みたいのに…。

食パンはこの枚数でしか売ってないし、日本みたいな菓子パンは売ってないし…。
ニュージーランドの食パン

コメント

世界の

カップヌードルが置いてないんですね!?
あれは世界中に有るのかと思ってましたけど・・・
しかし、その食パンの量は要りませんね(;^_^
暑い日だと二日と持たないですな・・・

お酒のこと

 はじめまして、楽しく拝見させていただいています。僕も2003~2004年にNZを自転車で旅したので実に興味深く読んでいます。
お酒ですがビール、ワインはスーパーに売っていますがそれよりアルコール度数の高いハードリカーは専門店でないと売ってないはずです。リカーショップとかって名前だった様な?探してみてください。
 ちなみに南島最南端のインバカーギルではスーパーにビールやワインすら置いてなかったので気を付けてください(笑)

 ではよい旅を!

どうも!

マウントクックで何度かお会いしたTです。こちらは無事に帰りまして現実世界に戻されてますσ(^_^;)

元気に旅を続けてますか?また会社の帰り道にでもブログ読みますね!

ビジター・センター

ここは、2年ほど前に新しくなり、室内も倍ほどに大きくなりました。
(これも、日本人観光客のおかげ?)
同時期に、ヒラリー卿の銅像も、ハミテージのミュージアムができた時に、ホテル前の庭から引っ越しました。
ハミテージも、雪崩で2度ほど崩壊して、そのたびに大きくなったそうです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 




文字サイズの変更

カレンダー

プロフィール

天五

Author:天五
プロフィール写真
1967年滋賀県長浜市生まれ。05年11月、38歳で健康のためにクロスバイクを買ってサイクリングを始めるや自転車の魅力にのめりこみ、06年3月にはロードバイク、07年5月にはマウンテンバイクも購入。「速くなくてもいい、ただ遠くへ行きたい」をモットーに、ツーリングやポタリングを楽しむ日々を送っている。高校卒業後、1986年4月~2011年5月に渡る24年2カ月の大阪生活を終え、6月1日より長浜市民に戻ったばかり。

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー


ブログ内検索

Twitter


twitter / tenjinbashi5

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

CYCLE TOURING MOVIE

クリック後、再生が開始されるまで数十秒かかる場合があります。

御年76歳の我らがアイドル・鉄人児玉さんと行く
紀伊半島大縦断210kmツーリング



2009年自転車ツーリング写真集


eyeVio公式チャンネル
CYCLE TOURING MOVIE

リンク

RSSリンク

QRコード

QR

僕の愛用品(楽天市場へ)

いずれも僕のツーリングには
欠かせない「道具」です。

モンベルの輪行袋
詳しくはこちらの記事をどうぞ


フェニックスの超強力ライト
詳しくはこちらの記事をどうぞ


オルトリーブのサドルバッグL


モンベルのフロントバッグ


トピークのトライバッグ


トピークのハンディEパック


シマノのSPDサンダル
詳しくはこちらの記事をどうぞ


iPhoneの充電に最適

メールフォーム

※「コメント」で差し支えのない内容の場合は、それが当該記事の内容と直接関係なくてもまったく構いませんので、「コメント」でお願いします。他の読者の方に知られたくない情報が含まれる場合のみ、どうぞメールでお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

広告









ランス・アームストロング
「ただマイヨ・ジョーヌのためでなく」


Excite自動翻訳

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。