TOP画面 ただ自転車通勤のためでなく ニュージーランド長期ツーリング<23日目 レイク・ワイホラ~バルクルーサ編>

ただ自転車通勤のためでなく 

速くなくてもいい、ただ遠くへ行きたい! 自転車ツーリングをこよなく愛する男のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュージーランド長期ツーリング<23日目 レイク・ワイホラ~バルクルーサ編>

バルクルーサにて
ニュージーランドに来て初の降雨リタイア。

(写真をクリックしていただくと拡大画像をご覧いただけます。)
起きたのは6時半頃だったろうか。朝食はニュージーランドのインスタントラーメン「2 minutes noodle」のチキン味とビーフ味を一緒にして食べた。いわば「豚骨しょうゆ味」みたいなハイブリッドラーメンだ。ビタミン摂取のため毎日のように食べているリンゴも食べた。朝食後、そのままキッチンのコンセントを使ってiPhoneで日記を書いていると、同じテントサイトに泊まったアメリカ人カップルが意外と早く起きてきてコーヒーを飲み始めたので、しばらく話をした。彼らはテントを残したままどこかに朝食を食べに行くつもりのようだ。ちなみにニュージーランドの店は閉店時間は早いかわりにスーパーマーケットが7時半から開いてたりするので、朝はあまり店がなくて困ることはないと思う。


日記を書き終わり(といってもWi-Fiが使えないのでブログにはアップできないが)、出発準備を終えたのは9時頃。予定コースも宿泊予定地も同じのアマンダちゃんとできれば一緒に走りたかったが、9時半になっても起きてこないので「今夜もここに泊まる気かい?」と起こしてやった。「昨日寝たのが遅かったの」というアマンダちゃんの枕元には彼女の愛用のKindle(日本では発売されていない読書専用の携帯端末)が置かれていた。彼女はなかなかの読書好きでもあるのだ。



アマンダちゃんを待ってたらいつになるかわからないので10時15分に一人でレイク・ワイホラ・ホリデイパークを出発した(いちおうチェックアウトタイムは10時なのだが、テントサイトに関しては何時までいてもあまり文句は言われない )。そして前日に引き続きSouthen Scenic Routeを南下し始めた。


Southern Scenic Routeと言ってもワイホラ湖から2つ先の町バルクルーサまでの40km余りは実はただの国道1号線で、制限速度は75km~100km。大型トラックがバンバン横を通るので全く楽しくはない。景色もこの国ではごくありふれた景色だ。今日初めてニュージーランドに来た人なら「うわぁ、まるでポストカードみたい!」というかもしれないけどね(笑)。


約16km走ってミルトンに到着し、スーパーマーケットで食料を調達した。ミルトンまでは多少アップダウンはあったものの、ごくごく緩い坂でフラットといっていいくらいだった。ミルトンは予想以上に店の多い町で、前夜泊まったホリデイパークがWi-Fiが使えないと知っていればこの町のキャンプ場に泊まってたのに…と後悔した。あ、でもここに泊まってたらアマンダちゃんとは会えなかったのか(笑)。


羊や牛に比べれば少ないけど、鹿牧場もある。


ミルトンまでは楽だったが、その後が大変だった。誰かが1号線はずっと平坦だよと言ってたが、とんでもない。北海道のナウマン国道を思い出すようなしつこいアップダウンの連続だった。とにかく坂に関しては自転車で走ったことのない人の言うことはまったく信用できない。5%くらいの坂は気づきもしないし、10%の坂があったとしても、道路がまっすぐで景色も平凡だと全然覚えていないのだ。さらにアップダウンに苦しんでいるうちに雨まで降ってきた。

オーストリッチのサイドバッグに防水性も低くて装着も面倒なレインカバーをかける度に、一日も早くオルトリーブの防水サイドバッグに買い換えたくなる。


けっきょく今夜泊まろうと思っていたケイトリンズ・コーストのカカ・ポイントのキャンプ場まで行くのはやめにして、名前は知らないけど大きな川を渡ったところにある、バルクルーサの町に泊まることにした。


町に入ったところでキャノンデールのMTBに乗ったアメリカ人のミックさん(ミネソタ州在住)と出会った。彼も僕と同じくカカ・ポイントまで行くつもりだったが、この雨で今日はこの町に泊まることにしたというので、一緒に観光案内所のi-SITEを訪ねてこの町のキャンプ場の場所を教えてもらい、400メートルほど離れた「バルクルーサ・モーターキャンプ」に向かった。


僕もミックさんも雨の中テントを張るのは嫌なので、キャビンに泊まることにした。1泊35NZD。僕のキャビンもミックさんのキャビンもベッドが3つずつある。ここはホリデイパークではないが、Wi-Fiが使えるのがうれしい。まずは夕方までに前日の写真をツイッターに10数回アップし、さらにおとといの日記をブログにアップした。


17時前だったろうか。この雨とあのアップダウンの多さではアマンダちゃんもカカ・ポイントまで行くのは諦めて絶対ここに来るだろうと思ってたら、やっぱり来た! 彼女もキャビンに泊まることに。今日はけっきょく13時半にワイホラ湖のホリデイパークを出発したらしい(笑)。スペイン人のイザベルちゃんは生粋の自転車乗りという感じだが、アマンダちゃんはどう見ても「普通の女の子がいきなり自転車旅を始めちゃいました!」という感じで、自転車乗りには全然見えない。そこが面白い。


話をするミックさんとアマンダちゃん。アマンダちゃんはレインスーツなしでずぶ濡れになってやって来た(バッグから出すのがめんどくさかったらしい)。1つのキャビンにベッドが3つあるんだから、そこに僕とミックさんとアマンダちゃんの3人を相部屋として安く泊まらせてくれればいいのに…。


さらにもう一人サイクリストがやって来た。カナダ人のグラム君。僕より少し前にニュージーランドにやって来て、先に北島を周り終えて南島に来たという。彼は雨の中、木の下にテントを張った。


このキャンプ場のキッチンとダイニングルーム。


夕食は中国人の店で買ったテイカウェイのステーキ&チップス(13.50NZD)と安ワイン(5.99NZD)。ステーキは固くて不味かった。「チップス」はこちらではフライドポテトのこと。


クロムウェルの町で買ったジムビームが昨夜で切れたので、閉店間際のボトルストアに入って新たに一番安かったバーボン「DIESEL」(見たことない)を買った。1リットルで35NZDくらい。


安ワイン1本とウィスキーのお湯割り1杯を飲んで酔っぱらいながらも、今日の写真をツイッターに17回連続でアップし、さらにベッドに寝転がりながら日記を書き始めたら眠くなり、23時過ぎに寝た。

以後長いつきあいになるアマンダちゃんの寝起き姿。
寝起きのアマンダちゃん

コメント

順調のようで何よりです

Mt.Cookでお会いしたmasaです。お久しぶりです。先日ブログの更新を頼りに再会できると思ってDunedin YHAに乗り込みましたが、数時間前にcheck outされたようで、ニアミスでした。スチュアート島ではビーチでアワビなんかもとれるようですので是非楽しんで来てください。水はものすごい冷たいです笑。(サンドフライがものすごいです!)
21日にOZに戻ります。
頑張ってくださいね!ブログ楽しみにしてます。have a safe trip!

横レスで、ごめんなさい。

masaさん、お元気ですか?
スチュワート島に、行かれたんですか?
天五さんも、行かれる予定ですか?
ぜひ、スチュワート島の最新情報、ヨロシクお願いします!

ちなみに、アワビ(PAUA)は、12.5cm以上じゃないと獲ってはいけませんよ。
DOCに見つかると、かなりの罰金を払わないといけません。
(と、云うよりも、自然保護の意味で、配慮が必要ですが。)
masaさんが仰るように、冷たい水を覚悟の上なら、かなり大きなアワビが見つかります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 




文字サイズの変更

カレンダー

プロフィール

天五

Author:天五
プロフィール写真
1967年滋賀県長浜市生まれ。05年11月、38歳で健康のためにクロスバイクを買ってサイクリングを始めるや自転車の魅力にのめりこみ、06年3月にはロードバイク、07年5月にはマウンテンバイクも購入。「速くなくてもいい、ただ遠くへ行きたい」をモットーに、ツーリングやポタリングを楽しむ日々を送っている。高校卒業後、1986年4月~2011年5月に渡る24年2カ月の大阪生活を終え、6月1日より長浜市民に戻ったばかり。

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー


ブログ内検索

Twitter


twitter / tenjinbashi5

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

CYCLE TOURING MOVIE

クリック後、再生が開始されるまで数十秒かかる場合があります。

御年76歳の我らがアイドル・鉄人児玉さんと行く
紀伊半島大縦断210kmツーリング



2009年自転車ツーリング写真集


eyeVio公式チャンネル
CYCLE TOURING MOVIE

リンク

RSSリンク

QRコード

QR

僕の愛用品(楽天市場へ)

いずれも僕のツーリングには
欠かせない「道具」です。

モンベルの輪行袋
詳しくはこちらの記事をどうぞ


フェニックスの超強力ライト
詳しくはこちらの記事をどうぞ


オルトリーブのサドルバッグL


モンベルのフロントバッグ


トピークのトライバッグ


トピークのハンディEパック


シマノのSPDサンダル
詳しくはこちらの記事をどうぞ


iPhoneの充電に最適

メールフォーム

※「コメント」で差し支えのない内容の場合は、それが当該記事の内容と直接関係なくてもまったく構いませんので、「コメント」でお願いします。他の読者の方に知られたくない情報が含まれる場合のみ、どうぞメールでお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

広告









ランス・アームストロング
「ただマイヨ・ジョーヌのためでなく」


Excite自動翻訳

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。