TOP画面 ただ自転車通勤のためでなく ニュージーランド長期ツーリング<36日目 クイーンズタウンでのんびり編>

ただ自転車通勤のためでなく 

速くなくてもいい、ただ遠くへ行きたい! 自転車ツーリングをこよなく愛する男のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュージーランド長期ツーリング<36日目 クイーンズタウンでのんびり編>

ワカティプ湖を一望するバンジージャンプの飛び込み台
ワカティプ湖の絶景とバンジージャンプの飛び込み台。

起きたのは6時過ぎだった。ベッドの上でしばらく前日の日記を書いて、それからキッチンに朝食を食べに行くと、前夜話しこんだ静岡の熟年ご夫婦がおられ、一緒のテーブルに座っていろいろニュージーランドの話を聞かせてもらった。

このご夫婦は子供がいらっしゃらないそうで、FAXがまだ普及していなかった頃からしょっちゅう二人だけで海外旅行をされてきたらしく(当時は宿の予約をするのに国際電話が高いのでエアメールを使っていたとか)、ヨーロッパにもかなり詳しかったが、ニュージーランドが一番好きだという。今年は1月から2カ月間ニュージーランドに滞在したにもかかわらず、また今月と来月の2カ月間滞在する予定だそうだ。宿泊は安宿ばかり、移動手段はバス、お金のかかるアクティビティは一切せず、主にトレッキング(ニュージーランドの山にはクマもイノシシもサルもヘビもいないため安心して歩ける)や散歩が専門だとか。クイーンズタウンは特にお気に入りのようで、このユースホステルには2週間滞在されるのだとか。周辺のウォーキングトラックについても町についても、元ツアーガイドのチヒロより詳しいんじゃないかと思うくらい本当に熟知されていた。

ニュージーランドのユースホステル(YHA)は自転車旅行者割引でどこも19NZDで泊まれるし、設備も良いし、Wi-Fi代もニュージーランドの中では安いので僕もここに連泊したかったが、空室がないものは仕方がないので、今夜と明日の晩はYHAからほんの300mくらい離れたバックパッカーズホステル「バンブルズ・バックパッカーズ」に泊まることにした。静岡のご夫婦に勧められた宿だ。1泊目は29NZDで、2泊目は25NZDとのこと。普通の人にとってはYHAより少しだけ安い。ただしWi-Fi代は4時間で15NZDと、24時間で10NZDほどしかかからないYHAに比べてはるかに高い。


YHAを10時にチェックアウトし、バンブルズ・バックパッカーズを訪ねると、チェックインは13時以降だが、荷物だけならすぐに預かってくれるというので、YHAのストレージ(荷物を預かってくれる小部屋)からこちらのストレージに荷物を移し、自転車で町の方に出かけた。

バンブルズ・バックパッカーズのストレージ。YHAにももちろんある。


ずらりと並んだレンタル自転車は すべてMTBだ。町中のいたるところで「BIKE HIRE」の看板を見かける。


「ズーム・バンジー」と名付けられた小さい子供向けのアクティビティ。


町中を抜けてワカティプ湖の絶景が満喫できるらしい「スカイライン・ゴンドラ」の乗場まで来たが、ゴンドラには乗らず、静岡のご夫婦に勧められたウォーキングトラックで上まで登ることにした。今日も自転車にはほとんど乗らないのでカロリーを消費しとかないといけないと思い上り始めたが、前半はけっこうな山道で、この日も暑かったので汗だくになった。



ウォーキングトラックは後半は普通のダート道になり、上からMTBが何台か下ってきた。


MTB用のシングルトラック。僕はMTBに乗ってはいるが、とても「MTB乗り」とは言いがたいので、僕の技術では落車しまくりになるのは間違いないようなコースに見えた。


時間を計ってなかったけど、1時間近く上ったような気がする。ようやく上のゴンドラ乗場に着いた。やはり上から見るワカティプ湖は絶景だった。今日はちょっと雲が多かったので、昨日の天気ならもっと絶景だったと思う。


ワカティプ湖を見下ろしながら楽しむ「リュージュ」。子供だけでなく、いいトシしたおっさんもけっこうやっていた。



リュージュに乗るためにはこのリフトに乗ってまず上まで行く。最初は下りのリフトに誰も乗ってないのでおかしいなと思ったら、リュージュ専用のリフトみたいだった。


ゴンドラ乗場にあるカフェで昼食。大きなサンドイッチとソーセージロールと、健康に悪そうな色をしたジュース800mlで14NZDくらい。



クイーンズタウンは、バンジージャンプやスカイダイビングやキャニオンスイング(峡谷で宙づりにされて振り回される)など、金さえ出せば大がかりなアクティビティを楽しむことができるが、一番安いバンジージャンプでも1万円以上する。誰かがタダ券でもくれたら喜んで動画を撮りながら落ちてみせるのだが(僕は高い所がたいして恐くない。十津川村の「谷瀬の吊橋」を片手で動画を撮りながら自転車で通ったり、東尋坊から爪先を出して写真を撮っていたのを覚えているブログ読者の人もおられるでしょう)、なんでバンジージャンプにそんな金払わなあかんねんなと思う。自転車そのものが安くて楽しいアクティビティなので、楽しくても高いアクティビティをわざわざやりたいとは全然思わない。

バンジージャンプは1万円以上するのでやる気ゼロだったが、誰かがやってるのを見たいと思い、飛び込み台の近くまで行ってみたけど誰もやっていなかった。1万円以上なんて高すぎるって…。3千円にして回転率を上げた方が絶対儲かると思うけど、やる人が増え過ぎるとゴムの耐久性などに問題が出てくるので高くせざるを得ないんだろうか…?


それでもしばらく待っていたら、ようやくバンジージャンプに挑戦する人が現れたので写真を取ることができた。でもなんか生で見てもあんまり面白そうじゃなかったな…。場所も悪い。テレビで見たバンジージャンプは「谷瀬の吊橋」みたいなところから落ちていたが、こちらは横から見るとバックにワカティプ湖があって綺麗なものの、真下にあるのがただの林というのがいけない。こんな遊びに1万円以上出すくらいなら、やはり3万円以上出してスカイダイビングをする方がはるかに値打ちがあると思う(スカイダイビングは正直言ってかなりやりたい)。


静岡のご夫婦から下りのゴンドラは無料だと聞いていたので、帰りはゴンドラに乗って帰った。



スーパーマーケットで買い物を済ませ、バンブルズ・バックパッカーズに戻ったのは15時半くらいだった。部屋に入ると2段ベッドが3つある6人部屋で、同じドアから入るツイン部屋も2つあった。ここも湖畔にある宿なので部屋のベランダからはワカティプ湖が一望できる。



その後、4時過ぎからダイニングルームでここまでの出来事を16回連続でツイッターにアップしたが、ツイッターの調子が悪かったのか、写真がアップされるyfrogの調子が悪かったのか(宿のWi-Fi自体は遅くはない)、丸2時間以上もかかってしまい、何度もキレそうになった。この宿のWi-Fiは4時間で15NZDだし、本当にイライラして機嫌が悪くなってしまった。

ニュージーランドのWi-Fi料金が高くてケチくさいのは、日本みたいに高速大容量の光ファイバーが普及していないから仕方ないのかもしれないけど、それでも納得がいかないのは、宿や店によって契約しているWi-Fi会社(プロバイダー?)が違い、料金もそれぞれあまりにも違うことだ。日本だったら普通は高い会社は淘汰されて消えていくか、安い会社に料金を合わさざるを得なくなってどこも似たような料金になるのに、こちらでは高い会社も堂々と生き残っていて、宿や店が高い会社と契約していると、客が払うWi-Fi料金も高くならざるを得ない。なぜ宿も店も一番安いWi-Fi会社を選ばないんだろうか? その方がお客さんが増えてるって、絶対に。ニュージーランドにノートPCやiPhoneを持ってきてる旅行者はみんなWi-Fiが高いって文句言ってるよ。

今日の晩ごはんは特大サラダと4.20NZDのステーキとリンゴとビール。


夕食後、部屋に戻ると僕の上のベッドでは若いイギリス人のバックパッカーが寝転がって本を読んでいたので、しばらく話をした。明日はバスでミルフォードサウンドに行くというので、サンドフライがとにかくひどいから、バスに乗る前にクイーンズタウンの町で良い薬や防虫スプレーを教えてもらい、必ず買っとかないとダメだよとアドバイスした。同じ部屋には他にドイツ人のカップルやスイス人の一人旅の女の子などがいたが、まだ挨拶程度しかしていない。

その後シャワーを浴び、ビールをもう一本飲んで今日の日記を書き始めたらすぐに眠くなり、23時頃には寝た。

ワカティプ湖を見下ろしながら楽しむリュージュ。
ワカティプ湖を見下ろすリュージュ

コメント

バンブルズ、懐かしい!!

20年以上前、初めてQタウンで泊まった宿がバンブルズでした。
当時、バッパは3~4軒くらいしかなく(YHAもレイクサイドのみ)なかなか連泊できませんでした。
YHAも大人気で、いつも予約でいっぱい。仕方なく飛び込みで入ったバンブルズも、たまたまキャンセルが出て3泊することができました。
室内も綺麗で、キャンセルされたベッドは、天五さんと同じく、寝ながらワカティプを望める場所でした。
Qタウンは、確かに景色は良いですが、昔から物価が高いのがねぇ・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 




文字サイズの変更

カレンダー

プロフィール

天五

Author:天五
プロフィール写真
1967年滋賀県長浜市生まれ。05年11月、38歳で健康のためにクロスバイクを買ってサイクリングを始めるや自転車の魅力にのめりこみ、06年3月にはロードバイク、07年5月にはマウンテンバイクも購入。「速くなくてもいい、ただ遠くへ行きたい」をモットーに、ツーリングやポタリングを楽しむ日々を送っている。高校卒業後、1986年4月~2011年5月に渡る24年2カ月の大阪生活を終え、6月1日より長浜市民に戻ったばかり。

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー


ブログ内検索

Twitter


twitter / tenjinbashi5

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

CYCLE TOURING MOVIE

クリック後、再生が開始されるまで数十秒かかる場合があります。

御年76歳の我らがアイドル・鉄人児玉さんと行く
紀伊半島大縦断210kmツーリング



2009年自転車ツーリング写真集


eyeVio公式チャンネル
CYCLE TOURING MOVIE

リンク

RSSリンク

QRコード

QR

僕の愛用品(楽天市場へ)

いずれも僕のツーリングには
欠かせない「道具」です。

モンベルの輪行袋
詳しくはこちらの記事をどうぞ


フェニックスの超強力ライト
詳しくはこちらの記事をどうぞ


オルトリーブのサドルバッグL


モンベルのフロントバッグ


トピークのトライバッグ


トピークのハンディEパック


シマノのSPDサンダル
詳しくはこちらの記事をどうぞ


iPhoneの充電に最適

メールフォーム

※「コメント」で差し支えのない内容の場合は、それが当該記事の内容と直接関係なくてもまったく構いませんので、「コメント」でお願いします。他の読者の方に知られたくない情報が含まれる場合のみ、どうぞメールでお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

広告









ランス・アームストロング
「ただマイヨ・ジョーヌのためでなく」


Excite自動翻訳

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。