TOP画面 ただ自転車通勤のためでなく ニュージーランド長期ツーリング<37日目 ワカティプ湖畔サイクリング編>

ただ自転車通勤のためでなく 

速くなくてもいい、ただ遠くへ行きたい! 自転車ツーリングをこよなく愛する男のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュージーランド長期ツーリング<37日目 ワカティプ湖畔サイクリング編>

ワカティプ湖畔
ワカティプ湖畔をのんびりポタ

(写真をクリックしていただくと、拡大画像をご覧いただけます。)
今朝は6時15分頃に起きた。6人部屋に男3人、女3人。男女同相部屋がこの国のバックパッカーズ・ホステルでは当たり前とはいえ、今まででは一番女子率が高かった。おとといの朝の釣り好きのキーウィのように自分が明け方に屁を連発していなかったか少し気になった(笑)。いつものようにベッドの上で昨日の日記を書いてからキッチンへ。

朝食は昨日のうちに買っておいたパン2個とリンゴ2つと紅茶。大きな町に来ると食パンやハンバーガー用のパンではない、普通のパンが1個づつ買えるのがありがたい。とはいえ、あんパンもジャムパンもメロンパンもカレーパンも売ってないけどね。

朝食後、どう見ても中国人か韓国人だろうという顔をした、僕と同年代に見える男性に話しかけられたので、「韓国人?」と尋ねたら「オーストラリアだ」とだけ答えて中国系とも韓国系とも言ってくれなかった。しばらく彼と話したが、日本に来たことがあるらしく、新宿と京都が好きだと言っていた。えらい両極端やな…(笑)。そうこうしてるうちに10時半を過ぎてしまった。

ニュージーランド有数の観光地クイーンズタウンに滞在するのも今日までなので、最終日は何をしようかと考えたが、やはりサイクリストとしては一番安上がりで楽しいアクティビティ、「ワカティプ湖畔サイクリング」をすることにした。ワカティプ湖はでかいし、一周できるような道もないし、対岸から船で戻ってくるなんてこともできないので、どっちに向かって走ってもまた同じ道を戻ってくるしかないのだが(ニュージーランドに湖畔を完全に一周できる湖ってあるのかな?)、クイーンズタウンまでバスで来ただけにサイクリストとしてはこの美しいワカティプ湖畔をサイクリングせずに去るわけにはいかない。

今日も快晴で日差しがきつく、ワカティプ湖では水着を着て泳いでる欧米人もいたが、日本人が泳ぐにはちょっと水温が低すぎると思う。


湖畔をサイクリングする人は多く、ワカティプ湖畔にもレンタサイクルをしている場所がいくつかある。ほとんどMTBだが、タンデム車もあった。


ワカティプ湖畔に自転車歩行者道がある。ほとんどダート。残念ながら一周はできない。


今日も美しいワカティプ湖。






快晴のおかげで山肌がくっきり見える。チヒロからのメールによればクイーンズタウンの象徴のひとつ、リマーカブルズ山脈と呼ばれる山だとか。ギザギザしているので、「ノコギリの刃を横にしたような」と表現されるらしい。


カワラウ川にかかる橋まで行って引き返すことにした。ここまでの距離は10kmもないが、写真撮りまくりの純正ポタリングなので、時間はけっこうかかった。



カワラウ川の手前にフランクトンという町があり、ここにクイーンズタウン空港がある。空港を表敬訪問すると東京まで9057kmと書いてあった。



クイーンズタウン空港の隣にあった遊覧飛行やスカイダイビング用のセスナ機およびヘリコプター専用の飛行場。


クイーンズタウン空港があるフランクトンの町のショッピングセンターで昼食にすることにした。


スーパーでパイと野菜春巻きとマカロニサラダとノンアルコールビールを買って食べた。



同じ道を往復するのが嫌いなので、帰りは湖畔の上を通る自転車道や、国道の自歩道を通って帰ることにした。



1ケタ国道の自歩道なので横を車がバンバン通るが、景色は悪くなかった。


最後に町の中心部にある「クイーンズタウンモール」へ。Otago Central Rail Trailで会った日本人女性Mさんの働く有名ブランド店を覗いてみたが、いなかった。


「YAKITORI DARUMA Japanese Sake Bar」という店を発見。ここはたぶん日本人の経営する店だろうと思う。ちょっと行ってみたいな。


いま泊まってるバックパッカーズ・ホステル「バンブルズ・バックパッカーズ」のランドリー室。値段は宿によって違うが、ここは高い。洗濯も乾燥も3NZDずつ。


夕方5時半、洗濯&乾燥が終わるのを待ちながら、宿の真ん前で美しいワカティプ湖を肴にニュージーランドビールの「Tui」を飲んだ。


昨日もそうだったが、どうもこの宿のWi-Fiが調子悪いのか、ツイッターやフリッカーが調子悪いのか、思い通りにいかないことだらけで、朝も夕方もかなり時間を奪われてしまい、めちゃくちゃイライラした。今もまだ困りながらやっている。

明日はワナカまで行く予定だ。距離は77kmだが、ニュージーランドの国道で最も標高の高い、Crown Rangeを越えなくてはならない。標高1080m。景色はめちゃくちゃ良いと聞いているが、勾配は標高965mのリンディス峠よりもきつそうだ。どのくらい押して上ることになるだろうか…。夕方にYHAクイーンズタウン・レイクサイドに出向いてワナカのYHAを予約しようと思ってたのだが、けっきょく時間がなくなってしまい、まだ予約していない。ワナカにホリデイパークはあるのかな。そんなこともまだ調べてない…。


21時半頃からベッドに入り、iPodで音楽を聴きながら日記を書き始めた。最後は久しぶりに落語を聴きながら寝ることにし、「桂枝雀落語全集」を再生しながら23時頃に寝たが、夜中の2時頃に一度目が覚めるとまだ枝雀さんがしゃべっていたので、再生を停めてあとは何も聴かずに寝た。

ノコギリの刃を横にしたようなリマーカブルズ山脈がくっきり見える。
リマーカブルズ山脈

コメント

雄一さん、お元気ですか?

Otago Rail Trailでお会いした、Mです! 
お会いして以来毎日ブログを楽しく読ませてもらっています!が、この4日は仕事が休みで外出しており、ネットが使えず、雄一さんのブログを今拝見しました! 
仕事場をのぞいて頂いたのに休みでした~。残念! お会いできると嬉しいな~って思っていたのですが・・・・(グスン)。
Crown Rangeを超えられるとの事。あのジグザグ急勾配。ブログでのUpdate 期待してます! 
お体に気をつけて! 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 




文字サイズの変更

カレンダー

プロフィール

天五

Author:天五
プロフィール写真
1967年滋賀県長浜市生まれ。05年11月、38歳で健康のためにクロスバイクを買ってサイクリングを始めるや自転車の魅力にのめりこみ、06年3月にはロードバイク、07年5月にはマウンテンバイクも購入。「速くなくてもいい、ただ遠くへ行きたい」をモットーに、ツーリングやポタリングを楽しむ日々を送っている。高校卒業後、1986年4月~2011年5月に渡る24年2カ月の大阪生活を終え、6月1日より長浜市民に戻ったばかり。

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー


ブログ内検索

Twitter


twitter / tenjinbashi5

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

CYCLE TOURING MOVIE

クリック後、再生が開始されるまで数十秒かかる場合があります。

御年76歳の我らがアイドル・鉄人児玉さんと行く
紀伊半島大縦断210kmツーリング



2009年自転車ツーリング写真集


eyeVio公式チャンネル
CYCLE TOURING MOVIE

リンク

RSSリンク

QRコード

QR

僕の愛用品(楽天市場へ)

いずれも僕のツーリングには
欠かせない「道具」です。

モンベルの輪行袋
詳しくはこちらの記事をどうぞ


フェニックスの超強力ライト
詳しくはこちらの記事をどうぞ


オルトリーブのサドルバッグL


モンベルのフロントバッグ


トピークのトライバッグ


トピークのハンディEパック


シマノのSPDサンダル
詳しくはこちらの記事をどうぞ


iPhoneの充電に最適

メールフォーム

※「コメント」で差し支えのない内容の場合は、それが当該記事の内容と直接関係なくてもまったく構いませんので、「コメント」でお願いします。他の読者の方に知られたくない情報が含まれる場合のみ、どうぞメールでお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

広告









ランス・アームストロング
「ただマイヨ・ジョーヌのためでなく」


Excite自動翻訳

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。