TOP画面 ただ自転車通勤のためでなく ニュージーランド長期ツーリング<40日目 マカローラ~ハースト編>

ただ自転車通勤のためでなく 

速くなくてもいい、ただ遠くへ行きたい! 自転車ツーリングをこよなく愛する男のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュージーランド長期ツーリング<40日目 マカローラ~ハースト編>

一日中、山と川を見ながら走った。
一日中、山と川を見ながら走った。

(写真をクリックしていただくと、拡大画像をご覧いただけます。)
起きたのは6時ちょっと前だった。寝る時は暑かったので寝袋のファスナーを全開にして羽毛布団のように掛けていたが、やはり夜中に寒くて一度目が覚め、それからはファスナーを閉めてすっぽりとくるまって寝ていた。起きた後は寝袋に入ったまま前日の日記を書いて、7時半頃にキッチンに行って朝食を食べた(またラーメン、それと味噌汁を飲んだ)。キッチンで昨夜仲良くなった熟年ご夫婦とまたしゃべって、その後は9時頃にやっとテントから出てきたカナダ人サイクリストのロブ&ゾーイとしゃべって、けっきょくこのキャンプ場「マカローラ・ツーリスト・センター」を出発したのは9時40分くらいだった。


キャンプ場の目の前が遊覧飛行(SCENIC FLIGHT)の発着場所になっていて、生まれて初めてセスナが離陸するところを間近で見た。


今日はニュージーランド南島の西側、「ウエストランド」の海辺の町ハーストまで、昨日に引き続き6号線を約80km走る予定だ。昨日はHawea湖とワナカ湖をこれでもかと堪能できる絶景コースだったが、今日は湖は見えず、美しい山と川が主役となる。


しばらくは平坦だったが、やがてハースト峠への上りが始まり、徐々に激坂になっていって、最後は押して上ることになった。押して、押して、ハースト峠になんとか到着すると、目的地のハーストまであと63kmと書いていた。


ハースト峠から先はハーストまで「all downhill」だと言った人もいたがそんなことはなく、最初のうちは細かい上り返しがいくつかあった。この辺りはニュージーランドには珍しく木のある山が多く、景色は紀伊半島の奥地に似ていた。


渓谷も紀伊半島みたいで、懐かしささえ感じた。


やがてジェットコースターのような激下りが始まったので気持ちよく下っていると、「サンダー・クリーク・フォールズ」という名の滝があり、観光バスが何台も停まっていたので、僕も自転車を置いてちょっと見に行ってみた。やっぱり紀伊半島の那智大滝や宝竜滝を小さくしたような滝だった。


サンダークリーク滝の後はもはやダウンヒルとは呼べない細かいアップダウンが続く道となり(車でしか走ったことのない人はフラットだと感じるだろうけど)、またまた紀伊半島の十津川や熊野川(同じ川だが)を思わせる景色が出てきた(こっちの方がスケールは大きかったけど)。カナダとニュージーランドは似ているとも聞くが、昨日同じルートをハーストから走ってきたカナダ人のロブ&ゾーイの2人はこの景色を「グレートだった」と言っていた。この景色が気に入ったのなら、きっと十津川村~新宮市間の国道168号線も気に入ることだろう。車はもっと多いけどね。



今日のコース、マカローラからハーストまでの間の80kmには町も店もまったくない。あるのは数多くのウォーキングトラックと、この管理人のいないキャンプ場だけ。料金は6NZD。水道と水洗トイレがあったので6NZDの価値はあった。


14時に休憩した時点で走行距離はまだ約50km。スタートから4時間以上もかかってしまった。ハースト峠から先は「all downhill」なんて大ウソで、10km走るのに40分くらいかかった。そんなダウンヒルはない。脚を回さなくても勝手にどんどん下っていく坂のことだけを「ダウンヒル」と呼んでもよいのだ。自転車界の法律で決まっている。


広大な河原沿いを下流に向かって走るにつれ、晴れ続きで空気が乾燥して砂埃が舞っているのか、景色が黄色く霞んでいった。日本なら「黄砂」だと思うような霞み具合だったが、ニュージーランドでも黄砂って飛んでるのかな?


走行距離も70kmを超えたところで、前方に山が見えなくなった(2枚目の写真は後ろを振り返って撮ったもの)。海まであと数kmだ。


いよいよウエストランドの町にやってきた。「世界遺産エリア」と標識に書いている。


そして16時15分頃、今夜泊まろうと思っていた「ハースト・ロッジ」(キャンプサイトもあるホリデイパークのような複合アコモデーション施設。ロブ&ゾーイも昨夜泊まったそうだ)の前まで来たが、店が17時で閉まったりしたら困るので先にスーパーマーケットに行くことにした。


スーパーマーケット(どちらかというとコンビニだったが)兼カフェにやってくると、品揃えは良くないものの、夜は19時まで営業していて中にはカフェもあり、おまけにWi-Fiも使える。Wi-Fi会社はホリデイパークと同じiacだった。 今夜もWi-Fiなしかもと思っていたので、これは助かった。テ・アナウのホリデイパークにいた時にiacの1カ月アクセス権を購入していたので、スーパーの前ですぐにWi-Fiに接続できた。さっそく買ったばかりのビールを飲みながら、ドライフルーツをツマミに(野菜サラダもフルーツもろくに売ってなかったので)、前日の出来事を27回連続でツイッターにアップした。ただし、その間にまたサンドフライに2箇所噛まれた(涙)。


スーパーの前で昨日の出来事をアップし終えた後、キャンプ場に行こうとしてふと見ると、スーパーのすぐ隣に「ワイルダネス・バックパッカーズ」という名のホステルがあるではないか(調べてなかった)。料金を聞くと1泊27NZDとのことで、ここに即決した。ロブ君にキャンプ場はサンドフライがけっこう多かったと聞いていたので、今夜はキャビンに泊まろうかと思っていたのだ。キャビンなら35NZDはするはずだ。


自転車は倉庫に入れさせてくれた。


サンドフライの多い場所ではキャンプしたくないという理由だけでここに決めたけど、「ワイルダネス・バックパッカーズ」はすごく良いホステルだった。Wi-Fiも使えるし(隣のスーパーと同じiac)、空いてるのもいい(けっこう何もない町だから)。しかも今夜はなんと4人部屋に宿泊者が僕一人! まさか「個室」に泊まれるとは思ってなかった。疲れが貯まっていたので思わず連泊を考えた。


一番びっくりしたのは室内に添付写真のような素敵な談話室があること。これはちょっとすごい。


今日走ったマカローラ~ハースト間の約80kmは、途中に町も店も何にもなかった。さらにこれから行くフォックス・グレーシャーまでは120kmくらい町がないと聞いている。北海道では何もないのはせいぜい50kmくらいだった。そういうところがニュージーランド自転車旅のきついところだ。

晩ごはんはソーセージを焼いて食べたが、写真は撮るのを忘れた。昨日の日記を書き終えてブログにアップできたまでは良かったが、ベッドの上で今日の出来事をツイッターアプリに下書き保存し終えて、さあツイッターにアップしようと思ったら、ツイッターの調子が悪くて全然アップできない。何度やってもダメなので腹を立ててるうちにどんどん目が冴えてきてしまい、けっきょく寝たのは1時頃になってしまった。連泊することに決めた。

ついにウエストランドの町にやって来た。
ついにウエストランドの町に来た。

コメント

川の風景

>十津川・熊野川に似た川

確かに。写真だけ見せて「熊野川に行ってきました」と言っても
信じてしまいそうなくらい似ていますね~(^_^;)

水はかなり澄んでいる感じですか?
オーストラリアでは水不足だそうですが、
お隣のニュージーランドではそんな印象は
なさそうですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 




文字サイズの変更

カレンダー

プロフィール

天五

Author:天五
プロフィール写真
1967年滋賀県長浜市生まれ。05年11月、38歳で健康のためにクロスバイクを買ってサイクリングを始めるや自転車の魅力にのめりこみ、06年3月にはロードバイク、07年5月にはマウンテンバイクも購入。「速くなくてもいい、ただ遠くへ行きたい」をモットーに、ツーリングやポタリングを楽しむ日々を送っている。高校卒業後、1986年4月~2011年5月に渡る24年2カ月の大阪生活を終え、6月1日より長浜市民に戻ったばかり。

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー


ブログ内検索

Twitter


twitter / tenjinbashi5

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

CYCLE TOURING MOVIE

クリック後、再生が開始されるまで数十秒かかる場合があります。

御年76歳の我らがアイドル・鉄人児玉さんと行く
紀伊半島大縦断210kmツーリング



2009年自転車ツーリング写真集


eyeVio公式チャンネル
CYCLE TOURING MOVIE

リンク

RSSリンク

QRコード

QR

僕の愛用品(楽天市場へ)

いずれも僕のツーリングには
欠かせない「道具」です。

モンベルの輪行袋
詳しくはこちらの記事をどうぞ


フェニックスの超強力ライト
詳しくはこちらの記事をどうぞ


オルトリーブのサドルバッグL


モンベルのフロントバッグ


トピークのトライバッグ


トピークのハンディEパック


シマノのSPDサンダル
詳しくはこちらの記事をどうぞ


iPhoneの充電に最適

メールフォーム

※「コメント」で差し支えのない内容の場合は、それが当該記事の内容と直接関係なくてもまったく構いませんので、「コメント」でお願いします。他の読者の方に知られたくない情報が含まれる場合のみ、どうぞメールでお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

広告









ランス・アームストロング
「ただマイヨ・ジョーヌのためでなく」


Excite自動翻訳

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。