TOP画面 ただ自転車通勤のためでなく ニュージーランド長期ツーリング<68日目 大晦日のクライストチャーチ編>

ただ自転車通勤のためでなく 

速くなくてもいい、ただ遠くへ行きたい! 自転車ツーリングをこよなく愛する男のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュージーランド長期ツーリング<68日目 大晦日のクライストチャーチ編>

ニュージーランドで年越しそば
ニュージーランドで年越しそば

(写真をクリックしていただくと、拡大画像をご覧いただけます。)
(この日記は2010年12月31日のレポートです。)
海外で迎える初の大晦日の朝は、6時頃に目が覚めた。ブログの日記が4日も貯まってしまっていた。液晶画面の暗い壊れた今のiPhoneで今年中に終わらせるのはもう難しいだろう。本当は出国直前(1月1日深夜)にオークランド空港からその日の日記を更新して、かっこよく締めくくる予定だったのだけど、もう諦めて帰ってからじっくり書き上げよう。

キッチンに行き、残りの食材をチェックすると(ニュージーランドのバックパッカーズ・ホステルのキッチンにはたいてい食材を置ける棚と冷蔵庫があり、名前を書いたシールを貼って置いておける。キーウィ・ハウスでは部屋番号ごとに分かれた鍵付きの食材用ロッカーまであった)、缶入りシチューが3つと出前一丁が1つ、カップラーメンが1つ残っていた。今日の朝食はカップラーメンと缶入りシチューを1つずつ食べた。

朝食後、また近所のコインランドリーに出かけてニュージーランドで最後の洗濯&乾燥をすることにした。もう手持ちの洗剤は使い切っていたので、宿の受付で1回分の洗剤入り小袋を50セントで売ってもらった。洗剤は宿によって売ってたり売ってなかったりするのだが、50セントは良心的で、1ドルの宿が多かったように思う(たまに無料の宿もあるけどね)。

コインランドリーで洗濯&乾燥中、この旅の間に何カ国の人達としゃべったのか思い出してみた。ニュージーランド、オーストラリア、ドイツ、フランス、イギリス、アイルランド、スペイン、イタリア、スイス、オランダ、ベルギー、デンマーク、スウェーデン、オーストリア、アメリカ、カナダ、ブラジル、イスラエル、サモア、マレーシア、インド、中国、韓国、台湾、日本…。たった2カ月間ニュージーランドの南島を旅しただけで、確実に思い出せるだけでもこれだけの国の人達と話すことができた。確かにニュージーランドでは日本にない美しい景色をたくさん見ることができたし、それはそれで感動の連続だったけど、それよりもっと感動しているのがこの事実だ。一人旅だったこと、自転車旅だったこと(話しかけられやすい)、毎日バックパッカーやキャンパー向けの安い宿泊施設ばかり泊まっていたこと、そしてなによりニュージーランドが世界有数の観光大国だからこそ、これだけの国の人達と出会い、話すことができた。本当に楽しい日々だったし、素晴らしい経験だった。

昼前にコインランドリーから戻ってきたら、キッチンで長期滞在中の日本人の皆さんが年越しそばとお雑煮の準備中だった。まだ一度も会っていなかったこの宿のオーナーご夫妻(ご主人はニュージーランド人、奥さんは日本人のノリコさん)とも初めてお会いすることができた。


餅をこねるキーウィハウスのオーナー夫婦の奥さん、ノリコさん。


杵でつくわけでも餅つき機でつくわけでもない餅。


もうすぐ年越しそばが始まるらしい。


キーウィ・ハウスの年越しそば。中国人のルーシーちゃんも。




日本人経営の宿に泊まれば年越しそばやお雑煮が食べさせてもらえるかも…なんて下心があってこの宿に泊まりに来たわけではなく、年越しそばのことも雑煮のこともすっかり忘れていたので、これは望外の喜びだった。数少ない欧米人宿泊者達も珍しそうにお餅(ライスケーキ)作りを見学し、慣れない箸を使って、上手く啜(すす)れないながらも年越しそばに舌鼓を打っていた。

欧米人達がどのくらい美味しいと感じていたかは謎だが、日本人の僕にとっては美味しい年越しそばを頂いた後、何人かニュージーランド土産を買いたい人がいるので、町に土産物を買いに行くことにした。が、問題は荷物の重さだった。こちらに来る時からすでにスーツケースも機内持込み用のバッグも重量制限いっぱいだったのに、減ってる物がほとんどないのだから、超過料金を払わずに持ち帰ろうと思ったらほとんど買えないということに気づき(笑)、どうしようかかなり悩んだ。

大橋巨泉の店で見つけた土産物「羊型パスタ」がツボにはまった。500gで9.50NZDは高いけど、これは絶対ウケると思う。でも2個買ったらこれだけで1kg増だ。


クライストチャーチの大聖堂スクウェアで駐禁の取り締まりをしていた警察官が、スポーツバイクに乗り、自転車用ヘルメットを被っていた。さすが自転車先進国だ。


宿に戻った後、この宿で一番親しくなったアキオさんに「明日帰るんだったらニュージーランドドル余ってない? もし余ってたら俺の日本円と交換してくれないかな?」と言われ、3万円分交換することにした。銀行や外貨交換所で交換すると手数料を取られるので、日本人同士で直接交換した方がお互いに得なのだ。

アキオさんは60代前半だと思うけど、もう仕事は引退されていて悠々自適の生活みたいだ。今は1年のうち日本で半年、ニュージーランドで3カ月、東南アジアで3カ月過ごしているのだとか。ニュージーランドでは以前は各地を旅されていたみたいだけど、3年前からはここクライストチャーチのキーウィ・ハウスに長期滞在してゴルフをしたり、他の長期滞在者との交流を楽しんでおられるようだ。世界各地を旅されたことがあり、スペインではバルセロナの安宿に泊まろうとして強盗に襲われた話も聞かせてもらった。どしゃ降りの雨の夜、ちょっとヤバそうな路地にあった安宿の入口のブザーを鳴らそうとしたところ後ろから羽交い締めにされ(雨の音と傘で強盗達が近づくのに気付かなかったらしい)、お腹の前に付けていたサブバッグを奪われたそうだ。

夕食は本日2杯目の年越しそばを、今度は韓国製のうどんを入れて頂いた。その後は僕が持っていたバーボンをアキオさんと一緒に飲みながら、オーナーのノリコさんや、フランス人カップルや、横浜から年末年始休暇で来た一人旅のサラリーマン男性(バックパッカーズ・ホステルで日本のサラリーマンと会ったのはこれが初めて!)と遅くまで話していた。



そして23時30分を過ぎたところで、僕一人で大聖堂スクウェアまで年越しイベントを見に行くことにした。「クライストチャーチにこんなにたくさん人がいたのかと思うほど人が集まる」とノリコさんから聞いていたけど、キーウィ・ハウスのあるグロウスター通りには確かに大聖堂に向かう人々がたくさん歩いていた。一番多いのは酔っぱらいの若者達で(露出度の高いドレスを着た女の子も多かった)、恐くはなかったけどぶつからないよう注意しながら歩いた。クリスマスはカイコウラにいたため、大晦日とクリスマスのクライストチャーチの雰囲気の違いを比較できないのが残念だった。

大聖堂スクウェアに着くと聞いてたとおりのすごい人出で、特に特設コンサート会場の前は立錐の余地もないほど人がぎっしり詰めかけて、ニュージーランドの人気バンド(だと思う)のコンサートを楽しんでいた。しばらくは写真を撮っていたが、23時59分頃からはカウントダウンに向けてカメラを動画モードに切り替え、動画を撮り始めた。

コンサート


カウントダウンが始まり、2011年1月1日午前0時になった瞬間、花火が上がった。規模的にはしょぼい花火だったけど(時間はけっこう長かった)、なにせこの大聖堂スクウェアの中で打ち上げてるんだから仕方がない。花火が終った後はステージで「蛍の光」の演奏が始まり、観客の多くも一緒に歌っていた。日本では卒業式の歌だけど、欧米では大晦日のカウントダウンの歌のようだ。(詳しくはこちら)

大聖堂の鐘が静かに108回鳴るのも聞いてみたかったが、ここは日本ではないので「除夜の鐘」はない。ライトアップされた大聖堂を見ながら、海外で迎えるにぎやかな新年もなかなか悪くないなと思った。また同時に、40代で会社を辞めて無職になり、自転車で北海道と沖縄とニュージーランドを旅した、周囲から見ればクレイジーな、だけど最高に楽しかった2010年がこれで終ったのだと思うと寂しかった。できることなら一生こんなことを続けていたかったけど、なかなかそういうわけにもいかない…。

ビールもウィスキーも全部飲んでしまっていたので、宿に戻る途中でワインでも買って帰りたかったが、酔っぱらいどもで溢れかえるバーはまだ開いているものの、酒が買えるコンビニはもう開いていない。仕方なく手ぶらで宿に帰り、ニュージーランド時間よりも4時間遅い日本の皆さんにツイッターでひと足早い新年のご挨拶をした。
「ニッポンの皆さん、明けましておめでとうございます。こちらニュージーランドはすでに2011年を迎えております。クライストチャーチの大聖堂前で行われている年越しイベントから今帰ってきたばかりです。今日1月1日の飛行機で帰ります。http://twitpic.com/3ljkmn

部屋に戻ると、今夜もパソコンおたくの台湾人君と僕の2人だけだった。驚いたことにいつも一日中部屋にいる台湾人君も年越しイベントを見に行っていたそうで、花火がしょぼかったと言っていた。台湾の正月は盛大な花火だけでなく、たしか爆竹も派手に鳴らすはずだ。ただし中国語圏は旧正月(春節)だから2月頃だけど。

台湾人君としばらく日台の正月の話をした後、シャワーを浴びて1時半頃に寝た。ニュージーランド滞在もついにあと1日となった。

大橋巨泉の店で買った羊型パスタ
羊型パスタ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 




文字サイズの変更

カレンダー

プロフィール

天五

Author:天五
プロフィール写真
1967年滋賀県長浜市生まれ。05年11月、38歳で健康のためにクロスバイクを買ってサイクリングを始めるや自転車の魅力にのめりこみ、06年3月にはロードバイク、07年5月にはマウンテンバイクも購入。「速くなくてもいい、ただ遠くへ行きたい」をモットーに、ツーリングやポタリングを楽しむ日々を送っている。高校卒業後、1986年4月~2011年5月に渡る24年2カ月の大阪生活を終え、6月1日より長浜市民に戻ったばかり。

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー


ブログ内検索

Twitter


twitter / tenjinbashi5

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

CYCLE TOURING MOVIE

クリック後、再生が開始されるまで数十秒かかる場合があります。

御年76歳の我らがアイドル・鉄人児玉さんと行く
紀伊半島大縦断210kmツーリング



2009年自転車ツーリング写真集


eyeVio公式チャンネル
CYCLE TOURING MOVIE

リンク

RSSリンク

QRコード

QR

僕の愛用品(楽天市場へ)

いずれも僕のツーリングには
欠かせない「道具」です。

モンベルの輪行袋
詳しくはこちらの記事をどうぞ


フェニックスの超強力ライト
詳しくはこちらの記事をどうぞ


オルトリーブのサドルバッグL


モンベルのフロントバッグ


トピークのトライバッグ


トピークのハンディEパック


シマノのSPDサンダル
詳しくはこちらの記事をどうぞ


iPhoneの充電に最適

メールフォーム

※「コメント」で差し支えのない内容の場合は、それが当該記事の内容と直接関係なくてもまったく構いませんので、「コメント」でお願いします。他の読者の方に知られたくない情報が含まれる場合のみ、どうぞメールでお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

広告









ランス・アームストロング
「ただマイヨ・ジョーヌのためでなく」


Excite自動翻訳

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。