TOP画面 ただ自転車通勤のためでなく NO MORE GUN!

ただ自転車通勤のためでなく 

速くなくてもいい、ただ遠くへ行きたい! 自転車ツーリングをこよなく愛する男のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NO MORE GUN!

射撃場1

だいぶ前にパソコンが壊れた時にデータが飛んでしまい、もう無いと思ってた写真が、ひょんなところに残っていました。7年くらい前でしょうか、社員旅行で韓国の済州島へ行った時に射撃場で撮った写真です。

射撃場2

射撃場3

この射撃場、最初はすごくサービスが良かったんですよ。なんか知らないけど次から次へと弾を込めた銃を渡されて、「えっ、そんなに撃ってもいいの?」と思いながらも渡されるまま撃ちまくってたら、しまいには2丁いっぺんに渡されて、「次は両手で撃て」と言うんですね。

2丁受け取った僕は、すっかり「男たちの挽歌」のチョウ・ユンファ気取りで両手に銃を持ち、これでもかとバンバン撃ちまくりました。それでもまだ、「はい、それまで」と言われないので、さすがに「待てよ、なんかおかしいぞ。セット料金でこんなにたくさん撃てるわけがない!」と気づいた時には後の祭り。

しっかり27万ウォン(27,000円)請求されてしまいました。

「そんなん聞いてへんぞ! お前ら、さも当然みたいにどんどん撃たせやがって! 『ここからはオプション料金になりますがよろしいですか?』とか聞くのが筋やろ!ええっ、こら!」と大阪弁で怒鳴りつけてゴネたいところでしたが、なにせ相手は腐るほどたくさん銃を持ってる連中ですから(笑)、そんな勇気もなく仕方なく払うことに…。

済州島ではほかにも乗馬をしたんですが、馬にまたがったとたん、さも「これも料金のうちです」みたいな顔して写真を撮られて、それをインクジェットプリンタで普通紙に印刷して安物のパネルに入れた物を、乗馬が終わってから無理やり3,000円で買わされるという、たいへん嫌な思いもしました。(乗馬じたいはすごくよかったので、他の社員にも勧めようと思ってたのに…)

何年か後、大阪で済州島出身の韓国人の女の子にその話をしたら大笑いされ、「そんなの断固ノー!と言わないとダメよ」と言われてしまいました。

そんな済州島ですが、刺身はとても美味かったので、チャンスがあれば輪行で行って、島を一周してみたいです。たしか淡路島と同じくらいの大きさだったような気がするので、自転車ツーリングに向いてるんじゃないかと思うんですが…。

最後に、こんな写真を載せといて、こんなこと言うのも説得力がないですが、世界中から銃犯罪が無くなることを願ってやみません。

コメント

ロシヤや中国では、対戦車ロケット弾を撃たせてくれるらしい。(いくらか知らんけど)

日本でも写真はUSJやTDLやスペイン村でヤッテマシタ。

拳銃社会

ホノルルでもこんな商売がありましたね。
自分は撃ちませんでしたが、マニアは結構そういったところで練習代わりに撃ってました。
「自分の命を守るために銃を持つ」とはいっても、明らかに人を殺す道具。アメリカではクリスチャンでさえも銃を持っている人がいるのだから不思議でなりませんね。
日本も徐々にアメリカ化しつつあるということ。
早く銃のない社会にしてもらいたいものです。

金ふんだくられたから「NO MORE GUN!」とは。。。

コメント速攻削除するのは、管理人の自由ですが、
さっきも言ったけど「世相」を感じましょうね。

こじまさんへ

> ロシヤや中国では、対戦車ロケット弾を撃たせてくれるらしい。(いくらか知らんけど)

知っています。さすがにあそこまでやりたいとは思いませんけど、拳銃は人生経験として一度くらいこういう場所で撃ってみるのも悪くはないと思いました。銃社会とはどういうものかリアルに実感できます。

名無しさんへ

>コメント速攻削除するのは、管理人の自由ですが、
>さっきも言ったけど「世相」を感じましょうね。

コメントを削除したのは名前も書かずに非難だけされていたからですよ。今回もですけど。世間で何が起きてるかくらいは知っています。金をふんだくられたから「NO MORE GUN」と言っているわけでもありません。これから先、拳銃の撃てる国に旅行する機会はあるかもしれませんが、もう射撃場に行くことはないでしょうし、日本でクレー射撃や猟銃の免許を取得することもないでしょう。6~7年前の写真がひょっこり出てきたのでブログの記事にしてみたのですが、もう僕が銃を手にすることはないだろうと思ったから「NO MORE GUN」というタイトルにしてみました。

KAY.Tさんへ

サイパンだったかグアムだったかで、友達2人でモグリの射撃場に行った人の体験談ですが、事務所の裏の広い空き地に連れていかれて(いちおう標的だけは置いてあったそうですが)、銃2丁と弾を何十発か渡されて、「弾が無くなったら事務所に戻ってきて」と言われ、空き地に2人だけで取り残されたそうです。

僕が行った射撃場ではこちらが変なことをしないようちゃんと見張ってるスタッフもいましたが、そこは何にもなし。その場でお互いを殺そうと思えば簡単に殺せるわけで、ものすごく恐かったと言ってましたね。僕がついはしゃいでしまったのは、あくまでゲームセンターの延長線感覚にさせるだけの設備があったからなんですね。

アメリカみたいな社会は本当に恐いですね。そういえば先輩のブログにも、アメリカを旅してる時に泊めてもらった家で、「これ、護身用に持ってけ」と言って銃を目の前に置かれたという話がありましたね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

銃はよくないぞ。

僕も若いときにオアフ島ノース・ショアーのハレイワっていう所に半年間住んでました。
当時はホノルルの山手に射撃場があって、ちょっとしたきっかけで友人に連れて行ってもらいました。
銃は手にとって友人のシューティングは見てましたが、最後まで引き金を引くことは無かったですね。
子供の頃から親父の戦争体験談を、イヤというほど聞かされてたんで、きっとトラウマになってたんでしょうね?

今から思えば…「打っときゃよかった…」って思いますよ。^^

Chokoさんへ

なんとChokoさんはハワイに住んだはったことがあるんですか。済州島の射撃場も山手にありましたが、グアムでは街中にいくつもありました。人生経験として一度くらい撃ってみるのもアリだと思いますね。マリファナとかはやったことないですが。

銃はともかく・・・

 写真は台湾もひどいです。勝手に撮っといて売りに来ます。二回目からは鞄で顔を隠してました。写真何枚かで\4,000-5,000円は高いですよ。
 ハワイはましでした。普通のツアーでは写真の押し売りもありませんし。ハワイアンショーでも「撮りましょうか。」と言ってからしか撮りませんでした。当然断りました。その代り「シャッター押して。」と言うと断られました。

ワシはGT。さんへ

長い目で見たら気持ちよく帰ってもらってリピーターを増やす方が良いに決まってると思うんですが、そういう発想はないんでしょうかね?済州島の乗馬は日本みたいに牧場の中を回ったりするんじゃなくて、山を登って下ってというもので、景色も良かったし、これはお勧めだなと思ったのに、あの写真の押し売りでわざわざそれを台無しにするんだから呆れます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 




文字サイズの変更

カレンダー

プロフィール

天五

Author:天五
プロフィール写真
1967年滋賀県長浜市生まれ。05年11月、38歳で健康のためにクロスバイクを買ってサイクリングを始めるや自転車の魅力にのめりこみ、06年3月にはロードバイク、07年5月にはマウンテンバイクも購入。「速くなくてもいい、ただ遠くへ行きたい」をモットーに、ツーリングやポタリングを楽しむ日々を送っている。高校卒業後、1986年4月~2011年5月に渡る24年2カ月の大阪生活を終え、6月1日より長浜市民に戻ったばかり。

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー


ブログ内検索

Twitter


twitter / tenjinbashi5

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

CYCLE TOURING MOVIE

クリック後、再生が開始されるまで数十秒かかる場合があります。

御年76歳の我らがアイドル・鉄人児玉さんと行く
紀伊半島大縦断210kmツーリング



2009年自転車ツーリング写真集


eyeVio公式チャンネル
CYCLE TOURING MOVIE

リンク

RSSリンク

QRコード

QR

僕の愛用品(楽天市場へ)

いずれも僕のツーリングには
欠かせない「道具」です。

モンベルの輪行袋
詳しくはこちらの記事をどうぞ


フェニックスの超強力ライト
詳しくはこちらの記事をどうぞ


オルトリーブのサドルバッグL


モンベルのフロントバッグ


トピークのトライバッグ


トピークのハンディEパック


シマノのSPDサンダル
詳しくはこちらの記事をどうぞ


iPhoneの充電に最適

メールフォーム

※「コメント」で差し支えのない内容の場合は、それが当該記事の内容と直接関係なくてもまったく構いませんので、「コメント」でお願いします。他の読者の方に知られたくない情報が含まれる場合のみ、どうぞメールでお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

広告









ランス・アームストロング
「ただマイヨ・ジョーヌのためでなく」


Excite自動翻訳

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。