TOP画面 ただ自転車通勤のためでなく お昼休み動画劇場 「鉄人児玉さんと行く 御所~白浜170kmツーリング<その1>」

ただ自転車通勤のためでなく 

速くなくてもいい、ただ遠くへ行きたい! 自転車ツーリングをこよなく愛する男のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お昼休み動画劇場 「鉄人児玉さんと行く 御所~白浜170kmツーリング<その1>」

動画その1画像
今日の動画からの1シーン

今週の「お昼休み動画劇場」は、5月17日(土)の「鉄人児玉さんと行く 御所~白浜170kmツーリング」の動画レポートを月~水の3回に分けて、5月18日(日)の「鉄人児玉さんと行く 白浜~箕島97kmポタ」の動画レポートを木~金の2回に分けてお送りする予定です。

もしかしたら「児玉さんとそれだけ長い時間一緒に走ったのに3回と2回とは短かすぎるんじゃないか?もっと長くしろよ」と思われるマニアな方もいらっしゃるかもしれませんが、最近オンボード用カメラの調子が悪くって、ダウンヒルシーンがほとんど失敗に終わるもんですから、あんまり撮れてないんですよね。でも普通の人は長くなればなるほど見てくれませんし(笑)、内容的には良いものになってると思いますので、ぜひ見てやってください。

今日は奈良県御所市の鉄人児玉さんのご自宅を朝5時前に出発し、五條市でブログを読んだ地元のechigoさんのお出迎えを受けて3人になり、十津川村の有名な「谷瀬の吊橋」が見える場所まで来たところでechigoさんと別れるまでの、11分44秒の映像です。

なお、土曜日から写真レポートを公開していますので、まだご覧になっていない方はそちらも併せてご覧いただくと、よりいっそうこの動画レポートを楽しんでいただけるかと思います。

写真レポ:5月17日 「鉄人児玉さんと行く 御所~白浜170kmツーリング」

<鉄人児玉さんと行く 御所~白浜170kmツーリング その1 11分44秒>

別のところにもアップしていますので、うまく再生できない時はこちらでもお試しを…
ダウンロード版もご用意しています。

(Windows Media Playerで再生、6月2日までダウンロード可能)

谷瀬の吊橋をバックに、鉄人児玉さんとechigoさん
谷瀬の吊橋をバックに

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 




文字サイズの変更

カレンダー

プロフィール

天五

Author:天五
プロフィール写真
1967年滋賀県長浜市生まれ。05年11月、38歳で健康のためにクロスバイクを買ってサイクリングを始めるや自転車の魅力にのめりこみ、06年3月にはロードバイク、07年5月にはマウンテンバイクも購入。「速くなくてもいい、ただ遠くへ行きたい」をモットーに、ツーリングやポタリングを楽しむ日々を送っている。高校卒業後、1986年4月~2011年5月に渡る24年2カ月の大阪生活を終え、6月1日より長浜市民に戻ったばかり。

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー


ブログ内検索

Twitter


twitter / tenjinbashi5

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

CYCLE TOURING MOVIE

クリック後、再生が開始されるまで数十秒かかる場合があります。

御年76歳の我らがアイドル・鉄人児玉さんと行く
紀伊半島大縦断210kmツーリング



2009年自転車ツーリング写真集


eyeVio公式チャンネル
CYCLE TOURING MOVIE

リンク

RSSリンク

QRコード

QR

僕の愛用品(楽天市場へ)

いずれも僕のツーリングには
欠かせない「道具」です。

モンベルの輪行袋
詳しくはこちらの記事をどうぞ


フェニックスの超強力ライト
詳しくはこちらの記事をどうぞ


オルトリーブのサドルバッグL


モンベルのフロントバッグ


トピークのトライバッグ


トピークのハンディEパック


シマノのSPDサンダル
詳しくはこちらの記事をどうぞ


iPhoneの充電に最適

メールフォーム

※「コメント」で差し支えのない内容の場合は、それが当該記事の内容と直接関係なくてもまったく構いませんので、「コメント」でお願いします。他の読者の方に知られたくない情報が含まれる場合のみ、どうぞメールでお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

広告









ランス・アームストロング
「ただマイヨ・ジョーヌのためでなく」


Excite自動翻訳

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。