TOP画面 ただ自転車通勤のためでなく 最悪のGW

ただ自転車通勤のためでなく 

速くなくてもいい、ただ遠くへ行きたい! 自転車ツーリングをこよなく愛する男のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最悪のGW

RCのCD

6日ぶりの更新です。
ブログを始めて以来こんなに休んだのは初めてですが、その間何をしていたかというと、実はほとんど風邪で寝込んでました。だからまあ、ゆっくりできたといえばゆっくりできたんですが…(苦笑)

今年の僕のGWはカレンダー通りだったんですが、明日から5連休だという1日(金)の朝になって風邪をひいたことに気づき、仕事しているうちにどんどん調子が悪くなってきて、2日(土)~4日(月)の3日間はかなり症状がひどく、おととい(5日)からようやく元気になってきましたが、まだ完全ではありません。

おまけに実を言うと連休前から胃潰瘍の疑いまであって、11日(月)には胃カメラ検査を受けることになってます。まあこっちの方はキリキリ痛むようなことはもうなくなって、今はほとんど何ともないので、検査しても痕跡が残ってる程度なんじゃないかと思ってるんですけどね。

そんなわけなので、自転車乗りにとっては1年で最も良い時期のGWを、僕はまったく自転車に乗らずに過ごしてしまいました。

GWに自転車に乗れなかったのもショックだったんですが、そんな中、忌野清志郎さんが亡くなったというニュースにもショックを受けました。僕は30代以降はそんなにロックを聴かなくなってしまったのですが、中学~大学時代はRCサクセションを本当によく聴きましたし、今でもCDは残してます。

ただ、生でその姿を見ることができたのは1回だけで、それもRCや本人のソロコンサートではなく、大学時代に京都まで観に行った泉谷しげるのコンサートででした。アンコールで泉谷が、「今日は友達が来てんだよ」と言って、出てきたのがなんと清志郎! 当時の泉谷のバンド「LOSER」にRCのギタリスト・仲井戸麗市(チャボ)が参加していたこともあって、RCの名曲「いい事ばかりはありゃしない」を、清志郎→チャボ→泉谷の順番で歌うという、夢のようなセッションを聴くことができました。

そんな感じなので、胸を張って大ファンですとまでは言えない僕ですが、2005年に自転車乗りになってからは再びすごく親近感を持つようになって、一人でツーリングに行く時は輪行中によくiPodでRCの曲を聴いていました。大好きなミュージシャンが亡くなるというのは本当につらいことですが、作品はずっと残るので、これからもずっと聴き続けていきたいと思います。

清志郎さん、どうぞ安らかに…。愛してるぜ、ベイベー。


忌野清志郎著/「サイクリング・ブルース」より
自転車はブルースだ。
クルマや観光バスではわからない。
走る道すべてにブルースがあふれている。
楽しくて、つらくて、かっこいい。
憂うつで陽気で踊り出したくなるようなリズム。
子供にはわからない本物の音楽。
ブルースにはすべての可能性がふくまれている。
自転車はブルースだ。
底抜けに明るく目的地まで運んでくれるぜ。


サイクリング・ブルース

コメント

RC時代の歌や、最近の人なつっこい笑顔が浮かびます。今はまだ静かに一人で追悼したい気持ちで、昔のカセットとか聴くのはちょっと時間が経ってからになりそうです。

boobooさんへ

カセットテープもカセットテープを再生できる機械も処分してしまって久しい僕ですが、昔はベストテープ編集マニアだったので、RCサクセションも90分のベストテープを作ってよく聴いてました。A面は「よォーこそ」で始まって「ヒッピーに捧ぐ」で終わり、B面は「トランジスタ・ラジオ」で始まって「スロー・バラード」で終わる、発表順ではない僕なりにこだわった曲順でした。テープを処分してしまったといっても捨てたのではなく、そのテープをすごく気に入っていた人にあげたので、もしかするとまだ残ってたりして…。

Rockの巨星

私は旅行先で清志郎の訃報にふれました。
ミュージシャンとして、そして自転車乗りとして尊敬していました。
残念です。

同感です。

私もある意味、清志郎さんに惹かれている所があり自転車を乗る上で常に目標でした。やっとの事で同じホイールを手に入れ喜んだ矢先、旅立たれました。残念ですが、これからも目標です。
御冥福を!

黒森さん、nishidaさんへ

僕は中学1年の時に深夜放送で「トランジスタ・ラジオ」を聴いてファンになり、88年の「COVERS」までは大ファンで、RCの活動休止後、タイマーズあたりでだんだん清志郎の音楽から遠ざかっていきました。

再びよく聴くようになったのは2005年秋に自転車を始めてみようかなと思うようになってから。本人の公式サイトで清志郎率いる「チームLSD」によるツーリングレポートを読んで、背中を後押しされました。
http://www.kiyoshiro.co.jp/lsd/index.html

もし自転車を始めていなかったら、今回の訃報にも「昔よく聴いたなぁ…」というままだったかもしれません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 




文字サイズの変更

カレンダー

プロフィール

天五

Author:天五
プロフィール写真
1967年滋賀県長浜市生まれ。05年11月、38歳で健康のためにクロスバイクを買ってサイクリングを始めるや自転車の魅力にのめりこみ、06年3月にはロードバイク、07年5月にはマウンテンバイクも購入。「速くなくてもいい、ただ遠くへ行きたい」をモットーに、ツーリングやポタリングを楽しむ日々を送っている。高校卒業後、1986年4月~2011年5月に渡る24年2カ月の大阪生活を終え、6月1日より長浜市民に戻ったばかり。

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー


ブログ内検索

Twitter


twitter / tenjinbashi5

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

CYCLE TOURING MOVIE

クリック後、再生が開始されるまで数十秒かかる場合があります。

御年76歳の我らがアイドル・鉄人児玉さんと行く
紀伊半島大縦断210kmツーリング



2009年自転車ツーリング写真集


eyeVio公式チャンネル
CYCLE TOURING MOVIE

リンク

RSSリンク

QRコード

QR

僕の愛用品(楽天市場へ)

いずれも僕のツーリングには
欠かせない「道具」です。

モンベルの輪行袋
詳しくはこちらの記事をどうぞ


フェニックスの超強力ライト
詳しくはこちらの記事をどうぞ


オルトリーブのサドルバッグL


モンベルのフロントバッグ


トピークのトライバッグ


トピークのハンディEパック


シマノのSPDサンダル
詳しくはこちらの記事をどうぞ


iPhoneの充電に最適

メールフォーム

※「コメント」で差し支えのない内容の場合は、それが当該記事の内容と直接関係なくてもまったく構いませんので、「コメント」でお願いします。他の読者の方に知られたくない情報が含まれる場合のみ、どうぞメールでお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

広告









ランス・アームストロング
「ただマイヨ・ジョーヌのためでなく」


Excite自動翻訳

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。